有馬記念2021はいつ?出走時間は何時で出走馬の決定は?

有馬記念2021競馬

暮れの大きなイベントとして定着している有馬記念ですが、有馬記念2021はいつ行われるのでしょうか?

また、出走時間は何時で、出走馬の決定はいつかというのも気になりますね。

有馬記念は、中山競馬場の芝コース内回り距離2500mで争われますが、競馬ファンだけでなく、多くのみなさんが注目しているレースです。

この記事では、有馬記念2021はいつ何時に発走し、出走馬はいつ決まるのかを紹介していきたいと思います。

有馬記念2021はいつ?

では、有馬記念2021は果たしていつ開催されるのでしょうか?

調べてみた結果、有馬記念2021は、12月26日(日曜日)に行われることがわかりました。

また、なぜこの日なのかということを解明するために、まずは過去5年の開催日をまとめてみました。

  • 第65回 2020年 12月27日(日曜日)
  • 第64回 2019年 12月22日(日曜日)
  • 第63回 2018年 12月23日(日曜日)
  • 第62回 2017年 12月24日(日曜日)
  • 第61回 2016年 12月25日(日曜日)

今年で第66回を迎える有馬記念ですが、そのほとんどが12月20日以降の年末に行われています。

有馬記念がどのような経緯で始まったのかをみると、年末に開催している理由が分かります。

では、有馬記念の歴史を少し振り返ってみましょう。

有馬記念はこんな思いから始まった

有馬記念がなかった1955年まで、暮れの中山競馬場は「中山大障害」というレースがあったものの、日本ダービーのような華やかさにかけていました。

そこで当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧が、「暮れの中山競馬場で日本ダービーに匹敵する大レースを」と提案し、1956年当時としては斬新な、ファン投票で出走馬を選出する「中山グランプリ」が創設されました。

大盛況に終わった第1回中山グランプリでしたが、直後の1957年1月9日、有馬頼寧が急逝してしまいます。

創設者である有馬頼寧を称える形で、中山グランプリは第2回から「有馬記念」と改称されました。

有馬記念が「グランプリレース」と呼ばれているのは、こんな創設の物語とも関係があるのですね。

その後、有馬記念は競馬界1年の総決算のような位置づけとなり、「暮れの風物詩」の一つとなっていきました。

競馬の日程でいうと「第5回中山8日目」に行われることになっており、2021年はそれが12月26日になります。

出走予定時間は何時?

続いて、出走予定時間は何時なのでしょうか?

有馬記念2021の出走予定時間は、15時25分です。

これは、他のGⅠレースと比べ少し早い時間に設定されているので、馬券の購入には注意が必要となります。

他のGⅠレースの出走時間をまとめてみました。

  • 東京優駿(第88回 日本ダービー) 東京競馬場 第11レース 15時40分
  • 第62回 宝塚記念 阪神競馬場 第11レース 15時40分
  • 第164回 天皇賞(秋) 東京競馬場 第11レース 15時40分
  • 第41回 ジャパンカップ(国際招待) 東京競馬場 第12レース 15時40分
このように他の大きなレースが15時40分の出走時間なのに対し、有馬記念は15時25分となっています。
さて、続いて出走馬はどのように決まり、いつ発表されるのかを解説していきますね。

出走馬の決定時期は?

有馬記念2021の出走馬はいつ決まるのでしょうか?

馬券購入の予想をするためにも、知りたい情報のひとつですね。

有馬記念2021の出走馬は、12月23日(木曜日)14時過ぎに確定予定で、枠順(馬番号)は12月23日(木曜日)18時30分頃に公開抽選で確定予定です。

ではそもそも、出走馬はどのようにして決められるのでしょうか?

有馬記念は、サラ系3歳以上で最大16頭、さらに次の条件を満たしたものが出走可能です。

  • JRA所属馬(ファン投票選出馬、JRA選定馬)
  • 地方競馬所属馬(JRA選定馬のみ)
  • 外国調教馬(最大6頭まで、優先出走)
そして上記の中から次の選定方法によって、出走する馬が決められます。
  • 特別登録を行った馬のうち、ファン投票上位10頭(優先出走)
  • 特別登録を行った馬のうち、外国馬(優先出走)
  • 上記以外の馬は収得賞金の多い順
今年1年の活躍が顕著な馬だけが出走できるということがわかりますし、グランプリレースいう名に恥じない豪華メンバーになります。

有馬記念はいつ?のまとめ

有馬記念2021はいつ?出走時間は何時で出走馬の決定は?について解説してきましたが、いかがでしたしょうか?

まとめますと次のようになります。

  • 有馬記念2021は12月26日(日曜日)に行われる
  • 有馬記念2021の出走時間は、12月26日(日曜日)15時25分
  • 出走馬は、12月26日(木曜日)14時過ぎに確定予定で、枠順(馬番号)は12月23日(木曜日)18時30分頃、公開抽選で確定予定

昨年の有馬記念2020は、牝馬のクロノジェネシスが強敵を打ち破り優勝しました。

今年の有馬記念2021はどんなドラマが待っているのか、今からワクワクしますね。

昨年の三冠馬、コントレイルが出走しないという情報もあり残念ですが、強い牝馬の参戦で今年も盛り上がることは必至です!

有馬記念2021はいつ、出走時間は何時からかを確認し、馬券の購入には十分注意しましょう。

また勝ち馬を予想する時間がとても楽しいので、出走馬が発表されたら、様々な角度から検討してみるのもいいかもしれませんね。

2021年12月26日が、みなさんにとって良い一日でありますようお祈りいたします。

コメント