プロセカでQAPの意味は?Q部のメンバーの実力がエグすぎる?

プロセカでQAPの意味は?Q部のメンバーの実力がエグすぎる?のアイキャッチ画像 ゲーム

人気のボーカロイド楽曲を中心に、様々な楽曲や譜面が収録されているプロジェクトセカイ。

ユーザー数もかなり増え、盛り上がっていますよね♪

そんなプロセカですが、ゲーム内やSNSなどで「QAP」「Q部」という言葉を見かけたことはありませんか?

知らない方には何のことだかさっぱりわからない単語ですが、プロセカ界隈では知る人ぞ知る言葉です。

今回の記事では、プロセカでQAPの意味や、Q部について解説します。

知らなかった方も、既にご存知の方も、ぜひ最後までご覧ください。

プロセカでQAPの意味は?

プロセカのQAP画像

プロセカでQAPとはどんな意味なのでしょうか?

QAPとは「Quintet ALL PERFECT」の略で、みんなでライブで楽曲をプレイして5人同時にALL PERFECTを取ることです。

また、基本的には最高難易度のMASTER譜面を判定強化などのスキルは無しでのプレイになります。

簡単な難易度であれば、筆者でもAPを取れる曲はあるのですが、高難易度となれば話は別。

とは言っても、APがどれくらい凄いことなのか、ピンと来ないですよね。

では、プロセカにおいてAPとはどれくらい難しいのでしょうか?

次の項目で解説していきます。

APは難しい?

プロセカのプレイ画面(フリック譜面)

プロセカでAPを取るのはどれくらい難しいのでしょうか?

結論から言うと、プロセカのAPはかなり難しいです。

細かい数字まで解説すると非常に複雑になるので詳細は割愛しますが、他の音ゲーと比べてプロセカのPERFECT判定はゆるめです。

しかし譜面の難易度は全体的に高く、最高レベルの難易度の曲ではクリア出来るプレイヤーも限られてくるでしょう。

さらにプロセカでは「フリック」や「ロングノーツ」など特殊な譜面が存在し、高難易度曲では上記の譜面が複合して登場します。

また特殊な譜面ごとに判定の位置が少し違う為、PERFECTを取るには押すタイミングをずらすなど工夫をする必要があるでしょう。

全てPERFECT判定を取った上でフルコンボする必要があるので、高難易度曲をAP出来るのは、ほんの一握りのプレイヤーだけです

Q部について

ここまででQAPについてはわかりましたが、Q部とは一体どういうものなのでしょうか?

Q部とは「QAP部」の略で、QAPするために活動しているグループのこと。

APを目的にしているくらいですので非常にレベルが高く、全国大会に出場するようなプレイヤーも所属しているようです。

Q部のメンバーの実力がエグすぎると言われるのも納得ですね。

メンバーはゲーム内で名前の後ろに「_Q部」のタグを付けているので、すぐにわかるでしょう。

※一部QAP部に所属していないのにタグを付けているプレイヤーがいるようですので、正規メンバーはQAP部の公式Twitterなどを確認して下さい。

筆者も何度かマッチングしましたが、当たり前のように高難度曲でAPやそれに近いスコアを出され、手も足も出ませんでした。

もしランクマッチやみんなでLIVEで出会ったら、相当な実力を持っていないと勝つことは難しいでしょう。

プロセカでQAPの意味のまとめ

この記事では、プロセカでのQAPの意味や、Q部のメンバーの実力がエグすぎる件について解説しましたがいかがでしたでしょうか?

内容をまとめると以下の通りです。

・QAPとはQuintet ALL PERFECTの略で、5人同時に最高難易度(MASTER)譜面でALL PERFECTを達成すること

・判定強化などのスキルも使用不可の為、QAP達成難易度は非常に高い

・Q部とはQAP達成を目的としたグループで、所属プレイヤーの実力はトップレベル

記事作成時点でQAP部が達成した楽曲は正確には不明ですが、ほとんどの曲がAPされているようです。

トッププレイヤーでも安定して取ることが難しいAPを、5人同時に達成するQAPがいかに凄いかわかってもらえたかと思います。

筆者はクリアすらできない曲も多いので、一生達成できる気はしません。

QAP部メンバーは日々QAPチャレンジの配信や動画を上げていたりしますので、興味がある方は視聴してみると新しい発見があるかもしれませんね。

エンターテイメントとして楽しめるだけでなく、トップレベルのプレイを見ることで刺激になる部分もあるでしょう。

いろいろなプレイヤーの活動も含めて、プロセカを楽しんでいけたらいいですね♪

コメント