ひぐらしのなく頃に卒のアニメは面白くない?視聴した感想まとめ

ひぐらしのなく頃に卒 アニメ 面白くないアニメ

今回は、アニメひぐらしのなく頃に卒は面白いのか、面白くないのか、アニメを視聴した感想をまとめてみます

ひぐらしのなく頃に業が始まった当初、過去アニメ版と同じ内容ではないことが話題になりました。

過去アニメ版との相違は何を意味するのか、以前からゲームやアニメを知る人でも、あれこれ考えながら業を見たと思います。

業が面白いと思えなかったから、ひぐらしのなく頃に卒も面白くないのでは、と感じた人もいるかもしれませんね。

筆者も実は、ひぐらしのなく頃に業はわからない部分も多く、消化不良気味でした。そんな筆者が見たひぐらしのなく頃に卒の感想をネタバレ含め率直にまとめます。

ひぐらし卒のアニメは面白くない?

まず筆者は、ひぐらしのなく頃にシリーズをすべて見たわけではありません。前作のひぐらしのなく頃に業が初見です。

それを踏まえ、卒の第3話まで視聴した個人的な感想としては、素直に面白かったです。前作、ひぐらしのなく頃に業の第1話から第3話「鬼騙し編」の解答、というより裏パートというべきでしょうか。

鬼騙し編では前原圭一目線での流れだったのが、竜宮レナ目線の鬼騙し編のストーリー、それが今回の「鬼明し編」ということですね。

鬼騙し編では、圭一がなぜレナに殺されかけたのか、レナがなぜ雛見沢症候群にかかったのか、どんな疑心暗鬼に陥っていたのか、などが全くわかりませんでした。

そのはてなの部分をレナの行動から順にわかるようになっていたので、なるほどと納得して見ることができました。

レナが疑心暗鬼になってどんどん壊れていく様は、鬼騙し編の展開を知っていてもとても怖かったです。

しかし、鬼明し編を見るとレナの立場にも胸が痛くなり、その狂気を引き出した原因を考えると悲しい気持ちになりましたね。鬼騙し編、もう一度見たくなります。

アニメが面白い要素は?

アニメが面白い要素は大きく二つあると思います。

一つが、前作ひぐらしのなく頃に業で謎のまま終わった部分がわかること、もう一つが主要キャラクターの北条沙都子と古手梨花の設定です。

それでは具体的に見ていきましょう。

前作の謎について

上述したように、卒では前作前半の主人公である圭一とは違う立場のキャラクター目線で物語が展開します。

ひぐらしのなく頃に業のあの時、あのキャラクターは実は、というように物語の裏部分を語っているわけですね。そうすることで、業の不明瞭・謎が残る部分の解答を出しているのです。

鬼明し編は、鬼騙し編の時系列と全く同じで、レナの行動を順に追っていくストーリーでした。

つまり、この後は綿騙し編、祟騙し編なども、圭一とは別の当事者目線でストーリーを展開し、前作の謎を明かすのでしょう。

どのパートも圭一の立場からは疑問に思う部分を残したままなので、これらがはっきり明かされるのは楽しみです。

過去アニメ版との設定の違いについて

過去アニメ版と違うことが、今作の話題の一つでした。その違いというのが、北条沙都子と古手梨花の設定です。

梨花の設定はこれまでのシリーズと変わりません。過去を繰り返し、惨劇を止めようと立ち回る役です。ひぐらしのなく頃にでは「繰り返す者」と呼ばれます。

しかし業では、過去を知る梨花でも惨劇を止めることができません。そこで梨花は自分以外に「繰り返す者」がいると考えます。その二人目の繰り返す者が沙都子です

この設定が、過去アニメ版とリメイク版で大きく異なる部分です。

雛見沢を出たくて惨劇を止めたい梨花とは違い、沙都子は親友の梨花とずっと雛見沢に居たいと願っていました。ある時、沙都子は梨花と同じ力を手にすることになります。

沙都子は梨花とは逆に、惨劇を引き起こし続け、何度繰り返しても無駄だと梨花に思い込ませることで雛見沢に留めようとしています。

そのため、鬼明し編では暗躍する沙都子の様子が描かれます

また、沙都子も過去を繰り返すことで、圭一のほか様々な人物の記憶に影響を与えるという要素が加わったことも、過去アニメ版との違いのようです。

梨花と沙都子の設定がリメイク版物語の主軸なので、今後の展開が面白くなるのはここからだと期待します。

視聴者の反応


ひぐらしのなく頃に卒を見た人の感想をいくつか挙げてみました。

概ね面白いとの感想です。業を見て不自然に思った部分が徐々に明らかになるのは、見ていてすっきりするため、面白いと感じるようですね。

レナのように、業では人物背景がほぼなかった部分に深く触れているため、最後まで頭を悩ませず見ることができるのも面白く感じる一因かもしれません。

また、業だけでは物語の時系列もいまいちわかりにくかったのですが、卒を見ることで流れがはっきりしました。

明確に出題編と解答編を分けて描いている構成のため、物語を順に見れば、謎が徐々に解けていきます。その構成が「結末は業で見てわかっているのに面白い」と感じる要因なのでしょう。

ひぐらしのなく頃に卒のアニメは面白くない?のまとめ

この記事ではひぐらしのなく頃に卒は面白いのか、面白くないのか、アニメを視聴した感想をまとめてみましたが、いかがでしょうか。まとめは以下の通りです。

  • ひぐらしのなく頃に卒は面白い
  • ひぐらしのなく頃に業で謎だった部分が明かされる
  • ひぐらしのなく頃に業の内容を深掘りする構成が面白い
  • 沙都子と梨花の決着の行方にも期待できる

筆者のように、業が初見の人にとっては、鬼明し編はとても親切な解説回だと思います。

ひぐらしのなく頃には、雛見沢症候群という病気を発症そして惨劇、とパターンが同じなのですが、なぜそうなったか、背景が業ではよくわかりません。

それを別の当事者目線のストーリーにすることで、不明瞭な部分が明らかになるため面白く感じます。次の綿明し編なども同じ構成になるでしょう。

また、沙都子と梨花の衝突、登場人物たちの行動の違いなどが今回のリメイクでの新しい要素なので、過去アニメ版を知る人からも、今後の展開がどうなるのか期待されているのではないでしょうか。

この後は各パートの解答編を順に行い、後半で猫騙し編の続き、二人の決着が描かれると思います。

新たな視点でのひぐらしのなく頃に、ぜひ業と卒を両方見て最終回まで追っていきましょう!

コメント