東京オリンピックの交通規制2021はいつからいつまでされる?

東京オリンピックの交通規制未分類

いよいよ開催される東京オリンピックですが、気になるのが交通規制ですよね。

交通規制になるエリアはどのあたりなのでしょうか?

また競技会場近くにお住まいの方や、仕事があって通勤で近くの道など利用される方は、交通規制の期間ががいつからいつまでされるのか知っておきたいところです。

車を利用して会場へ行く予定の方は、公共駐車場が利用できるのか、事前に予約できるのかも気になるところですよね。

東京オリンピックの交通規制はいつからいつまでなのかリサーチしました!

交通規制はいつからいつまで?

東京オリンピックの交通規制

交通規制はいつからいつまでなのでしょうか。

東京オリンピックの期間である2021年7月23日(金)~8月8日(日)

東京パラリンピックの期間である2021年8月24日(火)~9月5日(日) です。

元々はオリンピック期間中、終了時刻の遅い競技の観客の帰宅用に臨時列車を運行する予定がありましたが、首都圏が無観客となったため大会中の臨時列車の運行は取りやめることが発表されました。

無観客だと、車を利用する場合の道路の規制対象エリアに変更があるのかや規制を行うのかが気になりますよね。

では、規制対象のエリアはどこになるのでしょうか。

規制対象のエリアは?

東京オリンピックの交通規制

規制対象エリアをリサーチしました。

東京オリンピックの会場周辺のエリアが交通規制の対象となっています。

  • オリンピックスタジアム・東京体育館
  • 国立代々木競技場
  • 日本武道館
  • 東京国際フォーラム
  • 国技館
  • 馬事公苑
  • 東京スタジアム・武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • 武蔵野の森公園
  • 有明4会場
  • 台場3会場
  • 大井ホッケー競技場
  • 東京アクアティクスセンター・東京辰巳国際水泳場
  • 夢の島公園アーチェリー場
  • カヌー・スラロームセンター
  • 海の森水上競技場・海の森クロスカントリーコース
  • 選手村
  • 東京ビックサイト
  • 横浜スタジアム
  • 横浜国際総合競技場
  • 幕張メッセAホール・Bホール・Cホール
  • 釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ
  • 霞が関カンツリー倶楽部
  • 陸上自衛隊朝霞訓練場
  • さいたまスーパーアリーナ
  • 埼玉スタジアム2002

こちらの会場周辺で交通規制が行われるので、周辺住民の方や通勤ルートなどで使っている道が当てはまる方は注意が必要ですね。

無観客会場のエリアは交通規制しないのかと思っていましたが、交通規制されるようです!

公共駐車場の予約や利用は可能?

東京オリンピックの交通規制

東京オリンピック期間の公共駐車場の予約や利用は可能なのでしょうか?

公共駐車場の予約、利用は可能です!

利用者は大会用駐車場予約システムで予約することにより、公共駐車場や民間事業者運営駐車場を利用することが可能です。

一般道における道路交通対策の一つとして、会場周辺での駐車場探しによるうろつきを抑えるためにこのような事前予約システムの導入を検討しているようです。

駐車場探しでうろつくと渋滞の原因になりますし、交通事故の危険もあるのでこのように事前に予約ができると、安心できますね。

筆者もイベントに車で向かった際、空いている駐車場を探すのにあたふたした経験があるので、このような予約システムがあると凄く安心して会場に向かえるのでいいシステムだなと思いました!

東京オリンピックの交通規制はいつからいつまでのまとめ

この記事では東京オリンピックの交通規制はいつからいつまでなのか解説しましたがいかがだったでしょうか。

この記事をまとめますと、

  • 交通規制は東京オリンピック期間の2021年7月23日(金)~8月8日(日)
  • 東京パラリンピック期間の2021年8月24日(火)~9月5日(日)
  • 交通規制エリアは競技会場周辺
  • 公共駐車場の利用可能
  • 事前予約システムで公共駐車場を事前に予約可能

会場周辺道路を利用される方は、事前に交通規制エリアの確認をおすすめします。

駐車場は事前に予約できるシステムが導入されているので、当日に慌てることなく安心ですね。

渋滞や交通事故対策がしっかりされています。

駐車場利用されるかたは忘れずに予約しましょう!

コメント