【PR】このサイトは広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品やサービス等の購入・申込することで、売上の一部が運営者へ還元されることがあります。

渡辺梓の現在の仕事は?家族構成や年収はどのくらいか調査

人物

1989年NHK連続テレビ小説「和っこの金メダル」で一躍注目を浴びた女優である渡辺梓さんですが、最近テレビでお見掛けする機会が減ったような気がしませんか?

出演作品は数多く、目にする機会も多い女優さんのため、現在何をなさっているのかとても気になります。

そんな渡辺梓さんですが、ご家庭を持ちながらも様々なことにチャレンジしているようなんです。

今回は、渡辺梓さんが現在どのようなお仕事をされているのか、家族構成や年収まで調べてみました!

渡辺梓の現在

渡辺梓さんは現在どのようなお仕事をなさっているのでしょうか。

調べてみたところ、渡辺梓さんは現在主に2つの仕事をしています。

  • 女優業
  • 似て非works

それぞれについて詳しく見ていきましょう!

女優業

まずは、気になる女優業についてですが、渡辺梓さんが運営されているSNSのプロフィール文にも「役者です」と書いてあるため女優業は継続しているようです。

2024年1月現在でメディアに出る予定のものをまとめてみました。

映画 2024年1月12日~ 「風が通り抜ける道」
映画 2024年2月2日~ 「神さま待って!お花が咲くから」
ドラマ 2024年1月30日 サスペンス劇場「奥様は警視総監」(再放送)

映画やドラマにもこれだけ出演されているのですから、間違いなく「役者さん」ですね!

似て非works

また、SNSのプロフィール文には「似て非worksという名前でアート活動をしています」という文字がありました。

「似て非works」について調べてみたところ、渡辺梓さんがご結婚されたお相手である美術家の稲吉稔さんと協働で始めたプロジェクトのようです。

2010年に設立され、「似て非なる」という言葉からインスピレーションを受けて開始されました。

似ているようで異なるということをテーマにして、「元〇〇」というようなもともとなにかであったものを違うものにするアートを行っているんだとか。

リノベーション作品を作ることだけでなく、デザイナーさんのサポートや建物のリノベーションまで幅広く行っています。

実は、もともとは旦那さんである稲吉稔さんのサポートを行っていた渡辺梓さんでしたが、やっていくうちにのめり込んでしまい現在はメインでも活動しているようです。

オフィシャルサイトを拝見したところ、イベントなどの活動も精力的に行っていて、個人的には「ゆたかなイばしょ」というアートギャラリーには行ってみたくなりました!

もともとあったものを使用したアートだからか、温かみがあって子供も大人も楽しめそうな気がしました。

では、このようなプロジェクトを一緒に行っている渡辺梓さんの家族構成はどうなっているのでしょうか?

渡辺梓の家族

渡辺梓さんは、美術家である稲吉稔さんと1994年に結婚しました

その後お二人のお子さんにも恵まれており、息子さんと娘さんだそうです

娘さんに関する情報は見つからなかったのですが、息子さんは稲吉ひかりさんというお名前で5人組ユニット「Boom Trigger」でラップとダンスを担当しています。

渡辺梓さんのSNSでも息子さんのデビューイベントを宣伝するなど、ご家族の仲睦まじい様子がうかがえるものがいくつもありました。

娘さんは以前渡辺梓さんのFacebookに登場されていたことがあり、一緒に舞台にいったと写真が掲載されています。

渡辺梓さんにそっくりのとても美人さんでした。

一緒に写真を撮ったりできる仲であり、仲良しなんだろうなぁとほっこりしてしまいますね!

そんな、ご家族と幸せに暮らしながら好きなことをお仕事にしている渡辺梓さんですが、現在の年収はどのくらいなのかも気になりますね。

渡辺梓の現在の年収

渡辺梓さんのお仕事による年収はどのくらいなのでしょうか。

調べてみましたが、年収の目安になる情報はかなり少なく、はっきりした情報はわかりませんでした。

こちらも「女優業」と「似て非works」、それぞれで考えていきたいと思います。

女優業

一般的な女優さんの給料は、月給制または、歩合制となっているようですが、渡辺梓さんはフリーで活動なさっているので作品ごとの収入のみになっていると考えられます。

出演料の目安をまとめてみました。

作品 一本当たりの収入
映画 25~30万円程度
テレビドラマ 100万円前後(1話あたり)
CM 1000万円程度

2023年度に出演した番組は、映画が2本、テレビドラマが1本、CMはありませんでしたので、単純計算で映画で50~60万円、テレビスペシャルドラマ1本で100万円ですので150~160万円と考えられます。

似て非works

では、リノベーション職人の方の年収はどうでしょうか。

計算してみたところ、渡辺梓さんの似て非worksでの年収は1000万円ほどと考えられます。

一般的なリノベーション職人さんのお給料は平均で455万円と言われています。

渡辺梓さんの場合はそれ以外にも朗読劇などのイベントに参加したり、リノベーションカフェを貸切るなどの報酬もあるようです。

また、スペースの貸し出しも行っているようで、それに関しては料金が分かりました!

金土日・祝日のパーティスペース貸し出し
  • 10:00~16:00ー45,000円
  • 17:00~22:00ー62,000円
  • 10:00~22:00ー90,000円
展覧会スペース貸し出し
  • 狭いスペース1週間:80,000円
  • 広いスペース1週間:200,000円

仮に、週に一回週末にパーティプランで夕食にスペースを貸し出して月248,000円、月に1回1週間展覧会広いスペースを貸し出して200,000円とします。

そうすると、女優業で年150万円、リノベーション職人さんの平均年収455万円、スペース貸し出しで537万円で合計1000万円以上になりますね。

この他にレストランやイベントの収入もあるとなると、かなりの年収になりそうです。

予想にはなりますが、好きなことをしながら収入も安定しているのを見ると幸せそうでうらやましいです。

渡辺梓の現在のまとめ

この記事は渡辺梓さんの現在について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると以下のようになります。

  • 渡辺梓さんは女優業をしながらリノベーション職人をしている
  • 渡辺梓さんは家族と仲良く好きなことをしながら生活している
  • 年収は1000万以上かもしれない

渡辺梓さんは、女優という地位を築きながらも、自分の好きなことへの才能を開花させて活動しています。

もともとあったものを使って違うものを作るという行為は発想力や、応用力が必要だと思うので、リノベーションに関しても才能があったということかもしれませんね!

ご夫婦でアートを作り上げるというのもとても素敵だなと思います。

いつか、「ゆたかなイばしょ」にも行ってみたいです!

コメント