東方アルカのリセマラの止め時は?当たりや終了ラインを解説

東方アルカリセマラ止め時 ゲーム

弾幕シューティングゲームの代表作である東方プロジェクトから、スマートフォン向けアプリ”東方アルカディアレコード”が2022年7月28日に配信され、大きな話題を呼んでいます。

一つの作品に対して毎年同人イベントが開かれるなど、東方の人気は計り知れないことから、ゲーム性やガチャに対して大きな期待を持っている人も多いのではないでしょうか?

ソシャゲを始めるにあたり外せないのが、目当てのキャラやアイテムを引くまで繰り返すリセマラですが、何が出たら止め時なのか迷ってしまいますよね?

この記事では東方アルカにおけるリセマラの止め時について解説していきます!

リセマラの止め時は?

東方アルカ止め時

ではそんな東方アルカのリセマラですが何を引いたら止め時なのでしょうか。

筆者の感想からすると東方アルカのリセマラは一番レア度の高い星3が一体排出されたらOKかと思います!

中でも記事作成時点でのおすすめ星3キャラは以下の通りです。

  • 霧雨魔理沙
  • 博麗霊夢
  • レミリア
  • 八意永琳

東方を好きな方からするとやはりといったラインナップですよね!

これらのキャラクターはステータスも他の星3に比べてはるかに魅力的なので、ぜひ引き当てたいところです!

しかし、星3キャラの排出確率は2.5%と他のソシャゲに比べてわずかながら低くなっているため、リセマラを繰り返しても引けない可能性はあります。

では上記のおすすめがどうしても引けなかった場合、どこまでが妥協ラインなのかも見ていきましょう!

終了の妥協ラインは?

東方アルカガチャ妥協ライン
さて、おすすめのキャラが引けなかった場合に備えて、どこが妥協ラインなのか解説していきます。

妥協ラインとしては前述した通り星3のキャラが一体でも引ければそこで妥協していいでしょう。

東方アルカでは10連することで星2のキャラが確定で排出されるため、人によっては大量の星2を揃えることもできるかもしれません。

しかし、星2が複数いるよりかは星3が1体いる方が以降ストーリーを進めやすくなりますので、星3を引けるまでは根気強くリセマラをおすすめします!

星3が当たるまで場合によってはリセマラを繰り返すことにもなると思いますので、リセマラの効率のいいやり方についても見ていきましょう!

リセマラの最速のやり方

東方アルカリセマラやり方

東方アルカのリセマラにおいて注意しなければならないことがあります。

それはリセマラに向いていないソシャゲであることです。

通常ソシャゲではリセマラの際アプリのアンインストール後、再インストールすることでアカウントをリセットしガチャを引くことを繰り返すことになると思います。

しかし東方アルカはアンインストールしてもアカウントデータは削除されず、別途アカウント削除申請が必要となるのですが、なんとこれには15日程度要するとのことでした。

Gmailアドレスを複数用意することで15日を待たずにリセマラすることもできますが、それでもだいぶ手間がかかってしまうので、覚えておきましょう!

東方アルカのリセマラについてのまとめ

この記事では東方アルカにおけるリセマラの止め時について解説してきましたがいかがでしたか?

まとめると

  • 最高レアの星3一体でれば妥協ライン
  • 星3の中でもおすすめが4体いる
  • 東方アルカのリセマラには他のソシャゲより時間と手間がかかる

ガチャ自体確率に左右されることからリセマラは人によっては膨大な時間を要してしまう可能性もあります。

東方アルカはリセマラに向いていないことからおすすめキャラを引けない場合がありますが、それでもゲーム開始直後に有能なキャラクターを引くことが出来ればその後の攻略に大きな影響を与える事でしょう。

この記事を参考にしていただき、是非自分なりのリセマラの止め時を探してみてはいかがでしょうか!

コメント