不発弾が爆発したらどうなる?失敗の可能性と被害範囲について解説!

不発弾 爆発 被害範囲 どうなる  ニュース

不発弾が爆発したらどうなるのでしょうか。

また、不発弾処理失敗の可能性や爆発した時の被害範囲についても気になります。

そこで、不発弾が爆発する可能性と処理に失敗して爆発した時の被害範囲について調査し解説をしていきたいと思います!

不発弾が爆発したらどうなる?

近年、日本で見つかっている不発弾はそのほとんどが太平洋戦争中のもので平均して60年以上が経過していると言われています。

写真などを見る限りでは腐食が進行しており、とても爆弾としての機能を維持しているとは思えません。

しかし万が一、爆発でもしてしまったら多くの人の命を奪ってしまいます。

不発弾に関する正しい知識を身に付けて、自宅の近くで不発弾が見つかった際の対処に役立てたいものです。

不発弾処理失敗の可能性と被害範囲は?

不発弾処理が失敗したらどうなってしまうか気になっている人は多いようです。

ツイートにもあるように確かに過去の不発弾処理の失敗や不発弾が爆発したという話は耳にしないですね。

失敗の可能性や被害範囲が分からないため、とりあえず避難を呼びかけておこうみたいな流れになっているのでしょうか。

人の命にも関わりますので、不発弾処理の失敗の可能性と正確な被害範囲について調査し追記していきたいと思います!

コメント