100日後に食われる豚の飼い主の正体は?悪趣味で可哀そうと炎上も?

100日後に食われる豚の飼い主の正体は誰?ニュース

今YouTubeやSNSで「100日後に食われる豚」が話題になっていますね。

「かわいそう、悪趣味」といった意見から「これが食育」といった意見まで非常に賛否両論あります。

そこでこの賛否両論ある動画を配信している豚の飼い主の正体が気になりますよね!

残すところ後数日ですが本当食べられてしまうのでしょうか、、。

この記事では100日後に食われる豚の飼い主の正体やこの動画に対する意見をリサーチしました。

100日後に食われる豚の飼い主の正体は誰?

100日後に食われる豚の飼い主の正体は誰?

では100日後に食われる豚の正体は誰なのでしょうか?

飼い主の正体ですが名前や顔は現時点では特定されていませんでした。

しかしこの豚の飼い主は1人でチャンネル運営をしているわけではなく、動画編集やプログラミングなどITスキルの教育事業を展開している会社と共同でチャンネル運営をしているようです。

飼い主は結婚していて家族で豚を育てているようで、飼い主自身も視聴者と同じで、本当に食べるのか、食べないのか、どっちなんだろう、という目線で飼っているそうです。

ということは、飼い主に食べるか食べないかの選択肢はないということでしょうか?

豚は飼い主に懐いているようですし家族で育てていると、さらに情が湧いてしまいそうですよね。

食べるか食べないかは飼い主が選択するのではなくおそらく共同運営している会社が決めるのではないかと思います。

飼い主が決められるなら食べない選択肢を選びそうですよね。

食べても食べなくてもどちらにしても非難されるのは確定というコメントもありますが、実際はどうなのでしょう。

悪趣味で可哀想?

100日後に食われる豚の飼い主の正体は誰?

100日後に食われる豚は悪趣味で可哀想といった意見があるようですが、実際どうなのでしょうか?

リサーチした結果、やはり賛否両論ありました。

可哀想だけど反論できないという意見もわかりますし、愛情持って育ててから食べるのは食育ではないという意見もわかります。

筆者は、どちらかというと後者の悪趣味という意見に賛成です。

フードロスを無くすためや、命の尊さをわかってもらうための食育はわかります。

しかしほかのペット系YouTuberと同じように豚を可愛がり、BGMをかけて可愛らしく動画をとって食べるというのは悪趣味ではないでしょうか?

BGMなども使わず淡々と豚を写しているだけの動画なら食育でも理解できますが、わざわざ可愛く撮る必要はないと思います。

食育という名の再生回数稼ぎでは、、と感じてしまいました。

ではネット上は炎上しているのでしょうか?

ネットは炎上中?

100日後に食われる豚の飼い主の正体は誰?

ネット上は炎上しているのでしょうか?

実際には豚を食べることに関してはそこまで炎上していないといえるでしょう。

もちろん、SNS上には賛否両論な意見がありますが批判的な意見ばかりの炎上ではないので、豚を食べることに関してはそこまで炎上していないと言えます。

しかし実はこの飼い主、動画編集で収益を得る講座(豚の動画を共同運営している会社)の参加者の1人なんです。

なので、食育という名の炎上商法での収益稼ぎでは?といった意見も出ています。

収益目的の炎上狙いだとしたらなおさら悪趣味に感じますね。

視聴者の方は、可愛い豚が食べられてしまうのか気になってチャンネル登録や動画視聴していると思いますので、運営と飼い主の狙い通りかもしれません。

命をお金儲けに使うのは悲しいですね。

100日後に食われる豚の正体に関するまとめ

この記事では100日後に食われる豚の飼い主の正体について解説しましたがいかがだったでしょうか。

この記事をまとめますと、

  • 飼い主の正体は明らかになっていない
  • 賛否両論あるが豚を食べることに関してはそこまで炎上していない
  • YouTubeは飼い主だけでの運営でなく動画編集などの教育事業を展開している会社と共同で運営している
  • 飼い主も動画編集で収益を得る講座の参加者の1人

飼い主の正体は明らかにはなっていませんが1人で企画や飼育、配信をしているわけではなく教育事業の会社と共同で運営していることがわかりました。

豚を食べることに関しては、可哀想だけど反論できないや、悪趣味など視聴者さんの間でも賛否両論ありました。

飼い主も動画編集で収益を得る講座の参加者だったということで食育目的ではなく、炎上商法での収益稼ぎが目的の場合、命を収益化されるのは悲しいですね。

コメント