刀剣乱舞の三日月が絶対に出てくるレシピはある?確率が高いのは?

刀剣乱舞の三日月が絶対に出てくるレシピは?アイキャッチ画像 ゲーム

刀剣乱舞の中でも特に人気の刀剣の一振りである三日月宗近。

持っていなければ入手しておきたい所ですが、レア度も高いのでなかなか出ない刀剣でもあります。

三日月の入手方法は主に鍛刀ですが、絶対に出てくるレシピはあるのでしょうか?

もしあるのなら、知っておきたいですよね。

今回の記事では、刀剣乱舞で三日月が絶対に出てくるレシピはあるのか?ということについて解説します。

出やすいレシピを使って、無駄な鍛刀をせずに効率よく三日月を手に入れましょう。


刀剣乱舞の三日月が絶対に出てくるレシピはある?

刀剣乱舞の三日月の刀帳画面

三日月が絶対に出てくるレシピはあるのでしょうか?

結論から言いますと、三日月が絶対に出てくるレシピは存在しません

刀剣乱舞では、三日月に限らず特定の刀剣が必ず鍛刀出来るレシピは無いようです。

しかし、刀種ごとに出やすいレシピは存在します。

中には投入する資材の配分を間違えると絶対に出てこない刀剣もあるので、注意が必要です。

三日月の刀種は太刀なので、まずは前提として太刀が出るレシピを使って鍛刀する必要があります。

では、その中でも三日月が出る確率が高いレシピはあるのでしょうか?

次の項目で解説します。


確率が高いレシピは?

このように、Twitterで三日月が出る確率が高いレシピで報告は多いのはALL950のようです。

三日月が出る黄金レシピとも言われているので、資源に余裕があれば、ぜひALL950で鍛刀してみましょう。

また、三日月を効率的に入手する方法は他にもありますので、次の項目で触れていきます。


効率的に三日月を入手する方法は?

刀剣乱舞4-4京都マップ画像

鍛刀で出やすいレシピをご紹介しましたが、資源も多く使うので、出来ればもっと効率良く三日月を入手したいですよね。

ここからは、さらに三日月を効率的に入手するための方法を解説します。

札の使用

前述の通り鍛刀確率はかなり低い三日月ですが、鍛刀時に「札」を使用することで、出る確率を上げることが可能です。

特に富士札は、鍛刀確率が10倍程度になるとも言われています。

貴重なアイテムですが、三日月のようなレア刀剣を入手するためにあるようなものなので、札を持っている場合は積極的に使用するのも一つの手段です。

ドロップでの入手

また、三日月は鍛刀だけでなく、通常マップでのドロップでも入手可能です。

三日月がドロップするのは、4-4ボスマス、5-4ボスマスです。

ドロップ率はどちらも低いようですが、4-4や5-4をクリア出来る戦力が揃っている場合は、鍛刀と平行して周回も行うと良いでしょう。

ただし、刀剣乱舞では、同じマップのボスを10回撃破すると「検非違使(けびいし)」という特殊な敵がランダムで出現するようになります。

検非違使はかなりの強敵なので、あえて10回以上ボスを倒さないようにしているユーザーもいます。

検非違使を倒すことでしかドロップしない刀剣もいるので、自分の本丸の状況と照らし合わせて判断しましょう。

運営からの配布

刀剣乱舞の運営は、過去に三日月を期間限定で全ユーザーに配布したことがあります。

今後もそういったことがあるかもしれませんので、運営からの告知は見逃さないようにしましょう。

年末年始のイベントでの交換

こちらは年に一度の入手方法になりますが、刀剣乱舞では毎年の年末年始にかけて、ログインしてシールを集めると、その時点での最新の刀剣を除いた好きな刀剣に交換できるというイベントを開催しています。

三日月も交換対象ですので、どうしても入手できない場合は、この時期を待ってもいいかもしれませんね。


刀剣乱舞の三日月が絶対に出てくるレシピのまとめ

この記事では、刀剣乱舞の三日月が絶対に出てくるレシピについて解説しましたが、いかがでしたか?

今回の内容をまとめると以下の通りです。

・三日月が絶対に出てくるレシピは存在しない

・三日月が出る確率が一番高いレシピはALL950、可能なら札も使用して確率を底上げする

・4-4、5-4のボスドロップでも入手出来るので平行して周回するのもありだが、検非違使には注意

・不定期で運営から配布されたり、年末年始のイベントで交換できる場合もあるのでその機会を待つのもあり

少しでも効率的に入手するために、以上のことをしっかり意識すると良いでしょう。

2022年5月現在、三日月にはついに極の姿も実装され、ストーリー的にもかなり重要なポジションにいる、まさに刀剣乱舞の顔とも言える刀剣です。

強さは勿論ですが、キャラクターとしても非常に魅力的なので、この機会にぜひ入手しておきたいですね♪


コメント