地方競馬のオッズはおかしい?異常に変動するのは八百長のせい?

競馬

この記事は地方競馬のオッズはおかしいのかについて解説します。

地方競馬は北海道から九州まで全国15の競馬場で開催されていて、ネット投票が多くなり売上も上がっているようです。地方競馬のオッズはおかしい?異常に変動するのは八百長のせい?

世界で唯一のばんえい競馬や、夜間に開催されるナイター競馬など趣向を凝らしたレースが行われています。

また各競馬場で提供されている食事(B級グルメ)が美味しいと、ミドル層だけでなく若い世代にも人気になってるようですよ。

その一方で、地方競馬はオッズが変動しすぎて八百長があるのではないかという噂もあります。

地方競馬のオッズの異常な変動に八百長はあるのかについて、徹底調査し解説します。

地方競馬のオッズはおかしい?

地方競馬のオッズはおかしいのでしょうか?

地方競馬のオッズは激しく変動することがありますが正当なものです。

八百長の可能性も低いといえるでしょう。

それは地方競馬の控除率を確認すれば証明できます。

控除率とは主催者側に入る売上の率のことで、馬券の種類ごとに明確に決められているのです。

控除率はオッズに大きく影響するためJRAと大きくかけ離れていれば、地方競馬のオッズはおかしいといえますね。

では地方競馬の代表格でもある大井競馬と、JRAの控除率を比べてみましょう!

馬券の種類 大井競馬 JRA
単勝・複勝 20.0% 20.0%
枠連・馬連 25.0% 22.5%
3連複 27.5% 25.0%
3連単 27.5% 27.5%
このように若干の違いはありますが、地方競馬はほぼJRAと同じような控除率で運営されている事が分かりました。
それでも地方競馬のオッズはおかしいという人はいるのですが、その理由はオッズが大きく変動する事があるからです。
次にオッズが上がったり下がったりする理由を解説していきますね。

異常に変動する理由は?

オッズが異常に変動する理由は何なのでしょうか?

地方競馬のオッズが激しく変動するのは、馬券の売上金額が少ないからです。

単勝馬券で説明していきますね。

100円の馬券が1000票集まると売上全体は10万円になります。

控除率は20%ですから、自動的に主催者側に2万円が控除されるのです。

残りの8万円を当たった人に分配されるという仕組みとなります。

10票(1000円)しか購入されていない馬(例えば馬番5番)が1着になった場合、配当金は8000円となり、その時の倍率(オッズ)は80倍です。

それが投票時間中に馬番5番の馬券を10万円買った人がいたらどうなるでしょうか?

全体の売上は、20万円で控除率20%を引くと16万円です。

その際の馬番5番の単勝オッズは、80倍から一気に1.5倍にまで下がってしまいます。

これがオッズが大きく変動する理由なのです。

80倍だと思って買ったのに、こんなに下がってしまったらがっかりですね。

では実際、どのようなものになるのか例をみてみましょう。

実際の高知競馬はどうだった?

理論上では理解できたと思いますが、実際にもそんな事が起こっているのでしょうか?

高知競馬では単勝売上100万円未満のレースがあり、実際にオッズが激しく動くことがあります

2020年10月31日、高知競馬第2レースで説明します。

単勝の総票数は7338、つまり733,800円の売上がありました。

レースは1番人気の馬が勝ち配当金はわずか110円、ですので7338票のうちおおよそ5336票が1番人気の馬に賭けられたのですね。

この馬以外の馬にもっと投票されて全体で300万円の売上があったとすると、1着馬のオッズは1.1倍から4.5倍に跳ねあがります。

このように実際の地方競馬でも、オッズの激しい変動は普通に起こっているのです。

これがJRAですと売上が大きいので、10万~100万円単位で投票しても極端にオッズが変動する事はありません。

地方競馬は自分の投票でオッズを操作することが可能ですが、配当的には旨味が少なくなってしまいますね。

では次にオッズ変動の攻略方法を考えてみましょう!

オッズ変動の攻略方法は?

オッズ変動の攻略方法はあるのでしょうか?

オッズ変動の攻略で有効なのは、投票時間はじめの方で大量購入す事です。

これは少しでも儲かりたいという人の心理を応用します。

甲乙付けがたい2頭の馬がいてどちらを買うか迷ったとき、人は少しでもオッズの良い(配当の良い)馬を買います。

1.8倍と2.0倍だったら、2.0倍の方を買ってしまうのです。

そこでレースの投票時間の始めの方で、狙っている馬の馬券を大量に購入します。

すると単勝の場合だったら、オッズは限りなく1.0倍に近いものになりますね。

上のツイートの画像、6番のナオミワタナベの単勝馬券をあなたは買いますか?

筆者はこのレースは見送るか、別の馬の単勝を少しだけ買います。

このように別の馬を買う人が多くなれば、もしかしたら6番ナオミワタナベの単勝オッズは1.1倍や1.2倍になるかもしれません。

それが狙いなのですね。

これが投票時間途中まで大量購入しなかったらどうでしょうか?

おそらくオッズは1.3倍あたりを推移していて、それなら買うかと筆者は思うかもしれません。

同じように思う人も多いはずで、投票締め切りぎりぎりで大量購入されると、それこそ1.0倍のオッズになるでしょう。

そんな事から大量購入する人は、投票時間の最初の方に買った方が有利ですよ。

そして筆者のように少額投資の人は、思い切ってそのレースは買わない決断をするのが大事です。

特に地方競馬の場合はオッズが急激に変動するということを念頭において、馬券を購入することをおすすめします。

競馬は全部のレースを買わなくても誰にも怒られません。

ここぞと思ったところで勝負するようにしてくださいね。

地方競馬のオッズはおかしい?のまとめ

この記事は地方競馬のオッズはおかしいのかについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると次のようになります。

  • 地方競馬のオッズは変動が激しいが八百長はない
  • オッズに関連する控除率はJRAと同等
  • オッズの変動が激しいのは購入金額が少ないから
  • 投票時間始めの方で大量購入するとオッズ変動を攻略できる
  • 少額投資の場合はレースを見送る勇気も必要

地方競馬がつまらないという人は、オッズ変動が激しすぎることを理由にする場合が多いです。

確かに配当的な面白さでいえば、JRAの方が楽しめるかもしれません。

しかしそれでも筆者は、小さな単位で開催されている地方競馬が好きなのです。

まるで村祭りのような親密な空気感に居心地の良さを感じます。

これからも少額ながら馬券を購入して、地方競馬を応援していきたいと思います。

コメント