原神で聖遺物のレベル上げを一気にする方法は?デメリットはある?

原神聖遺物レベル上げ一気に ゲーム
【PR】このサイトは広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品やサービス等の購入・申込することで、売上の一部が還元されることがあります。

この記事では、原神の聖遺物を一気にレベル上げできるか解説していきます。

キャラクターのステータスを強化する一つの要素として聖遺物がありますが、原神の聖遺物は種類ごとにオプションやセット効果があり、キャラクターごとに適した聖遺物を厳選して装着する必要がありますね。

このような聖遺物厳選と並行して進んでいくのが聖遺物のレベル上げですがこれが中々大変で、一気にレベル上げする方法があれば知りたい方も多いと思います。

今回は原神における聖遺物を一気にレベル上げする方法はあるのか見ていきましょう。

原神で聖遺物のレベル上げを一気にする方法は?

聖遺物経験値素材

まず最初に結論として原神で聖遺物のレベル上げを一気にする方法は2つあります。

  • 聖遺物経験値素材を強化素材として使う。
  • 強化済みの聖遺物を強化素材として使う。

それぞれについてみていきましょう。

聖遺物経験素材

1つ目は聖遺物経験素材を強化素材として使用する方法です。

聖遺物経験素材とは祈聖のオイルや祈聖のエキスなどを指し、塵歌壺の信頼度が8になると洞天百貨から購入することが可能で、オイルであれば2500、エキスであれば1万の経験値が獲得可能となっています。

聖遺物のレベルを最大にするには必要経験値が約27万なので、エキスを約27個使えば最大になりますね。

強化済みの聖遺物

2つ目で紹介した強化済みの聖遺物とは、聖遺物厳選中などで不要になった聖遺物を指します。

聖遺物はレベル+4ごとにサブオプションが追加または強化されるので、希望のサブオプションが強化されず不要となった場合はどんどん強化素材として使ってしまいましょう。

また、聖遺物は様々なエリアを走り回ることである程度効率良く入手できるため、この方法を用いて強化したい方は是非走りまわることをおすすめします。

「手っ取り早くレベルを上げれていいなあ。」と感じる一方で、デメリットがあるのか見ていきましょう。

デメリットはある?

会心強化

「面倒だから獲得経験値の多い素材をぶち込んで一気にレベルを上げてしまおう。」と思う人がいるかもしれませんが、それにはデメリットがあります。

それは、獲得経験値ボーナスがあるということです。

聖遺物を強化するとわずかな確率で通常の2倍~5倍の追加経験値を獲得する場合があり、獲得経験値2倍は約9%、獲得経験値5倍は約1%の確率で発生するようです。

例えば上記セクションでも触れましたが聖遺物のレベルを最大にするのに約27万経験値が必要で、経験値素材を27個使用した時に5倍の獲得経験値ボーナスが起こってしまったら過剰な分が無駄になってしまいます。

過剰で獲得した経験値が無駄になってしまうので「もっと少ない個数でやればよかった・・・。」と後悔するでしょう。

原神で聖遺物のレベル上げを一気にする事は可能ですが素材を無駄にしないように注意してやっていきましょうね。

それでは次に、どちらの方がおすすめか見ていきましょう。

強化におすすめの素材は?

聖遺物

個人的には、強化済みの聖遺物を強化素材として使うのをおすすめします。

塵歌壺の洞天百貨で聖遺物経験値素材を購入することができますが、その他にも刹那樹脂、キャラクター経験値本、鉱石、モラ等も購入可能となっています。

交換効率をまとめると、刹那樹脂>聖遺物経験値素材>キャラクター経験値本>鉱石・モラ、となっていますので参考にしてください。

洞天百貨で最優先で購入するのは刹那樹脂で、他にも何か購入できるのであれば必要な物を買う形になるので聖遺物経験値素材を購入することは実際には少ないでしょう。

また聖遺物厳選を行うユーザーであれば、並行して強化済みの聖遺物が自然に貯まっていく事が多いと思うので、強化済みの聖遺物を強化素材として使うのをおすすめします。

原神で聖遺物のレベル上げを一気にする方法のまとめ

今回は、原神の聖遺物を一気にレベル上げできるかをまとめました。

記事の内容をまとめると下記になります。

  • 原神で聖遺物のレベル上げを一気にすることは可能である。
  • 聖遺物のレベル上げを一気にする際は、デメリットもあるので気を付ける。
  • 聖遺物のレベル上げの時におすすめの素材は、強化済みの聖遺物である。

聖遺物のレベル上げを一気にすることは可能となっていますが、多くの経験値を獲得したい場合は細目に分割するのが良さそうですね。

また聖遺物のレベル上げを一気にする際のメリットは特になくデメリットの方が目立ちますので、聖遺物のレベリングは素材を無駄にしないように注意して行いましょうね。

コメント