日焼け止めを顔に塗るのはいつまで?一番効果がある塗り方について解説

日焼け止め 顔 いつまで雑学

今回の記事では「日焼け止めを顔に塗るのはいつまでが良いのか効果のある塗り方」についてまとめてみました!

野外イベントや日頃のスキンケアのため日焼け止め対策をしている方多いと思います.

しかし、日焼け止めは外出前に1日1回塗れば大丈夫!と思っている方いないでしょうか。

今回はそんな方のために日焼け止めの効果を出すためにいつまでに塗るべきなのか」や「日焼け止めの効果が一番ある塗り方」についてまとめてみました!

スポンサードリンク

日焼け止めはいつまでに塗るべき?

ズバリ日焼け止めは、家をでる前までには塗りましょう!
科学的根拠に基づきますと、日焼け止めは塗った直後に効果を発揮するそうです。
よくきく「肌に定着時間がかかるため、15分〜30分前に塗りましょう」というのは信憑性が低いのかと思われます。

スポンサードリンク

日焼け止めのメカニズム

日焼け止め 顔 いつまで

ここでは「なぜ日焼け止めは塗った直後に効果を発揮するのか」について日焼け止めの成分に注目しながら説明していきますね。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤について

日焼け止めには紫外線吸収剤」もしくは「紫外線散乱剤」という紫外線を防御するどちらかの成分が使われています。
成分の違いは以下の通りです。

紫外線吸収剤☞紫外線のエネルギーを吸収することで、紫外線を防ぐ
紫外線散乱剤☞紫外線を反射・乱射させることで紫外線による影響を防ぐ

これら成分は皮膚の表面に物理的に紫外線から防ぐ膜をつくることで、紫外線を防御しています!
そのためこれらの成分は肌に浸透する必要がないため、皮膚の表面に塗った直後に効果が発揮すると言われています。

よく「日焼け止めはお肌に浸透させる必要があるため15分〜30分前に塗らないといけない」と聞きますが、日焼け止めの効果を発揮するにはお肌に浸透させる必要はないと考えられます。

一方で日焼け止めには伸びをよくするため、潤滑剤という成分が含まれています。
これは塗った直後ベタつきがありますが、1分〜10分ほどしたら揮発するためベタベタ感はなくります。
おそらく、このベタツキがなくなる時間を表現するために信憑性が低い情報が一人歩きしたのでしょうか。
何れにしても、日焼け止め成分の紫外線吸収剤と紫外線散乱剤は塗った直後に効果を発揮すると言われているので、塗る時間には気にしなくて良さそうですね。

スポンサードリンク

効果がある日焼け止め塗り方

日焼け止め 顔 いつまで

ここでは実際に日焼け止めの効果を最大にするための実際の塗り方をご紹介ていきますね。

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めの効果的な塗り方をご説明していきます。

まずは、どちらかの手の甲に日焼け止めを規定量出します

次に、もう片方の手の中指と薬指で日焼け止めを取り、中心から外へくるくると円を描くように塗っていきます。

塗る際は以下の注意点に気をつけて塗りましょう。

・摩擦はシミ・ソバカスの肌トラブルに繋がりますので優しく塗っていきます
・鼻や頰など顔の高い位置は一番日差しが当たりやすいので多めに塗ります
・塗り忘れの多い、おでこの髪の生え際、首、フェイスライン、鼻下も忘れずに塗りましょう

唇も日焼けきになる方はUV効果のあるリップをるといいですね( ´▽`)
気をつけるポイントは多いですが、慣れれば1分もかからないので、参考にしてみてください!

メイク時の日焼け止めを塗る方法

ここではメイクをする時の日焼け止めを塗るタイミングを説明していきます。

1.洗顔→2.化粧水→3.乳液→4.日焼け止め→5.化粧下地→6.ファンデーションの順番で塗りましょう!
日焼け止めを塗るタイミングは基本、化粧下地の前に塗りましょうね。
また、その際のポイントも以下の通り整理してみました!

・日焼け止めは伸びをよくするための潤滑剤が含まれているため、化粧下地を塗る際にベタツキがきになる方は成分が揮発するまで1分〜10分ほど放置しましょう
・最近は化粧下地や乳液を兼用している日焼け止めのものも多くあると思いますので、その場合は、ファンデーションを塗る前に、日焼け止めを塗りましょう
・クリームの後に、日焼け止めを塗ると日焼け止めが綺麗に広がらないため、日焼け止めを塗る際はクリームの使用は控えましょう
筆者は日焼け止めと下地がセットになったメイクアップベースを使ってます。
時短と持ち運びの化粧品道具が減るのでおすすめですよ!

塗り直しを行う

どんなにUV効果のある日焼け止めを塗っても、日焼け止めの効果は持続しないため塗り直す必要があります!

日焼け止めは2〜3時間おきに塗り直すようにしましょう。

汗や皮脂によってよれてしまったり、日中無意識に頰や鼻を触ったりして日焼け止め成分が落ちてしまってます。

また、外ではなく室内にいる時も塗り直すようにしましょう。

室内にいても紫外線は入ってシミたるみの原因となる紫外線A波は窓ガラスを透過しても室内に侵入してくるためです。

塗り直すためのステップをまとめてみました。

①ティッシュやあぶらとり紙で、汗や余分の皮脂をオフ
※そのまま塗り直すのはお勧めできません
②化粧水スプレーや乳液でお肌を保湿してから、日焼けめを塗る
※時間がない時は、乳液と日焼け止めが兼用になったものか、メイク直しもできるBBクリーム・CCクリームを使いましょう
※もっと時間がないという方はスプレータイプやパウダータイプの日焼け止めを使うと良いでしょう

私は、定期的に塗り直すのは面倒なため、オフィスワークしている忙しい時は、出勤前・お昼休み前・午後3時のおやつタイムの合計3回塗るようにしています♪( ´▽`)

スポンサードリンク

日焼け止めの効果的な塗り方についてのまとめ

今回の記事では日焼け止めの効果を出すためにいつまでに塗るべきなのかや効果的な塗り方についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

以下内容まとめますね。

・日焼け止めの成分は紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類ある
・日焼け止めは塗った直後に効果が発揮するため、任意のタイミングで塗っても問題ないと言われている
・日焼け止めを塗る際は摩擦が起きないようにと塗り残しがないようにこまめに優しく塗る
・メイク時日焼け止めを塗る際は化粧下地の前に塗る
・外や室内にいても2〜3時間おきに塗り直しは必ず行う
日焼け止めの効果を最大限発揮するには塗り方や塗り直しの方法がポイントになってくるということがわかりました!
また、日焼け止めは日焼対策をしたい任意のタイミングで塗れば大丈夫というなのかもしれませんね。
しかし、使われる化学成分は日焼け止めの種類によって異なりますので、使用方法はそのメーカーさんが提示する方法を参考にしたほうがいいかもしれません(^ ^)

コメント