フジロック2021はつまらない?異例の開催内容に炎上も?

フジロック2021はつまらない?イベント

日本を代表する音楽フェス「FUJI ROCK FESTIVAL’21」が8月20日から開催されます。

夏フェスといえばフジロックですよね!

昨年は延期になりましたが、今年は開催されるので楽しみな方も多いのではないでしょうか?

しかしフジロック2021はつまらないといった声があがっているようです。

一体その原因は何故なのでしょうか?

この記事ではフジロック2021はつまらないのか解説します!

フジロック2021はつまらない?

フジロック2021はつまらない?

ではフジロック2021はつまらないのでしょうか?

どの日程も素晴らしいアーティストの方々が出演されるのでつまらないことはないでしょう!

東京オリンピックの開会式で、国歌斉唱を披露して話題となったMISIAさんや、今をときめく大人気グループのKing Gnuなど日本を代表するアーティストが勢揃いです。

残念ながら海外アーティストの出演はありませんが、それでも十分楽しめる内容だと思います。

今回直接フジロックに行けない方でも、YouTubeでライブ配信されるので自宅にいてフェス気分を味わうことが出来ますよ!

夏フェスといえば暑い中でロックを聴くのが醍醐味ですが、今年は涼しい家の中で楽しむのも良いですね。

ではなぜつまらないと言った声が上がっているのでしょうか?

つまらない主な原因とは?

フジロック2021はつまらない?

つまらないと言われる原因は何があるのでしょうか?

その理由をリサーチした所3つの原因がある事が判明しました。

ではそれぞれ具体的に解説しますので見ていきましょう!

会場内でのアルコール・喫煙の禁止

今年は全エリアにおいて終日アルコールの販売は無く、会場外からの持ち込みも禁止となっています。

アルコールが入るとテンションが上がりますし、暑い中でのアルコールは特に美味しく感じるので、ライブでの飲酒も楽しみの一つな方もいらっしゃるかと思います。

なので今年はアルコールが禁止となり、つまらないと言った声があがっています。

しかし、安心安全のためのルールなので必ず守るようにしましょう。

大声での会話禁止

大声での会話禁止ですが、出演アーティストを応援する際、気持ちが昂っても大声を出せないのはつまらないと感じる方が多いと思います。

そしてロックフェスは常にガヤガヤしているので友人同士の会話でも小さい声では聞き取れない可能性が高いです。

なので正直なところ、完璧に大声を禁止することは難しいのでないかと筆者は思いました。

モッシュ、ダイブ行為の禁止

モッシュやダイブ行為の禁止ですが、ロックフェスで良く観客席にアーティストがダイブするのを目にしますよね。

モッシュとは観客同士が激しくぶつかり合う行為(激しいおしくらまんじゅうのような感じ)です。

ロックフェスの盛り上がりにおいて欠かせないモッシュやダイブですが、これらも禁止なので、ロックフェス好きな方からするとつまらないと感じる原因なようです。

しかし、どの禁止事項もしっかり守らないと今後の開催に影響が出る可能性が高いのでみんなが禁止事項をしっかり守って、新しいロックフェスの楽しみ方ができるといいですね。

ではファンの方はどんな反応をされているのでしょうか?

ファンの反応

やはり今年は参加を断念されている方が多くいらっしゃるようです。

ロックフェスなのに騒げない、お酒が飲めないのはやはり楽しくないと感じる方が多いようですね。

しかし今年はYouTube配信があるので、それを楽しみにされている方がとても多かったです。

1番はアーティストの生歌を聴けるのがやはりいいですが、自宅で配信を観る場合でも好きなお酒を飲みながら少しなら声も出せますし、楽しく過ごせそうですね!

フジロック2021はつまらない?のまとめ

この記事ではフジロック2021はつまらないか解説しましたがいかがだったでしょうか?

この記事をまとめますと、

  • フジロック自体はつまらなくない
  • 例年より禁止事項が多いためつまらないと言われている 
  • 1番の理由は騒げないこと
  • YouTubeでの配信を楽しみにしている方が多い

フジロック2021自体は、ステキなアーティストの方々が出演されるのでつまらなくないですが、例年より禁止事項が多いことがつまらないと言われる原因のようです。

ロックフェスフェスなのに騒げないことが1番の原因でした。

参加する方は禁止事項をしっかり守り新しいロックフェスの楽しみ方をして、自宅で配信を観る方も好きなお酒を飲みながら楽しめるといいですね!

コメント