西武鉄道池袋線で列車が故障?パンタグラフ故障による損害賠償は?

西武池袋線 パンタグラフ 損害賠償 未分類

西武池袋線の保谷駅付近で、準急行列車のパンタグラフにネット状飛来物が付着したことにより列車が故障し、一部区間の運転が見合わせとなりました。

列車の運転が見合わせになると多くの人の予定に影響を及ぼしてしまい、その損失は大変なものとなってしまいます。

パンタグラフにネットが絡まると、どのような故障になるのでしょうか。

この記事では、パンタグラフの故障による損害賠償について調査します。

西武鉄道池袋線で列車が故障?

西武鉄道池袋線の保谷駅付近での準急行列車のパンタグラフに、ネット状のものが付着し列車が故障したそうです。

ほんとにパンタグラフにネットが引っ掛かっているようです。

復旧作業は大変そうですね。

暑い中での作業は、過酷となることが予想されますが少しでも早い復旧を目指して頑張ってほしいところです。

パンタグラフ故障による損害賠償は?

列車のパンタグラフが故障すると損害賠償はどうなるのでしょうか。

損害賠償はパンタグラフ故障の原因を作ったネットの所有者になるのでしょうけど、列車の修理費用や時間利益損失分などいろいろと考えるべきところはありそうです。

パンタグラフ故障による影響は甚大なので、損害賠償額も想像できない額になりそうですね。

パンタグラフの故障により発生する損害賠償や運転再開にかかる時間など調査していきます。

コメント