一口馬主の無料対象とは?お金がかからず儲かるのか解説

競馬

この記事は、一口馬主の無料対象について解説します。

一口馬主は馬の募集価格を募集口数で割った金額を一口とし、そこに出資することで始めることが可能です。

例えば1,000万円の価格で募集口数が200口の場合は、一口が5万円となります。

そんな一口馬主ですが、クラブによっては時折出資金無料で募集がかかることがあるようです。

それは一体どういった事で、お金がかからずに儲かるのかどうかも気になりますね。

一口馬主の無料対象について徹底調査しました。

一口馬主の無料対象とは?

一口馬主はやってみたいけど、お金がかかりそうで迷っている人も多いようですね。

クラブによっては出資金0の無料対象というのがありますが、それはどのようなものなのでしょうか?

調査の結果、一口馬主の無料対象は価格が付かない馬を出走させたい場合と、クラブの販売促進として利用される場合の2つのケースがあることが分かりました。

それでは2つのケースの詳細を解説していきます。

まずは価格が付かない馬とは、血統的な魅力が乏しかったり、馬体が小さかったり、体質が弱いような馬の事を言うのです。

そのような投資が集まりにくそうな馬を、それでも牧場側はどうしても出走させたいと考えたとします。

その際に牧場が出資金を負担してクラブに依頼し、無料で出資者の募集をかけてもらうのです。

もう一方のクラブの販売促進のケースですが、これはクラブ側が買い取る形で出資します。

そして新規会員獲得や、既存会員へのサービスの一環として無料提供するようです。

どちらも同じ無料なのですが、どちらかと言うと後者の方がデビュー後に良く走りそうですよね!

次に無料対象はお金がかからずに儲かるのか確認してみましょう。

お金はかからずに儲かる?

昔からタダより高い物はないと言われますが、無料対象の馬は本当に無料で稼げるのでしょうか?

調べてみるとそんなにうまい話は無く、無料対象の馬には馬維持費等様々な費用がかかり儲かりにくいことが分かりました。

では、どんな費用があるのかを一覧にしてみます。

  • 入会金(クラブ入会時)
  • 保険料(年1回)
  • クラブ月会費(毎月)
  • 馬維持費(毎月)

この中で入会金は1回のみの支払いですし、販売促進キャンペーンをやっていれば無料の場合もあります。

保険料も年1回でほとんど掛からない感じです。

問題は他の2つでクラブ月会費は約3,000円ほど、馬維持費は約50万円を口数で割ったものが負担額になります。

無料対象の馬の口数が100口の場合、馬維持費は一口当たり約5,000円の負担額となります。

そして口数を一口とすると3,000円+5,000円=約8,000円が毎月必要となり、年間にして約96,000円と考えると大きな費用と言えますよね。

無料対象のカラクリは出資分はこっち(牧場やクラブ)で持つから、日々の活動資金はそっち(出資者)で持ってよということなのです。

そして無料対象馬は通常の有料馬に比べて何らかのマイナス要素があるので、活躍する可能性も低く儲かりにくいということになります。

そんなことから無料対象だからとすぐに飛びつかずに、じっくり考える方が良いですね!

次に無料対象がおすすめなのはどんな方なのかを見てみましょう。

無料対象がおすすめの方は?

投資目的で本格的に一口馬主をやっている方には、無料対象は似合わない印象ですね!

反対に、趣味程度で始めてみたい初心者の方には無料対象をおすすめします。

初心者の方はまずは一口馬主になってみたいのです。

しかし馬に投資することに臆病になって、最初の一歩を踏み出せないのだと思います。

そこで毎月の費用は発生しますが、投資額が0というメリットを活かしてみるのも手ですよね。

一口馬主クラブの一つであるグリーンファーム愛馬会では、無料対象馬の一口権利を毎年いただけるようです。

その権利を使う使わないはそれぞれということで、良さそうな無料対象馬がいたらチャレンジしてみたら良いと思います。

2024年で4歳になるダイヤモンドフジはグリーンファームの無料対象馬ですが、すでに総額1000万円以上獲得しています。

無料対象でこれだけ活躍してくれたら、無料だっただけに余計に嬉しく感じますね。

一口馬主の無料対象のまとめ

この記事は一口馬主の無料対象について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると次のようになります。

  • 一口馬主の無料対象には2つのケースがある
  • 無料対象馬は価格が付かない馬と販売促進に利用する場合がある
  • 維持費等がかかるため儲かる可能性が低い
  • 無料対象は初心者におすすめ
  • 無料対象でも活躍する馬もいる

人は無料と言う言葉に弱いですねww

それも1万円とかのレベルではなく、通常は100万円とか1,000万円とかする馬なのですから飛びつきたくなるのも分かります。

実際には月会費と馬維持費が毎月かかりますが、それでも嬉しくなってしまいます。

またダイヤモンドフジのように活躍する可能性もあるので、一概に無料対象馬がダメだとは言い切れない所が面白いですね。

無料対象馬は各クラブのホームページに掲載されるので、興味のある人はぜひチェックしてみて下さい。

コメント