大阪刑務所で販売されている日用品の値段が高すぎ?指定業者を暴露!

ニュース

大阪刑務所で販売されている日用品ついて話題になっているのをご存知でしょうか?

なんと刑務所内で販売されているティッシュや歯ブラシなどの日用品の値段が通常よりもかなり高額であることが分かりました 一体どのくらい高額なのでしょうか?販売業者は誰か?

今回は大阪刑務所で販売されている日用品の値段が高すぎ?指定業者を暴露!について深く掘り下げていこうと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

大阪刑務所で販売されている日用品の値段は?

日用品の値段とは?

まずボックスティッシュの値段についてですが16年時点での値段は800枚入りで594円と一般価格の約4.5倍になるそうです。

歯ブラシの場合1本181円と一般価格の約1.7倍の値段、男性用のパンツ1枚の値段は702円と一般価格よりもかなり高額であることが分かりました。

日用品は誰もが使うものですし高額になってしまうと沢山買うことが出来なくなってしまうので困りますよね?

まして今の時期は花粉が飛ぶ季節なので花粉症の受刑者もいるかと思います。 ティッシュが無いと鼻をかんだりすることが出来なくなるため本当に酷いニュースだと思いました。

 

 

受給者の報奨金の金額は?

受刑者が所内の作業で報奨金が得られるのですが報奨金は月額約4500円になるそうです。なので日用品が高額なのは受刑者にとって死活問題になります。

日用品が高額で買えなくなる事も想定出来るので早めの価格改定が必要になりそうですね。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

大阪刑務所で日用品を販売している指定業者は誰?

続いて気になる大阪刑務所で日用品を販売している業者について調べました。

結論からいいますと大阪刑務所で日用品を販売している指定業者は分かりませんでした。

以前は財団法人が販売していたそうですが2011年末に東京の会社に変更されその頃から高額商品が増えていったそうです。

 

スポンサードリンク

ネットの反応は?

ネットの反応は指定業者の価格設定に関しての投稿が多くみられました。これだけおおくの人が同じ事を言っているのでおかしいことは間違いないですね!

すでに受刑者が人権救済申し立てをしているそうなので早期解決してもらいたいですね!

スポンサードリンク

まとめ

大阪刑務所で販売されている日用品の値段について触れてきましたがいかがでしたか?

ネット上には受刑者についてのコメントが数多くあり中には「悪いことをして刑務所に入った訳だからしょうがない」とのコメントもありました。

確かに罪を犯して刑務所に入った訳ですが受刑者も我々と同じ人権があります

受刑者の犯した犯罪を肯定するつもりは全くありませんが犯罪を犯した者には高額商品を売りつけても構わないという不当な扱いは問題あると思います。

大阪刑務所はこの問題をしっかり受け止めてもらい早期解決することを切に願います。

 

 

スポンサードリンク

コメント