トランプ大統領夫人の病気は腎臓病で処置内容や入院先の病院はどこ?

未分類

アメリカトランプ大統領のメラニア夫人は2018年5月14日に腎臓の治療をする為入院したそうです。

腎臓の病気と言えば様々な病気がありますが果たしてメラニア夫人は何の病気だったのでしょうか?

今回はトランプ大統領夫人の病気は腎臓病で処置内容や入院先の病院はどこ?ついて解説します。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

メラニア夫人の腎臓病ってどんな病気?

メラニア夫人の腎臓病について調べてみました。

腎臓病とは様々な症状の総称で腎臓に関わる病気は多種多様で一言では表現できないそうです。

メラニア夫人が入院されたとのニュースに処置内容も報道されていた為その処置内容から何の病気にかかっていたかが予測できると思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

メラニア夫人の腎臓病の処置内容とは?

メラニア夫人が病院が受けた処置について広報担当の方は「塞栓術」を受けたと発表しました。これにより塞栓術を用いた治療法が有効な病気である事が分かると思います。

メラニア夫人は恐らく腎血管筋脂肪腫を患ったのではないか?と思います。

腎血管筋脂肪腫とは腎臓に発生する腫瘍の一つで名前が示すように血管、筋肉、脂肪を主たる構成成分とする腫瘍のようです。

メラニア夫人はこの腫瘍に対する治療を受けるために入院されたと思われます。

腎動脈塞栓術の方法については以下になります。

【腎動脈塞栓術の方法】

左右どちらかの大腿動脈(時には上腕動脈)を穿刺して、その中にガイドワイヤーを入れ、それにかぶせるように径約2mmのカテーテルを大腿動脈から大動脈まで進めます。
その後、腎動脈を造影し、さらに腫瘍を栄養する腎動脈末梢に選択的に径約1mmのマイクロカテーテルを挿入して撮影を行います。まず、腫瘍を栄養する血管の造影をして病変の拡がりや位置、血流状態や動脈瘤の有無などを確認してから、動脈塞栓術を施行します。時に腎動脈以外の血管(下横隔動脈や肋間動脈など)から栄養血管が見られることがあり、その場合はそれらの血管から動脈塞栓術を施行します。
動脈塞栓術にはスポンジ製剤とマイクロコイルを使用します。スポンジ製剤は、腫瘍を虚血状態にして最終的に壊死を引き起こすために使用します。マイクロコイルは動脈瘤を塞栓して治療するために使用します。マイクロコイルは、目的部位でコイルを切り離す着脱式コイルと周囲にファイバー(線維)が付着したコイルがあり、血管に応じて使い分けています。
まず、スポンジ製剤を腫瘍を栄養する血管内に注入して血管を遮断し腫瘍を壊死させます。時に瞬間接着剤を用いて塞栓することもあります。腫瘍を栄養する血流が消失もしくは低下した段階で、動脈塞栓による治療を終えます。動脈瘤がある場合は、動脈瘤をマイクロコイルで塞栓治療します。
腫瘍の大きさや位置、血管の走行により治療時間は異なりますが、おおよそ2-4時間程度で治療が終了します。
治療終了後は、カテーテルを抜去して穿刺部を10分から15分程度圧迫いたします。その後、4-8時間の絶対安静が必要ですが、安静解除後は、歩行可能です。

※順天堂医院公式サイト引用

メラニア夫人が実際上記の手順で治療を行ったのかは不明です。

手術は恐らくカテーテルを使用したと思われますので体の負担が少ない分退院も早く出来たのではないでしょうか?

腫瘍の塞栓術は無事に成功し合併症もなかったようで何よりですね。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

メラニア夫人が入院した病院はどこ?

次にメラニア夫人が入院した病院について調べてみました。

メラニア夫人が入院した病院はアメリカの首都ワシントン北郊のウォルター・リード米軍医療センター(Walter Reed National Military Medical Center)であることが分かりました。

この医療センターでは多くの歴代大統領とその家族が治療を受けてきている要人御用達の医療機関であるそうです。

なんだか格式が高そうな医療センターですが以前に陸軍長官が辞任し原因は米軍医療センターが原因というスキャンダルがあったようですが真相は不明です。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まとめ

今回はトランプ大統領のメラニア夫人の病気について解説してきました。

結果は腎臓の病気ということが判明しましたが現在は退院もされているようです。

なので今月の5月25日~5月28日にトランプ夫妻ともに来日はされそうですね。

トランプ大統領が来日され一体どのような会話や接待がされるのか今から楽しみですね!

日本にとって有益な接待になることを望みます。

コメント