イカゲームの4話で気まずいシーンは何分から?トイレで何がある?

NETFLIX

Netflixで大人気の韓国サバイバルテレビシリーズ「イカゲーム」ですが、第4話がかなりの話題となっています!

なぜ4話が話題となっているかですが、それは気まずいシーンがあるからです!

一体何が気まずいのか、それは何分からなのかなど気まずいシーンについて気になっている方も多いのではないでしょうか?

話題となっている気まずいシーンは何分から起こるのか、またトイレで一体何が起こるのかなどを筆者なりに検証してみました!

その結果を踏まえ、今回はイカゲーム4話の気まずいシーンについて、皆様にわかりやすくお伝えしていきたいと思います

では早速4話の気まずいシーンとは何なのか見ていきましょう!

4話の気まずいシーンとは?

Netflixで大人気のイカゲーム4話の気まずいシーンですが、一体どのようなシーンなのでしょうか?

4話の中で、ハン・ミニョがゲームを有利に進めようとホ・ソンテさん演じるチャン・ドクスを誘惑し体の関係を持つのですが、その場所が何とトイレの中なのです!

演技派の俳優陣ですし、声もしっかり聞こえるのでリアル感があり家族で見ている場合などは相当気まずい思いをしてしまうシーンかと思われます。

この4話だけは家族と一緒ではなく、こっそり一人で視聴するのが良いかなと筆者的には思いますね。

次に、気まずいシーンは何分から起こるか見ていきましょう!

気まずいシーンは何分から起こる?

4話の気まずいシーンは何分から起こるのでしょうか?

検証しましたところ、開始からおおよそ25分後から始まり5分程で終了するかと思います。

実際にリアルに男女の関係が映し出されるのではなく声のみなので、気にしない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、中にはやはり気まずい方もいると思いますので、家族や友人など誰かと見る予定のある方はこの時間は気を付けて頂ければと思います。

最後にイカゲームのあらすじについて見ていきましょう!

あらすじについて

イカゲームのあらすじはどのような内容なのでしょうか?

お金に困っている、いわゆる崖っぷちと言われる人たちにある日謎のゲーム参加への招待状が届きます。

参加者は過酷な境遇を抱える年齢や性別様々の456人で 、賞金は456億ウォンです。

それぞれが、今の苦しい生活から抜け出そうと命懸けのサバイバルゲームに挑んでいく内容となっています。

ちなみに4話のあらすじも簡単にご説明させて頂きますね!

第2のゲームをクリアしたギフン達でしたが、食事をめぐるトラブルからドクスがプレーヤーのひとりを殺してしまいます。

それが脱落とみなされて賞金が上がる事になり、今後人数減らしの暴動が起きるのではとギフンは懸念し身構えると言う内容となっています。

イカゲームの4話で気まずいシーンについてのまとめ

これまで、イカゲームの4話で気まずいシーンについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか

まとめますと、

  • 気まずいシーンはトイレの中で男女が関係を持つシーン。
  • 気まずいシーンは放送開始から25分後位。
  • あらすじは参加者456人が賞金をめぐり命懸けのサバイ投稿一覧バルゲームを繰り広げる。

以上となります。

イカゲームは基本的に家族や友人みんなで楽しめる内容だと思いますが、今回のように気まずいシーンが事前にわかっていれば回避できますよね!

今回の記事を参考に、気まずいシーンは上手く回避して、今後もイカゲームを楽しんで頂ければと思います!

コメント