古見さんはコミュ症ですのアニメで原作との違いは?どっちが面白い?

古見さんはコミュ症です記事タイトルアニメ

今回の記事では、古見さんはコミュ症ですのアニメと原作の違いについて解説していきたいと思います。

10月よりアニメの放送が開始された週刊少年サンデーの大人気漫画、「古見さんは、コミュ症です。」

9月からドラマ化もされており、今期の中でも特に注目の集まっている作品ですが、アニメと原作ではどちらが面白いのでしょうか?

アニメと原作の違いや、実際にアニメを視聴した感想を踏まえて解説していきたいと思います。

古見さんはコミュ症ですのアニメで原作との違いは?

まずは、アニメと原作の違いから解説していきたいと思います。

こちらの違いについてですが、現在放送されている内容は原作とほぼ同じ内容で制作されていますね。

むしろ原作に忠実すぎて驚いたくらいです。

最近のアニメーションはどうしても尺の都合で原作のシーンがカットされてしまうことが多いのですが、このアニメは違いましたね。

原作の1話を元に本当に丁寧に作り込まれており、それでいてアニメとしてつまらなくならないようにカメラワーク等も工夫されていて、ここまで原作のテンポや雰囲気を完璧に表現している作品は本当に珍しいので驚きです。

特に黒板のシーンについては、あんなにも長尺で作っていることに原作への愛とリスペクトを感じました。

前半の軽快なテンポで原作のギャグ要素をしっかりと捉えつつ、黒板の重要なシーンをゆっくりと綺麗に描き切る事で、原作の古見さんの美しさや綺麗さをすごく印象的なシーンとして作り上げていたと思います。

アニメと原作はどっちが面白い?

では、アニメと原作ではどちらが面白いのでしょうか?

こちらに関しては正直どちらも面白いため両方ともおすすめしたいのですが、強いて言うのであればアニメの方をぜひ見ていただきたいです。

原作と比べてアニメの方が面白いというよりも、1つのアニメーション作品として本当におすすめしたいと思いました。

各シーンの演出へのこだわりも素晴らしいですし、特に1話後半の美しさは圧巻です。

もちろん原作の方も面白いため読んでいただきたいのですが、個人的には1話を視聴した時点で今期で一番のアニメではないかと思うほどの衝撃を受けたため、ぜひアニメの方を見ていただきたいと思いました。

視聴者の反応

視聴者の反応を調べてみるとやはり全体的に評価が高いようですね。

後半の演出についても感動した方が多かったようで、あの長いシーンにも関わらず視聴者に飽きさせることなく、むしろ多くの方を画面に惹きつけたということからもこの作品の凄さを感じました。

その他にもオープニングの青春感が良かったという意見もあったりと、督のこだわっている部分がことごとく視聴者に響いたようですね。

古見さんはコミュ症ですのアニメで原作との違いのまとめ

今回の記事では、古見さんはコミュ症ですのアニメと原作の違いについて解説してきましたがいかがでしたか?

今回の要点をまとめるとです。

・原作とアニメの違いはほとんどない

・原作とアニメ両方ともおすすめだが、強いて言うならアニメ

古見さんは、コミュ症です。のアニメのクオリティには本当に驚きましたね。

最近のアニメでは珍しく、演出の一つ一つに監督のこだわりがたくさんつまった作品でした。

何クールの作品になるのかはまだわかりませんが、ぜひこの勢いのまま最後まで作りきってもらいたいですね。

コメント