有馬記念2021の投票はいつから?投票方法や結果はいつ発表?

有馬記念の投票競馬

この記事は有馬記念2021の投票はいつから?投票方法はどのようなもので、結果はいつ発表なのか?を調べて解説します。

有馬記念2021は、12月26日(日曜日)中山競馬場芝コース内回り2500mで争われます。

ファン投票の上位馬を中心に出走しますが、今年は例年以上に3歳馬のレベルが高く、3歳馬によるワンツーフィニッシュの可能性もありとても楽しみです。

そんな注目の有馬記念2021ですが、ファン投票はいつからできるのか、投票方法や結果はいつ発表されるのかを、はじめて投票する人にも分かるようにまとめてみたいと思います。

有馬記念2021の投票はいつから?

有馬記念は他のレースと違ってファン投票があり、投票数の多い上位10頭に優先出走権が与えられますが、有馬記念2021の投票はいつからできるのでしょうか?

記事作成時点では詳しい内容は分かっていませんが、過去の事例をみてみると今年の投票できる時期を推測することができます。

過去のファン投票実施期間をまとめましたのでご覧ください。

  • 2018年 11月15日(木曜日)~12月2日(日曜日)
  • 2019年 11月14日(木曜日)~12月1日(日曜日)
  • 2020年 11月19日(木曜日)~12月6日(日曜日)
このようにファン投票の期間は、11月中旬の木曜日からスタートして、12月初旬の日曜日に締め切られています。
例年通りの実施とすると、今年のファン投票期間は11月18日(木曜日)~12月5日(日曜日)と推測することができます。
ただしこれは記事作成時点での予想ですので、必ずJRA発表のものをご参照いただきたいと思います。

有馬記念はなぜファン投票なのか?

他の競争と違い、有馬記念はなぜファン投票で出走馬を選出するようになったのでしょうか?

その歴史を少し振り返ってみましょう!

1955年まで、暮れの中山競馬は中山大障害というレースがありましたが華やかさに欠けていました。

そこで当時の日本中央競馬会理事長の有馬頼寧氏が「暮れの中山競馬に日本ダービーに匹敵する大レースを」と提案し、ファン投票で出走馬を選出するという画期的な方法が採用されました。

それが1956年に創設された「中山グランプリ」で、有馬記念が今もグランプリレースと言われるのはこの名称からとも言われています。

その後理事長の有馬氏が急逝、その功績を称えて「中山グランプリ」は「有馬記念」と改称されました。

有馬記念は日本ダービーと匹敵するレースとなり、1年の総決算にふさわしい白熱したレースが展開されています。

有馬氏の思いは、確実に受け継がれていますね。

投票方法は?

次に、ファン投票の方法はどのようなものがあるのでしょうか?

投票方法も過去の実績から推測してみましょう!

  • 2018年 インターネット、競馬場などでの直接投票、ハガキ
  • 2019年 インターネット、競馬場などでの直接投票、ハガキ
  • 2020年 インターネット
2019年までは直接投票やハガキなど、3通りの投票方法がありました。
2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から競馬場・ウインズ等の入場が制限されたこともあり、インターネットのみの投票となりました。
2021年も競馬場の入場制限は続いており、今年もインターネットのみの投票となることが予想されます。

結果発表はいつ?

有馬記念のファン投票の結果はいつ発表されるのでしょうか?

結果発表日も過去の例より推測してみましょう!

  • 2018年 12月6日(木曜日) 有効投票数 1,386,468
  • 2019年 12月5日(木曜日) 有効投票数 1,577,760
  • 2020年 12月10日(木曜日) 有効投票数 2,633,902
投票期間中に2回の中間発表があり、最終結果は投票最終日の4日後に発表されています。
このことから、今年の有馬記念ファン投票の結果は、12月9日(木曜日)に発表と推測できます。

また2020年の有効投票数は、インターネット投票のみとなっても過去最高を記録しました。

今年も多くの投票数が見込まれますね。

有馬記念2021の投票はいつから?のまとめ

有馬記念2021の投票はいつから?投票方法や結果はいつ発表?について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると次のようになります。

  • 有馬記念2021の投票期間は、11月18日(木曜日)~12月5日(日曜日)と推測できる
  • 有馬記念2021の投票方法は、インターネットのみと推測できる
  • 有馬記念2021のファン投票結果発表は、12月9日(木曜日)と推測できる

今年の有馬記念はグランプリレース4連覇を狙うクロノジェネシスや、天皇賞秋で古馬を撃破した3歳馬エフフォーリアなどが参戦を表明しています。

しかし筆者はそれら有力馬ではなく、先日オープン馬の仲間入りをしたメロディレーンに投票します!

300kg台前半のとても小さな競走馬ですが、大きな馬の間で一生懸命に走る姿をみると胸が熱くなります。

有馬記念2021に投票することで有馬記念当日がより楽しみになるので、みなさんもぜひ投票してみてください。

コメント