ボンキッシュの添加物は体に悪い?危険はあるのか徹底調査!

ボンキッシュ 添加物 宅食

1日のハッピーな始まりをスマートに上質でおいしいおさかな料理を提供してくれるおさかな定期便のボンキッシュについて、便利でプロの味を楽しめるので購入するか検討している方も多いのはないでしょうか?

食事はおいしいだけじゃなく健康にも関わることなので、安全で安心できるものが理想ですよね。

BonQuish(ボンキッシュ)のお魚料理には添加物が含まれていますが、そもそも添加物は体に悪いのかを調査し、メニューに含まれる添加物はどのようなものが入っているかも解説していきます。

おいしそうだけど、添加物が気になっている方に読んで頂きたい内容となっていますのでぜひ最後までご覧ください!

回数縛り無しでいつでも解約可能

超一流シェフ監修の国産おさかな料理

ボンキッシュの添加物は体に悪い?

ボンキッシュの添加物は体に悪いのか。

毎日欠かせない食事は、安全でおいしいものが好ましいですよね。

ボンキッシュのお魚料理は上質でおいしいと評判ですが、お魚料理に含まれる添加物は体に悪いのか気になりますよね。

ボンキッシュに含まれる添加物の量は使用の規定を守り作られているので安心だと言えるでしょう。

しかし化学加工をしているのものなどは規定より大量に摂取すると体に悪い影響が出ることも考えられますので食べる量には気を付けたいですね。

お試しセットの添加物について

ボンキッシュのお試しセットに含まれる添加物

ボンキッシュのお試しセット4品の中に添加物はどのくらい使用されているのでしょうか?

お試しセットには、全ての商品に添加物が使用されていました。

添加物の表記は原材料の「/」の後に記載されているものになります。

それでは添加物がどのくらい入っているのか1品ずつ細かくチェックしていきましょう。

三重県尾鷲市産まぐろの漬けゴマ風味

調味料(アミノ酸等)

昆布のうま味成分として知られ、糖蜜やデンプンを発酵して製造されているものになりますね。

安全性が確保された状態で提供されているそうです。

北海道産鮭のソテー黒胡椒とレモンを添えて

調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酸化防止剤(V.C, V.E)、香料

こちらの中で気になるのが乳化剤になります。

安全なものもありますが、中には危険性があるものもあるそうです。

乳化剤にはどんな添加物が使われているか細かく表示されず一括表示されるのでわからないのも気になる点です。

タラのミネストローネ(北海道産)

調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉を含む)

こちらでは、カラメル色素と酸味料が気になりますね。

カラメル色素には4種類あり、中でもカラメルⅢとカラメルⅣには砂糖にアンモニア化合物を加えて製造することで発がん性のある副産物が、微量に生成されるので注意が必要かと思います。

酸味料も一括表示ができるものになります。

中には危険性が高い酸もあるので注意が必要と思われます。

境港の紅ずわいがにを使ったリッチなかに玉

糊料(加工デンプン)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、クエン酸、着色料(カロチノイド・紅こうじ)、香料(一部にかに・小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・ゼラチン・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

糊料(加工デンプン)ですが、必ずしも安全とは限らないものになります。

1日の摂取許容量の範囲は守りながら摂取すべきでしょう。

一部には、欧州で幼児向けの食品に使用することが禁止されているので、小さなお子様には摂取を控えることをおすすめします。

定期購入の添加物について

ボンキッシュの定期購入に含まれる添加物

定期購入では8品のお魚料理が毎月ご自宅に届きます。

今回は2022年3月に記載されているメニューで添加物をチェックしていきます。

定期購入にはどのくらいの添加物が使用されているのでしょうか?

定期購入では8品中5品に添加物が使用されていました。

定期購入でも添加物の内容を1品ずつ詳しく見ていきましょう。

宮城県産やりいかの若竹煮

調味料(アミノ酸等)(一部に小麦・いか・さば・大豆を含む)

こちらはお試しセットにも出てきた添加物ですので省略させていただきます。

海の幸と油麩の和風餡かけ

増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)(一部にえび・小麦・卵・大豆・いかを含む)

増粘剤とは食品に粘度をつけるためのものになります。

天然由来のものが多いですが天然だからといって、必ずしも安全であるとはいいきれない添加物です。

こちらも一日の摂取許容量を守って摂取することが好ましいでしょう。

岡山県産タイのポワレ濃厚トマトソースとともに

ph調整剤(一部に小麦・乳成分を含む)

ph調整剤は安全であると確認されてはいますが、場合によっては亜硝酸と反応して発がん性物質を生成することや湿疹や皮膚炎になる可能性が指摘されることもあるそうです。

北海道産鮭のクネルさわやかなハーブクリームソース添え

加工澱料、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(亜流酸塩 V.C)、酸味料(一部に小麦・卵・乳成分・さけ・大豆・ゼラチンを含む)

酸化による品質の低下を防止する酸化防止剤ですが、こちらはすぐに人体への影響はないと考えられています。

安心ですね。

BonQuish特製海鮮中華粥

調味料(アミノ酸等)、ph調整剤(一部に牛肉・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

こちらは全て上記内に出てきている添加物でしたね。

無添加のメニュー

  • 春の便り愛媛県産生しらす
  • 大阪湾でとれたさわらの西京焼き
  • 鳥取県産境港でとれた贅沢オイルサーディン

こちらの3品には添加物が入っておらず、体に気遣ってメニュー開発をしているように感じます。

難しいかもしれませんが、もう少し無添加のメニューが増えると嬉しいですね。

体に危険はある?

添加物が世間から嫌われている原因の一つに体に悪いイメージで危険そうと考えていませんか?

日本で使用される添加物には厚生労働省で人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や使用の基準を定め使用を認めているので安心だと思います。

ボンキッシュ以外にも皆さんが普段食べられている食品には、きっと想像よりかなり多く添加物を目にするのも事実です。

しかし化学加工しているものなので、大量に摂取することや毎日のように摂取することは体の危険に繋がりますので気を付けたいですね。

この記事を機に添加物について興味を持ち成分表のチェックをして、添加物とうまく付き合っていくことをおすすめします。

送料無料

休止・再開がいつでも無料

ボンキッシュの添加物は体に悪い?のまとめ

この記事ではボンキッシュの添加物について体に悪いのかを調査しましたがいかがだったでしょうか?

ボンキッシュの添加物についてまとめるとこのようになりました。

  • ボンキッシュに含まれる添加物は使用の規定を守り使用されているので安全
  • お試しセットは全て添加物が入っていた
  • 定期購入8品の中には3品無添加のものもあった。
  • 摂取量を間違えないように上手く添加物と付き合えば危険にまではならない

添加物の成分を一つずつ見ていくと危険なものが多いように感じますが食品に含まれる量は微量です。

毎日の食事を完全に無添加にすることもきっと難しいことでしょう。

添加物が入っているボンキッシュですが、使用量を守って調理しているので安心して食べていただけるものだと思います。

利用者の口コミを見るとそこまで敏感に添加物について触れてはいないので、あまり深く考えすぎずにボンキッシュをお試ししてみてはいかがでしょうか!^^

コメント