中山大障害2022の指定席の倍率はいくつ?予約が取れない場合は?

競馬

この記事は、中山大障害2022の指定席の倍率はいくつなのかについて解説します。

皆さんは障害競走にもGⅠがあるのをご存じでしょうか?

中山大障害は、中山グランドジャンプと共に障害競走のGⅠレースなのです。

障害で頑張る馬・陣営にとっては目標のレースとなって嬉しいですよね!

中山大障害2022は有馬記念の前日12月24日に発走予定ですが、指定席が取れるのか気になります。

一般的に土曜日開催の方が指定席が取り易いと言われているので、上手く獲得できるかもしれませんね。

中山大障害2022の指定席の倍率を徹底調査しました。

中山大障害2022の指定席の倍率はいくつ?

有馬記念やジャパンカップなど主要GⅠレースになると、指定席の倍率は何十倍にもなってプラチナチケットとなります。

では中山大障害はどの位の倍率になるのでしょうか?

調査した結果、中山大障害当日(12月24日)の指定席倍率は2倍前後と推測します。

新型コロナの影響で制限していた指定席発売数は、ほぼ元の数に戻ってきました。

そのため2022年11月4日時点で11月5日6日の各競馬場の指定席は、十分な空きがある状態でした。

さて中山大障害はGⅠレースですが、賞金ランキングでみると全GⅠ中下から2番目の24位となっており、有馬記念の1着賞金が4億円なのに対し、中山大障害はわずか6千6百万円なのです。

この賞金の違いが人気の違いとも言えるのではないかと考えます。

また11月13日のエリザベス女王杯の中間倍率が3倍程度ということから、レースの格を考慮すると中山大障害は通常だと1倍位の指定席倍率と推測できます。

では次に、なぜ1倍ではなく2倍前後と予想したのかを詳しく見てみましょう。

指定席倍率が上がる要素は何?

通常1倍前後と考えられる指定席倍率が、2倍前後になってしまう理由は何なのでしょうか?

それは中山大障害2022がオジュウチョウサンの最後のレースとなることが発表されたからです。

オジュウチョウサンは障害レースで連戦連勝、GⅠ9勝と障害の絶対王者として君臨しました。

平地競争の福島開成山特別に出走表明した際は、ファンが押しかけ入場者数が前年比138.3%、馬券売り上げが195.6%となったのです。

こんな人気馬の最後のレースともなれば、例年よりも指定席の応募は多くなると思われます。

そんなことを考慮して、2倍前後と予想させてもらいました。

次に当選するコツはあるのかを見ていきましょう。

当選のコツはある?

JRAの指定席はとても快適なので、当選する可能性を少しでも上げたいですよね!

当選のコツを調べてみると、JRAカード会員になると当選しやすくなることが分かりました。

理由はJRAカード会員になると、一般会員より前に先行抽選に応募できるからです。

ではJRAカード会員と一般会員の指定席申込スケジュールをまとめてみましょう。

会員種類 抽選申込開始 抽選申込終了 当選確認・購入開始 当選確認・購入終了
JRAカード会員 12月9日12時00分 12月11日23時00分 12月13日17時00分 12月15日23時00分
一般会員 12月13日17時00分 12月15日18時00分 12月16日17時00分 12月18日23時00分

このようにJRAカード会員は先行抽選が出来る上に、もし外れてしまっても一般会員としても再度申し込み可能です。

これは大変大きなメリットですよね!

JRAカード会員は年会費が1375円掛かりますが、指定席を優先的に取れるなら筆者は安いと思うのですが皆さんはいかがでしょうか?

JRAカード会員になって、狙った指定席をゲットしていきましょう。

次に、どうしても予約が取れない場合の対処法を検討します。

予約が取れない場合は?

JRAカード会員の先行抽選、その後の一般会員の抽選、どちらともはずれてしまった場合の対応方法をご紹介します。

それは、12月19日(月)17時00分からの「残席・キャンセル席発売」を利用することです。

JRAの指定席ネット予約では、残席・キャンセル席がある場合、先着方式で発売されます。

先着方式なので、つまり早い者勝ちと言うことになりますね!

そのためキャンセル席を獲得するためには、こまめに指定席ネット予約のサイトを確認することが大事です。

指定席の獲得にはこのように地道な努力が必要なのですが、キャンセルが出る可能性は結構高いと思われます。

それは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、無料キャンセル期間が延長になっているからです。

利用日前日の23時00分までキャンセルが無料なので、前日にキャンセル席が出ることがあります。

サイトをこまめにチェックして、指定席を獲得しましょう。

中山大障害2022の指定席の倍率についてのまとめ

この記事は中山大障害2022の指定席の倍率について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると次のようになります。

  • 中山大障害の指定席倍率は2倍前後と推測
  • オジュウチョウサンの最後のレースということを考慮
  • 指定席はJRAカード会員になると取りやすい
  • 先行抽選に申し込めるメリットがある
  • 予約が取れない場合はキャンセル席を狙う

中山大障害は一般抽選で指定席が取れない場合でも、辛抱強くキャンセル席を探せば見つけられそうな感じがします。

有馬記念ほどのレースになるとかなりの人数がキャンセル席を探していると思われますが、中山大障害ではそれほどでもないと考えられるからです。

もちろん最初の抽選で当たる方が良いので、やはりJRAカード会員には登録することをおすすめします。

初年度会費無料という情報もあるので上手く利用し、指定席を取ってオジュウチョウサンの最後のレースを堪能しましょう。

コメント