じゃんたま(雀魂)のガチャは単発と10連どっちを引くべき?

じゃんたま(雀魂)のガチャは単発と10連どっちを引くべき? ゲーム

この記事ではじゃんたま(雀魂)のガチャは単発と10連、どちらを引くべきかについてまとめてみました。

雀魂は無課金でも楽しむことができるオンライン麻雀ゲームです。

メインの段位戦もプライベート対戦も課金せずにプレイすることができますが、さらに楽しむためには祈願と呼ばれるガチャで雀士を入手して遊ぶこともできます。

そんな雀魂のガチャをこれから引こうとしている方には、10連か単発かで悩んでしまっている方もいると思います。

お得に欲しいキャラを引きたいですよね!

そんなわけで今回は、雀魂ではガチャを引くときに10連を選ぶべきか単発を引くべきか紹介していきたいと思います!

単発と10連どっちを引くべき?

雀魂(じゃんたま)のガチャは単発と10連どっちを引くべきなのでしょうか?

結論を言ってしまうと、10連の方がおすすめです。

なぜなら、10連で一回分の輝石がディスカウントされるからです。

後述する信仰ポイントも貯まるので、10連を15回回して天井を狙うのもありですね。

ですが単発でも10連でも確率自体は変わりません。

一発目にお目当てのキャラが来ることもありますので、チケットが十分にあるなら、単発でまず狙ってみるのもアリですね!

輝石は課金でないとほぼ手に入らないので、ご利用は計画的にしましょう!

ガチャの特徴について

続いて、ガチャの特徴について紹介していきたいと思います。

雀魂のガチャは雀士キャラクターとそれらの好感度を上げるための育成素材などが排出されます

そのため、麻雀をするためだけなら、引く必要はありませんが、気分を変えて麻雀で遊びたいときには、必須ですよね!

ここでは輝石の消費などについて単発と10連で分けて紹介していきたいと思います。

単発の詳細

 

じゃんたまのガチャポイント交換画面

一回で200個の輝石、または祈願の巻物(ガチャチケット)一枚が必要です。

輝石は初回購入時は有償60個+60個系120個で120円で買えますが、二回目以降は1.5円から2円に値上がりします。

まとめて買った方がお得です。

一回引くたびに1点信仰というポイントが溜まり、150ポイントでキャラクターと交換することもできます。

でも、そんなにまとめて購入するのは難しいですよね。

無課金勢の方々は好きなキャラクターのピックアップが来るまで祈願の巻物をため込んでおくといいと思います。

筆者も無課金勢なので、日々巻物をかき集めています。

10連の詳細

じゃんたまの祈願(ガチャ)の画面

10連では1800個の輝石が必要です。

輝石のディスカウントが発生しますが、信仰ポイントは10回分しっかりもらえます。

ですが、輝石専用なので、お金持ちの方向けですね。

輝石を手に入れるには現状課金をするしかないし、麻雀ゲームのキャラクターに課金するのもなんだかなぁ、と筆者は思ってしまいます。

お得でおすすめの引き方は?

ここまでどちらを引くべきか、ガチャの特徴について解説して来ましたが、お得な引き方はどうなるのでしょうか?

輝石は一度にたくさん買うほどディスカウントが発生するので、輝石をまとめ買いして10連を引くのがおすすめです。

10連を15回引けば、キャラクターと交換できますし(実質天井ですね)10連一回でキャラクターが来たとしても、信仰ポイントは溜まっていくので、ここぞというときに使うのもありです。

無課金なら、月5回までチケットを交換できます。

また、このチケットは、イベントでも入手できるので、無課金の皆さんは、チケットをためておくようにしましょう。

欲しいキャラクターが手に入るといいですね!

じゃんたまのガチャは単発と10連どっちを引くべき?のまとめ

今回は雀魂(じゃんたま)のガチャは単発と10連どちらを引くべきか紹介して来ましたが、いかがでしたか?

大事なポイントのおさらいをしましょう!

・10連の方がお得。

・輝石はまとめ買いがお得。

・天井は150回。

このようなことを紹介させていただきました!

雀魂のガチャは、麻雀を遊ぶだけなら引く必要はありませんが、好きなキャラクターで遊びたい!

となれば引きたいと思います。

少しでもお得に推し雀士をゲットして、楽しい麻雀ライフを送ってくださいね!

コメント