山田祐貴のアイラインは化粧が濃いでキス我慢は何と毛深い原因やエキストラは?

俳優

海賊戦隊ゴーカイジャーのごーかいブルーで知られる山田祐貴さんが今話題になっていますね。

そのクールなルックスもそうですが俳優としての評価も高く今注目の俳優さんです。

そんな山田さんですがすっぴんでもアイラインが引いているように見えたり化粧についてネットで囁かれていますが果たして真相は?

今回は山田祐貴のアイラインは化粧が濃いでキス我慢は何と毛深い原因やエキストラは?について解説します。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

山田裕貴さんのプロフィール

名前:山田裕貴

生年月日:1990年9月18日

年齢:28歳

血液型:O型

出身地:愛知県名古屋市

身長:178㎝

事務所:ワタナベエンターテインメント

高校卒業後、芝居の勉強をするためにワタナベエンターテイメントカレッジに入る。(6期)卒業。2010年に開催された「D☆DATE新メンバーオーディション」のファイナリストとなったが、D☆DATEの新メンバーには選ばれなかった。しかし、事前投票で1位だったこともあり、ファイナル開催時に急遽設けられた「D-BOYS部門」のグランプリとなる。その後ワタナベエンターテインメントに所属。グランプリ受賞時には「D-BOYSに加入」と発表されていたが、同年12月、D2に加入。

2011年、テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役で俳優デビュー。

2012年6月、テレビドラマ『D×TOWN「ボクらが恋愛できない理由」』で初主演を務める。

2013年7月、D2メンバー初のソロ写真集を出版する。同年10月にD2がD-BOYSに加入し、D-BOYSメンバーとなる。

2014年、『ライヴ』で映画初主演を務める。

2016年8月、舞台『宮本武蔵(完全版)』で舞台初主演を務める。作品は読売演劇大賞優秀作品賞を受賞した。

2017年は『おんな城主 直虎』で大河初出演を果たした他、映画だけで14本出演し、うち12本が公開になるなど飛躍の年となり、その役柄と印象のふり幅から「カメレオン俳優」とも呼ばれるようになった。

※出典 wikipedha

山田裕貴さんのお父さんはなんと元プロ野球選手の山田和利さんで父親の影響からか小中学校まで野球をしていたそうです。

しかし途中でプロ野球選手にはなれないなと感じたそうで高校で野球をやめてしまったそうなのです。

父親が元プロ野球選手ということもあって周囲の視線やプレッシャーがあったのでしょうか?

過度の期待をさらながらだと好きな事も苦痛に感じてしまいそうですね。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

山田裕貴さんの目はアイラインが(化粧が)濃いのが原因?

山田さんは目力の強い特徴的なルックスですが常にアイラインをしているのでは?とネットで話題になっているようです。

そこで真相を探るべく調査してみましたが本人がアイライン騒動について釈明していました。

どうやらまつ毛が濃いのですっぴんでも化粧をしているように見られていると悩みの投稿がされていました。

確かに学生役だと化粧をしている男子学生って何か違和感がありますよね?

役作りが難航してしまうまつ毛の濃さと男性ホルモン発信中の山田さんの悩みはしばらく尽きる事は無さそうですね(笑)

スポンサードリンク

山田裕貴さんのキス我慢とは?

山田さんのキス我慢について調査してみました。

山田さんの公式ブログで以下の書き込みが見つかりました。

今日は

発声レッスンがのあと

昨日に引き続き

劇団
柿食う客
女体シェイクスピア
『迷走クレオパトラ』を観劇後

根岸拓哉
大久保祥太郎
志尊淳と4人で

昨日
17日から
公開されました

私、山田裕貴も出演させております
(ちょびっと(笑))

『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキックラブ』

観に行きました!!

めちゃくちゃ笑った~

この映画は

ぼくの大好きな
ゴッドタンという番組の中の企画

キス我慢選手権というコーナー

美女の誘惑から堪え
キスを我慢するという

この企画が発展し

とんでもないアドリブ映画になったのです

主人公
劇団ひとりさん(川島省吾)だけは

設定も台本も渡されず

素晴らしいキャスト
スタッフさんのチームワークで動く

作品の中に

アドリブだけで
飛び込んでいくという

とんでもない映画です(笑)

劇団ひとりさんの
天才的な言葉選びで

劇場は
大爆笑でした

笑えるし泣けるし

最強のエンターテイメントだと思いました(笑)

ぜひ
山田裕貴がどこにいるか
探しがてら

劇場へ
足をお運びください

さて~
明日は取材行ってきます

それでは
明日も自分の力を信じて

※出典 公式ブログ

山田さんはテレビ東京のバラエティ番組「ゴッドタン」のファンということでゴッドタンの人気企画から生まれたキス我慢選手権の映画に出演していた&俳優仲間と映画館へ足を運んで見に行った事を自身のブログで報告されていました。

映画内では主演の劇団ひとりさんのアドリブ演技に称賛するとともに映画のクオリティについて絶賛する書き込みが見られました。

そこまでほめる映画だと少し興味が湧いてきてしまいますね。筆者は見ていないので機会があれば見て見たいなと思います。(多分見ないかも?(笑))

 

スポンサードリンク

山田裕貴さんは全身が毛深い?

山田さんはまつ毛が濃いのでアイラインをしているようだと噂されていた件で自身のツイッターで全身毛深い事を告白していたようですが他にも毛深いエピソードが見つかりました。

山田さんが初主演映画を務める「ライヴ」の舞台挨拶で登場した際共演者が劇中の短パンとランニング姿で登場したのですが何故か山田さんだけ中に黒いジャージを着こんでいたそうなのです。

その理由を共演者に聞かれると山田さんは「僕も脱ぎたいのはやまやまなんですが、短パンだけ事務所NGが出まして…(苦笑)」と説明したそうです(笑)

事務所的に山田さんの毛深い体を披露してしまうとマイナスイメージがついてしまうからNGを出したのでは?と予測できそうですね

これは本人からしたら非常に不本意でしょう・・・

事務所の方針とはいえ納得できなそうですね。

 

山田裕貴さんの下積みはエキストラから?

 

山田さんは下積み時代の苦労をツイッターで話されていました。

仕事が無い時代はエキストラの仕事が来る度喜んで受けてセリフが一つだけでも愚痴や文句も言わずに淡々とこなしていったそうです

他人のせいにしないで地道にキャリアを積み重ねていった苦労が結果に繋がったのではないでしょうか?

我々には分からない苦労があったかと思いますがその努力が今に繋がったということで本当に良かったですよね!

今後も出演作品がどんどん増えていくかと思いますが進化し続ける俳優山田裕貴さんから目が離せません!

 

スポンサードリンク

コメント