【PR】このサイトは広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品やサービス等の購入・申込することで、売上の一部が運営者へ還元されることがあります。

スキーでヘルメットとニット帽はどっちがおすすめ?

季節イベント

この記事はスキーでヘルメットとニット帽ではどっちがおすすめかについて解説します。

スキー場に行くと、ヘルメットをかぶっている方とニット帽をかぶっている方がいますよね。

皆さんどのようにかぶるものを選んでいるのでしょうか。

「かわいいからニット帽にしようかな」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、機能性を意識して必要な方を選ぶことが大切です。

「自分の場合はどっちがいいのかな?」と迷う場合はこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ではさっそくスキーを楽しむためにはヘルメットとニット帽のどちらがおすすめなのか見ていきましょう。

スキーでヘルメットとニット帽はどっちがおすすめ?

スキーを楽しむためにはヘルメットとニット帽ではどちらかおすすめなのでしょうか。

調べてみたところ、腕前や楽しみ方によってどちらがおすすめなのかが変わってくることが分かりました。

スキーの初心者なのか上級者なのか、また防寒などの機能やファッション性も気になりますよね!

分かりやすく一覧表にしてみました。

初心者 上級者 安全性 防寒性 ファッション性
ヘルメット
ニット帽

レジャーとして楽しむスキーの際には、ヘルメットかニット帽のどちらを使えば良いかはその時の状況によります。

筆者としては、初心者が安全性を求めるならヘルメット、初心者以外の方がファッション性を求めるのであればニット帽かなと思いました。

筆者が初心者の時は、なんとなくニット帽を選んだ記憶があります。

全くの初心者だったので、重心が後ろに傾いてバランスを崩しこけてしまい、後頭部を強打したことを思い出しました。

選ぶ際にはヘルメットとニット帽それぞれの特徴を見ることで「あなたの場合はどっちがいいか」が分かります。

まずはヘルメットの特徴について見ていきましょう。

ヘルメットの特徴

気になるヘルメットの特徴はどうなのでしょうか。

調べてみると、ヘルメットの特徴としては安全性が確保できるということが分かりました。

筆者のようにスキー初心者なのであれば、練習中こけてしまって頭をぶつけることがあるかもしれません。

そこそこ滑れるようになって、ジャンプしてみたりスキー場に設置されているモーグルコースにチャレンジする場合も同様です。

転んで後頭部を強打するなど、危険がある場合はヘルメットが必要になります。

最近はデザイン性が優れているものがあったり、ゴーグルとヘルメットが一体化していて、眼鏡を付けている方でも使いやすいものが販売されているため、選択肢が増えて試しやすくなっています。

自身に合わせたヘルメットを見つけてみるのも良いですね。

続いてニット帽の特徴について見ていきましょう。

ニット帽の特徴

では、ニット帽の特徴はどうなのでしょうか。

調べてみると、ニット帽の特徴としては濡れても乾きやすく防寒性が優れているということが分かりました。

雪が降ってきてニット帽が濡れてしまっても、乾きやすいので助かりますね。

ニット帽で耳を隠せばある程度温かさもキープできそうです。

さらにデザインやカラーを選ぶことができるため、スキーウェアと合わせておしゃれにコーディネートすることもできます。

スキーでこけることなく安全に滑ることができる場合はニット帽で良いのではないでしょうか。

レジャーでスキー場へ行った時に写真を撮るなら、素敵コーデしたニット帽で撮りたいですね。

スキーでヘルメットとニット帽はどっちがおすすめのまとめ

今回は、スキーでヘルメットとニット帽ではどっちがおすすめかについて調べてみました。

この記事をまとめると次のようになります。

  • 腕前や楽しみ方によってどちらがおすすめなのか変わってくる
  • ヘルメットの特徴は安全性が確保できる
  • ニット帽の特徴は濡れても乾きやすく防寒性に優れている

ヘルメットで安全性を確保する際でも、寒さが気になるようならヘルメットインナーを使用することで防寒対策することができます。

かさばる物ではないのでヘルメットだけでなくニット帽も一緒に用意しておくと良いですよね。

オシャレにはこだわりたいですが、スノーレジャーを楽しむ時にはケガの対策も必須です。

転んで頭をケガすることがないように、必要に応じて適切なアイテムを選んでくださいね。

コメント