逆転世界ノ電池少女の原作は漫画?アニメの制作会社についても調査

秋葉原駅前アニメ

今回の記事では、逆転世界ノ電池少女の原作や制作会社についてまとめていきたいと思います。

10月より放送が開始される逆転世界ノ電池少女ですがサブカルが規制された世界で、アイドルやオタクたちがサブカルを守るために戦うという斬新なストーリーとなっており、その設定のおもしろさから注目が高まっています。

秋葉原を舞台にしたこのアニメは、PVの迫力もあり秋アニメの中でも特に気になっている方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、逆転世界ノ電池少女の原作や制作会社、作画のクオリティの予想などについてまとめていきたいと思います。

逆転世界ノ電池少女の原作は何?

作品のテーマが面白いと話題になっている逆転世界ノ電池少女ですが、原作漫画などはあるのでしょうか?

アニメPV内の原作の欄には伽藍堂と表記されており、気になって調べてみた方も多いかと思います。

私も気になり調べてみたのですが、検索しても全く情報が出てきませんでしたね。

気になったためさらに調べてみると、どうやら逆転世界ノ電池少女の原作は特には無く完全新作のオリジナルアニメーションとのことで伽藍堂という表記はあるものの原作の漫画やライトノベルなどは特には無いようです。

アニメの制作会社はどこ?

オリジナルアニメ―ションとなると、どこの制作会社が作っているのかも気になってきますよね。

作る会社によっては脚本が中途半端で微妙な仕上がりになることも多く、私としても結構気になってしまいます。

こちらに関して調べてみたところ、逆転世界ノ電池少女はアニメーション制作チームラルケで制作されることがわかりました。

ラルケの元会社はスタジオ雲雀という会社で、アニメ制作の全工程を一社で行っているような老舗のアニメーション会社であるためとりあえずは派手にコケることはないかと思います。

雲雀の最近の主な作品として彼方のアストラやギヴン等といった作品があり、人気もかなりあったためこの点からも作品のクオリティが極端に低くなるということは無いのではないでしょうか。

ですが、どちらの作品も原作漫画がありアニメの脚本も基本的に原作のストーリーに沿って作られていました。

ラルケで今回のようなオリジナルアニメーションを作るのは結構珍しいケースなので、今までのような仕上がりになるかと言われると微妙なラインですね。

作画はひどい?

制作会社は老舗のアニメーション会社であることがわかりましたが作画はどうなりそうなのかについても解説していきたいと思います。

まずPVを見て最初に抱いた印象ですが、グレンラガンとかキルラキルみたいな作画だなというかんじでしたね。

3Dアニメを主流にしていこうというこの時代に、作画で魅せるこの作風はなかなかのチャレンジ精神だと思います。

しかしキルラキルのようなキャラクターデザインはキャラが派手に動き回る前提でデザインされているので、ゆっくり動く映像が続くとあまり見ごたえがなくなってしまうというデメリットもあります。

ラルケの作画は安定はしていますが、ボンズやガイナックス、カラーなどの圧倒的な作画力は無いので、最後まで作画を保つことははかなり難しいのではないでしょうか。

もし仮に逆転世界ノ電池少女の作画班が途中で息切れした場合は、かなり微妙な仕上がりになる可能性が高いと思われます。

それ以外にも、スタジオ雲雀の作品の特徴として序盤のクオリティが高く、話数が進むに連れ段々とクオリティが落ちていき最終話手前でギリギリ盛り返すといったかんじがあるので、その点からみても作画に関してはかなり不安がありますね。

ですが、もしPVのような作画のまま最終話まで貫けた場合は、この先神作品として名前の挙がるような作品に化ける可能性も十分にあるかと思います。

逆転世界ノ電池少キャラクターデザイン

今回の記事では、逆転世界ノ電池少女の原作や制作会社についてまとめてきましたがいかがでしたか?

今回の要点をまとめると2つです。

・逆転世界ノ電池少女はラルケ制作の完全新作のオリジナルアニメーション

・作画に不安は残るものの、PVの作画が保てるならば神作品になる可能性もある

ラルケ制作のオリジナルアニメ―ションということで未知の部分も多いですが、最終的にどのようなアニメーションに仕上がるのか非常に楽しみですね。

視聴者の想像を超えて、キャラクターがめちゃくちゃに動き回るような「THE作画アニメーション」といったような作品になろうものなら毎話凄くワクワクしてしまいそうです!

設定も斬新で、かなり期待の持てる作品なので10月放送の第1話を楽しみにしていきましょう。

コメント