キングダムのアニメ第3期はつまらない?原因は何で見る価値無し?

キングダム アニメ 第3期 つまらないアニメ

今回は「キングダムのアニメ第3期はつまらない?原因は何で見る価値無し?」ということでまとめていこうと思います。

皆さんは「キングダム」という作品をご存じでしょうか?

「キングダム」は発行部数8000万部を突破している超人気漫画で、2019年には実写化もされました。

アニメも過去に第1期と第2期が制作されており、現在第3期が放送されています。

しかしこのアニメ、原作が大ヒットしているにも関わらず、あまり評判がよろしくないとの噂を耳にします。

今回はなぜそのような評判になってしまったのか。

その原因を探っていこうと思います。

果たして、キングダムは本当につまらないのでしょうか?

キングダムのアニメ第3期はつまらない?

調べてみるとキングダムのアニメをつまらないと思う方が多いことがわかりました。

大人気漫画の「キングダム」ですがネット上でアニメの評判を検索してみると、厳しい意見が結構出てきます。

私も今期の1話を見させていただきましたが、あまり好まない作風だなといった印象を受けました。

では、視聴者にそう思わせてしまう要因とは一体何なのでしょうか?

つまらないと言われる原因は?

調べてみるとつまらないと言われてしまう原因が3つ見つかりました。

1つずつ順番に解説していきます。

戦闘シーンの迫力がない

キングダムは第1期、第2期の両方とも3Dをメインにした映像づくりでかなりの酷評を受けていました。

3Dアニメーションに陥りがちな、いわゆるモッサリした映像になってしまい、迫力が全く伝わってこなかったのです。

キングダムの原作はどちらかというとリアルタッチな絵柄のため、ファンとしては手描き作画によるまさに漫画が動いているようなアニメを期待していたことと思います。

しかし蓋を開けてみたらとりあえずアニメにしてみたといったような残念な作画でした。

そのため酷評を受けたわけですが、今回の第3期は作風が少し変わりました。

キャラクターデザインなどは一新され、原作に近い絵柄にはなりましたね。

しかし戦闘シーンの絵作りなどはあまり変わらないため評価がひっくり返るほどではなかったようです。

たしかに3Dを多用すればカメラワークの幅もかなり広がると思います。

ですが、手描きアニメーションのがかっこいいと言われてしまうくらいなら、素直に視聴者が求める迫力のある手描きアニメーションを作る方が評価は高くなるのかなと思います。

ましてやキングダムのような原作に根強いファンがいる場合はその層が求めているようなアニメーションを作ってほしいですね。

原作からカットされたシーンが多い

かなりハイテンポにストーリーが進んでいくという意見も多く目につきました。

重要なシーンがカットされていたりするとたしかにがっかりしてしまう気持ちはわかりますね。

アニメーションの尺は決まっているため、ある程度のカットは仕方ないのかもしれませんが、やはりファンとしては納得いかないこともあるようです。

グロテスクな表現をぼかしている

「キングダム」を放送しているのがNHKのため血しぶきなどのグロテスクな表現はかなりぼやかして制作されています。

小さい子供も見るため仕方がないのかもしれませんが、そんな条件の中でアニメ化するような作品では無いような気がしますね。

血が出る=かっこいいとは思いませんが、血が飛ぶことによるリアリティであったり迫力というものは絶対にあると思います。

変に隠されると冷めてしまいますしね。

見る価値は無し?

見る価値は無いのかということですが、私個人の意見としては見る価値は無いと思います。

作った人たちがいるため、あまり見なくていいよとは言うものではないかもしれませんが、アニメを見るなら原作の漫画を読む方が絶対におすすめです。

カットシーンなどもなく絵も迫力満点のため「キングダム」という世界観を100%楽しむことができます。

キングダムのアニメ第3期を見た視聴者の反応

やはり、テンポの悪さが目立っているようですね。

原作のシーンをカットしたことで内容もわかりにくくなってしまっているようです。

キングダムのアニメ第3期はつまらない?まとめ

今回は「キングダムのアニメ第3期はつまらない?原因は何で見る価値無し?」ということでまとめさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?

今回の要点をまとめると3つです。

・3Dを多用したことで迫力がなくなってしまった。

・NHKでの放送のためほかの作品よりも規制が厳しい。

・アニメを見るなら原作を読んだ方が良い。

原作への愛が足りなかったことが酷評の原因ですね。

ですが、第3期は第1期、第2期に比べ視聴者の意見を取り入れようとはしてくれてるように感じます。

もしかしたら今後、もっと迫力のあるシーンが見られるようになるかもしれませんね!

コメント