EVOFOOD(エボフード)は痩せる効果がある?ダイエットに最適?

宅食

イタリアンシェフが昨今のライフスタイルに着目して開発したというエボフードが最近話題になっていますね。

複数のメディアから取材を受けたり、大学陸上部とスポンサー契約を結んだりあちこちで活動を行っているようです。

そのエボフードは、痩せる効果があるのでしょうか?

今は糖質を抑えた、カロリーオフ、などと銘打って販売されている食品が人気を博していますがそれを使用するだけで効果があるならみんなダイエットに成功しますよね。

ということで今回は、エボフードは痩せる効果があるのかについて調査していきたいと思います。

美味しくボディメイク!

>プランを選んで購入する

簡単調理ですぐに食べられる

EVOFOOD(エボフード)は痩せる効果がある?

ダイエットをサポートする食品としてのエボフードは痩せる効果があるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、痩せやすい身体を作る手助けをしてくれると言えます。

痩せる!と言い切りたかったところではあるのですが、食品を摂取することと痩せることが直結することは考えにくいのでこういう表現にさせてもらいました。

その理由を以下に説明していきたいと思います。

EVOFOOD(エボフード)と痩せるために必要なこと

エボフードが痩せやすい身体を作る手助けになるという言い方をしましたが、エボフードと痩せるために必要なことがどう関係していくのかを説明していきましょう。

一番大事なポイントは、人が理想の身体を作るにはどの栄養素も偏ってはいけないということです。

例えば、基本的な3大栄養素の摂取が過多または不足になるとどんなことが起きる可能性があるのかを見ていきましょう。

エボフード公式サイトのコラムにて栄養バランスについての記載がありましたのでそれを参考にして下記に簡単にまとめました。

過多

不足

この栄養素の重要性

糖質

過剰にブドウ糖に変換され、余分な脂肪が体内に蓄えられる。肥満や糖尿病の原因。

エネルギー不足になる。易疲労、筋肉量低下を引き起こす。

全身の筋肉量を増やすサポート。

脂質

肥満になりやすくなる。高血圧・糖尿病・動脈硬化の原因。

生体機能の維持する働きが低下。乾燥肌や体調不良を引き起こす。

全身のホルモンや細胞膜などの活性化。みずみずしい身体づくりのサポート。

タンパク質

腎臓に負担をかけやすくなる。尿路結石などの原因。

膚や髪、血管などにダメージ。筋肉量や集中力の低下を引き起こす。

肌や髪、血管を健康的に保つ。集中力アップなど。

このように、3大栄養素をバランスよく摂取できれば素晴らしい効果が期待できるのですが、取り過ぎても少なすぎても何かしら問題を引き起こしやすくなってしまいます。

そこで、現代人の食生活は栄養が偏っているということに目をつけて開発されたのがエボフードなのです。

エボフードは、偏りがちな食生活を改善し痩せやすい身体を作る機会を作ってくれるというわけです。

詳細は以下の項目で説明します。

カロリーについて

栄養バランスが大事と言いつつも、みなさんが痩せたいと思って1番に思い浮かべるのがカロリーではないでしょうか?

ということで、まずはエボフードのカロリーについて調べていきます。

エボフードのカロリーは304kcal(1食あたり)になります。

また、そこにパスタソースが加えられるとソースにもよりますが100kcal(1食あたり)が加算されることになり合計約404kcalとなります。

調べてみると、他の冷凍パスタのカロリーも300kcal後半~500lcalが普通だったりするのでエボフードとの大きな違いは見られませんね。

それではどうしてエボフードが痩せやすい身体を作る手助けになるのか?

その謎を解くにはエボフードのこだわりを紐解いていく必要がありそうです。

成分について

カロリーで他のパスタと差がないのなら、何が痩せやすい身体づくりの鍵になるのでしょうか?

その答えはエボフードのこだわりの一つである、成分について見ていく必要がありそうです。

公式サイトの「EVO PASTAの5つのこだわり」を参考に、個人的に注目したい成分やこだわりについて説明していきます。

栄養価の違い

先ほど、カロリーにおいて一般の冷凍パスタと比べると差異はないという結論になりましたが、栄養価においては嬉しい違いがあるので見ていきましょう。

まず、一般的な冷凍パスタですが、糖質は約50~60g、脂質は約8g~20g、タンパク質は11g~15gほどです。

対するエボパスタはなんと、

  • 糖質 28g
  • 脂質 4.6g
  • タンパク質 29.3g

以上のようになっています。

また、食物繊維も12g配合されているということです。

さらにはゆで上げ前と後で栄養価に大きな変化が出ないような技術が使われているとか!

