よもぎ蒸しを自宅で行うデメリットは?匂いや効果はあまりない?

女性を中心に流行しているよもぎ蒸しですが、最近ではお店に行かなくても自宅でよもぎ蒸しを行えるキットが多数販売されています。

いつでも行える手軽さやお店に比べると安価で続けることができる点から、自宅でのよもぎ蒸しは注目されている温活方法のひとつです!

しかし、よもぎ蒸しを自宅で行うことにもデメリットがあるとされているのをご存じでしょうか?

ここでは自宅でよもぎ蒸しを行う際のデメリットや、よもぎ蒸しの効果を自宅でも感じたい場合はどのような方法が効果的なのかについて紹介していきます。

自宅でのよもぎ蒸しに興味をお持ちの方は、ぜひ参考にされてください。

よもぎ蒸しを自宅で行うデメリットは?

デメリット依頼スト

お店でよもぎ蒸しをしてもらう場合と自宅(自分)でよもぎ蒸しを行う場合では、異なる点が多々あります。

そのため「お店」と「自宅」、それぞれでメリットとデメリットが存在するのですが、自宅でよもぎ蒸しを行う際のデメリットとはどのようなものなのでしょうか?

専門的なスタッフがいない

お店でよもぎ蒸しを行う際には、もちろん店舗のスタッフが対応してくれます。

そのためよもぎ蒸しを行う前のカウンセリングやよもぎ蒸しを行っている最中に、不安点などがあれば質問できるのが強みです。

特に初めてよもぎ蒸しを行う場合は、質問をすぐできる環境のほうが安心して施術を受けられますよね。

よもぎ蒸しは高温で膣を温める施術なので、やけどや汗のかきすぎによる脱水症状などの危険性が伴います。

専門のスタッフがすぐ近くに居れば、過度な熱さを感じた際には相談ができますし、脱水症状にならないように適切な水分補給や塩分補給を促してくれるので安心ですね。

そういった意味では専門的なスタッフが居ない状態でよもぎ蒸しを行うことは、危険性を伴う場合があるのでデメリットと言えるでしょう。

準備と後片付けが大変

よもぎ蒸しを自宅で行う場合、様々なアイテムが必要になります。

  • 身体に装着する用のマント
  • 薬草を煎じるための壺
  • 専用の椅子

主にこれらの道具を用意しなければなりません。

マントは使用後、水滴を拭いて干しておき、壺や椅子もカビが生えないように乾燥させる必要があります。

アイテムを片付けておくスペースもいりますし、まめなお手入れが苦手な方は自宅でのよもぎ蒸しは面倒くさく感じてしまうかもしれません。

匂いが充満する

よもぎ蒸しを行うと、薬草を煎じたときに発生する匂いが漂います。

その匂いを「良い匂い」と感じるか「臭い」と感じるかは個人差があるかと思いますが、独特な匂いであることは間違いありません。

そのためよもぎ蒸しを行う際は、自分自身は匂いが平気でも、自分以外の家族が苦手な匂いだと感じることもあるかと思います。

そういった場合はカーペットやソファに匂いがつかないようにシートで覆ったり、換気扇の近くでよもぎ蒸しを行うなどの工夫が必要になってきますので注意しましょう。

汗・蒸気が気になる

よもぎ蒸しを行うと、蒸気が上がり部屋中が熱気に包まれるため、個人差はありますが汗を大量にかく方も多いかもしれません。

部屋の床が汗や蒸気で濡れてしまうと床材が痛む原因になる可能性があります。

気になる方は撥水加工のマットを準備するなどの対策を行なうことをおすすめします。

自宅でよもぎ蒸しを体験するおすすめの方法は?

では、紹介してきたようなデメリットを我慢しなければ自宅でよもぎ蒸しを行うことは難しいのでしょうか?

本格的なよもぎ蒸しを行おうとすると、前述したとおり準備や片づけ・匂いなどのデメリットがどうしても付きまといます。

しかし、簡単によもぎ蒸しと同じ効果を感じることができるアイテムも存在します。

そういったアイテムを使用することで、デメリットを感じることなく温活を楽しむことができるのですが、いったいどのようなアイテムがあるのでしょうか?

