アーヤと魔女の映画はつまらない?テレビとの違いやCGがひどい?

アーヤと魔女の映画はつまらない?映画

2021年8月27日に公開されたアーヤと魔女の映画がジブリ初のフル3DCG作品で注目されていますね!

実はアーヤと魔女はNHKテレビで2020年12月30日に放送されているんですが、テレビアニメを観た方からすると今回の映画とどこか違いがあるか気になるところですよね。

そしてアーヤと魔女の映画はつまらないといった噂があるようですが、実際はどうなのでしょうか?

この記事ではアーヤと魔女の映画はつまらない?のか解説します。

アーヤと魔女の映画はつまらない?

アーヤと魔女の映画はつまらない?

アーヤと魔女の映画はつまらないのでしょうか?

アーヤと魔女の映画はつまらなくはないと言えるでしょう。

実際映画を観た方は泣くほど面白かったとSNSにコメントしていますので、アーヤと魔女の映画は面白いといえますね!

では一方でなぜつまらないといった噂がながれてしまっているのでしょうか?

原因を探してみました!

つまらない要素はある?

アーヤと魔女の映画はつまらない?

ではアーヤと魔女の映画はつまらない要素はあるのでしょうか?

リサーチしたところ4つ、つまらないと言われている原因を発見しましたので、それぞれ解説していきます。

ストーリーがつまらない

まず、ストーリーがつまらないと言われているようです。

ストーリーがつまらないと言われる原因として、

  • アーヤと魔女たちだけで話が進むため話のスケールが小さい
  • 12人いる魔女たちの詳細がない
  • アーヤが孤児院に預けられた理由が説明されていない
  • 12人の魔女に狙われる理由が明らかになっていない

このようにストーリーのスケールが小さいことや、明らかになっていない謎が多いため、ストーリーがつまらないといわれているようでした。

全てを説明すると映画の時間が足りなくなってしまうのかもしれませんね。

宮崎吾朗監督作がつまらない

次に宮崎吾郎監督作がつまらないといった意見がありました。

というのも宮崎吾郎監督が制作した2006年のゲド戦記、2011年のコクリコ坂の評判があまり良くなかったことから、つまらないといったイメージを持たれている方が多いようでした。

しかしゲト戦記もコクリコ坂も面白いという意見もあるので、宮崎吾郎監督作だからつまらないというイメージで観ないのは勿体無いですよ!

終わり方がスッキリしない

アーヤと魔女の映画は終わり方がスッキリせずつまらないといった声がありました。

たしかにスッキリ終わらないのはもやもやするかもしれませんが、続編がありそうな終わり方だったとの声が多いので、あえて謎の多いラストにしたのではないでしょうか?

続きがあるなら観たいと思いますよね!

もしかしたらそういった意図があるのかもしれません。

3DCGの評価が低い

リサーチしたところ3DCGにあまり良い意見はありませんでした。

ジブリといえばあの手書き感がいいと思うので、3DCGはなかなか受け入れられるまで時間がかかりそうですね。

「ジブリにそんなの求めてない」といった意見もありますので、アーヤがつまらないと言われてしまう原因の一つに3DCGも含まれていると思います。

筆者的には新しい試みでいいと思います!

テレビと映画の違いは?

アーヤと魔女の映画はつまらない?

アーヤと魔女は以前テレビでも放送されたと言いましたがテレビと映画で何か違いはあるのでしょうか?

映画ではテレビになかったカットが一部追加されています。

本作は、当初より映像・音響を映画基準で制作。今回の劇場公開では、一部新たなカットが追加され、最先端の音響と映像技術で作品への没入感を味わえる「ドルビーシネマ」でも上映されることになった。

引用:映画.COM

一部カットが追加されるだけなのでそこまでテレビと映画で大きな変化はないといえますね。

しかし、家で観るのと劇場で観るのとではやはり迫力や雰囲気がちがうと思うのでテレビで観た方でも楽しめるのではないでしょうか?

アーヤと魔女の映画はつまらない?のまとめ

この記事ではアーヤと魔女の映画はつまらないのか解説しましたがいかがたったでしょうか?

この記事をまとめますと、

  • アーヤと魔女の映画はつまらなくはない
  • 登場人物の詳細や、終わり方に謎が多いためつまらないと言われている
  • ジブリらしくない3DCGもつまらないと言われる原因のひとつ
  • 劇場版とテレビの違いは一部カットが追加されるだけなので大きな違いはない

ジブリとしては新しい試みだった3DCGですが、視聴者的にはあまり好評ではなかったようですね。

アーヤと魔女の映画は謎な部分が多くてつまらないという意見がありましたが、逆に自分で考察すると面白いかもしれませんよ。

テレビ版と劇場版はあまり大きな違いはありませんが、テレビでは味わえない雰囲気や迫力が劇場ではあるので、是非劇場に足を運んでみましょう!

コメント