糖質は60%OFF、タンパク質は約2倍、脂質も半分ほどに抑えているなど、普段の食事で取り過ぎてしまうものは取り過ぎないように、逆に不足してしまうものは丁度よく摂取できるように計算されているのですごいと思ってしまいました。

ここで最初に話した理想の身体をつくる栄養素は偏ってはいけないという話に戻りますが、もし、このエボフードを取り続けるようになって栄養にばらつきがなくなれば、理想の身体にしやすくなるということになります。

シンプルな素材

栄養価だけでも驚きの結果でしたが、エボフードはシンプルな素材もこだわりのひとつです。

シンプルな素材の何が良いのかが気になる方もいらっしゃるかと思うので簡単に説明します。

シンプルでない素材というのはつまり添加物を複数使用しているという解釈になると思うのですが、添加物はその性質的に体内にたまりやすく、いろいろ端折って言うと添加物を取り続けると次第に痩せいにくい身体になっていく可能性があるのです。

また、添加物が体内で複数混ざり化学反応が起こった場合の身体への影響は全く研究が進んでおらず、未知の領域であるという話もあります。

健康やダイエット、と言ったときに必ずと言っていいほど聞くシンプルな素材、オーガニックや有機食品というキーワードにはこういった背景があるのです。

開発者からも、「このパスタの強みは、余計なものをつかっていないこと」とはっきり宣言されているようにできるだけシンプルな素材を使っていることが一番の特徴に間違いはなさそうですね。

オメガ3脂肪酸、必須アミノ酸(EAA)

エボフードはまた、ピープロテインをベースにひとつひとつの素材にこだわっているため、必須アミノ酸(EAA)や、オメガ3脂肪酸も摂取することができます。

ピープロテインとは
えんどう豆のたんぱく質を原料とする植物性プロテイン。必須アミノ酸や鉄分、亜鉛などのミネラルを豊富に含んでおり、さらに低アレルゲンのため第3のプロテインとして注目をあびている。

以上のようなプロテインがあるなんて筆者は知りませんでしたがなんだかすごそうですね。

そして、なんといってもオメガ3脂肪酸、必須アミノ酸(EEA)も摂取できるなんて、ダイエットの味方としか言いようがないですね。

オメガ3脂肪酸や必須アミノ酸(EEA)とは代謝をアップさせたり中性脂肪の合成を抑えたりなどの作用があるとの研究報告もあるためダイエットもしくは身体づくり中は積極的に摂っていきたい成分です。

正直言って、パスタからそのような成分が摂取できるなんて思ってもいませんでした。

わたしはサプリメントからオメガ3や必須アミノ酸を取っているので、パスタ一つでそれが少しでも摂れるのはとてもお得!と思いました。

期間限定クーポン配布中

>プランを選んで購入する

公式サイトでお得に購入

EVOFOOD(エボフード)は痩せる効果があるかのまとめ

ここまで、エボフードは痩せる効果があるのかについて解説してきましたがいかがでしたか?

この記事をまとめますと

  • エボフードは痩せやすい身体を作る手助けをしてくれる
  • 理想の身体を作るにはどの栄養素もバランスよく摂取する
  • エボフードのカロリーは特別低いわけではない
  • エボフードは普通のパスタと比べて糖質、脂質は1/2オフ、タンパク質は約2倍
  • シンプルな素材が一番の強み
  • オメガ3脂肪酸や必須アミノ酸が含有

以上になります。

エボフードには直接的に痩せる効果があるとは言えませんでしたが、食事が変わるといった点で痩せやすい身体づくりをサポートしてくれるのではないでしょうか。

私自身もエボフードについて調べたくさんの魅力に気づいたわけですが、その中でもシンプルな素材を使用しているということに一番心が惹かれました。

添加物もその品質を保ったり見た目や味を調えるためになくてはならないものですので、否定はしませんがまだまだ本質が良く分からないものでもあると個人的には思っているので、シンプルな素材であること自体にとても価値を感じます。

みなさんもこれを機会にエボフードを使ってダイエットを頑張ってみてはいかがですか?

コメント