ここで紹介したいのが「CalmMe HERBALQ」というアイテムです。

こちらはよもぎ蒸しだけでなく、ハーブボールやホットストーンなどの温施術を再現した機械になっております。

手軽でありながら、しっかりと効果を感じることができる良いところ取りのアイテムですので気になっている方は公式サイトを是非チェックしてみましょう!

そんなHERBALQですが、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう!

HERBALQのメリット

herbalqメリット

HERBALQを使用する場合、様々なメリットや効果がありますがここでは3つの項目に分けてお伝えしていきます。

専門的な知識がなくても安全に使用できる

HERBALQは4つの丸いタブレットを身体の気になる部分に着けて温活を行うものです。

自宅でよもぎ蒸しを行う際のデメリットとして専門的なスタッフが近くに居ないことをあげましたが、HERBALQの場合は使用方法が簡単なので1人でも安心して行うことができます。

まず温度調節機能が3段階で付いていて、熱いと感じたら簡単に温度の切り替えが可能です。

そのため、熱湯を用いるよもぎ蒸しと比べてやけどや汗のかきすぎによる脱水症状のリスクが少なくなります。

またタイマー機能・温度上昇防止センサーを搭載しているので、装着したまま他の作業に集中していても安全です。

遠赤外線と植物の力による確かな効果

自宅でよもぎ蒸しを行いたいと考えている方は、冷え症に悩んでいる方も多いことでしょう。

調べたところ20代~50代の女性のうち、80%もの方が冷えを自覚していると言われているのですが、HERBALQもそういった声から誕生した商品なので、身体を温める効果を追求し作られています。

単純な厚着などの防寒は、身体の表面を温めることはできますが身体の内側までしっかり温めることが難しいと言われています。

タブレットには「グラフェン」という熱伝導性に優れていて強度が高く軽い素材を使用しており、これから発せられる遠赤外線は身体の細胞と共鳴して発熱するので、身体の芯からしっかりと温めることができると言われております。

さらにタブレットに装着するアロマパッチ部分には、よもぎを始め、生姜や高麗人参などの植物由来のこだわりの成分を配合しているため、植物の効能による冷えの改善と、香りによる癒しの効果を実感することができます。

こういったこだわりの設計から確かな温活効果を感じることができ、冷えからくる肩こり・腰痛・生理痛・不眠などにも効果が期待できます。

簡単・手軽に使用できる

HERBALQは充電式のタブレットを身体に装着するだけなので、簡単に使用することができます。

もちろん自宅でのよもぎ蒸しと違って、マントや壺などの準備や片づけも必要なく、煙が出ない設計なので匂いの充満も気にする必要はありません。

身体に装着したまま、家事をしたり本を読んだりすることができるので「ながら美容」にぴったりです。

よもぎ蒸しなどの温活は1度行うだけでは効果を感じにくいと言われており、継続することで不調の改善につながります。

しかし面倒くさい準備や片づけなどの工程があったり、お店に通うために高い施術代が必要だったりすると、なかなか続けることは難しいですよね。

HERBALQの場合は忙しい方でも手軽に行えて、面倒くさい工程がないため継続して行いやすい温活と言えるでしょう。

よもぎ蒸しを自宅で行うデメリットのまとめ

この記事ではよもぎ蒸しを自宅で行うデメリットや匂い・効果についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事をまとめると以下の通りになります。

  • よもぎ蒸しを自宅で行う際にはデメリットがある
  • HERBALQという解説したデメリットを感じずに効果を得ることができるアイテムがある
  • HERBALQを使う際は手軽さなどのメリットが多い

よもぎ蒸しを自宅で行いたいと考えている方は、デメリットも理解した上で自分に合っている方法を模索してみると良いでしょう。

そこまで本格的に行うことに躊躇してしまう場合は、紹介したHERBALQなどの便利なアイテムも検討されることをお勧めします。

是非この記事を参考に安全かつ健康によもぎ蒸しを堪能してみてはいかがでしょうか!

コメント