ゆるキャン△で映画のティザービジュアルの場所はどこか調査!

映画

この記事では、ゆるキャン△で映画のティザービジュアルの場所はどこなのか解説していきます。

先日、ゆるキャン△の公式から映画が公開される時期が2022年初夏と発表されました。

同時にティザービジュアルも公開され、ティザービジュアルを見たゆるキャン△ファンはより一層映画上映が楽しみになったのではないでしょうか。

そして、ゆるキャン△ファンには聖地巡礼も欠かせませんよね。

今回発表された映画のティザービジュアルの場所はどこなのでしょうか。

調査しましたので以下にて解説していきます。

ゆるキャン△で映画のティザービジュアルの場所はどこ?

住所山梨県南巨摩郡富士川町高下

映画ゆるキャン△のティザービジュアルの場所は、ダイヤモンド富士ビューポイントの駐車場として人気のスポットです。

ゆるキャン△は聖地の再現度が高いことが魅力の一つですが、ティザービジュアルと写真を見比べると映画の再現度も非常に高いことがわかりますね。

アニメゆるキャン△2期では伊豆を舞台とした伊豆キャンも行われましたが、ティザービジュアルの場所である富士川町は身延町と同じ南巨摩郡となります

身延町から車で20分ほどの町が舞台となれば、ゆるキャン△ファンが聖地巡礼するルートの幅が広がりそうですね!

映画の舞台について

ティザービジュアルの場所は判明しましたが、実はこの場所、アニメゆるキャン△にも登場していた場所なのです。

アニメゆるキャン△2期の2話で大垣千明・犬山あおい・犬山あかり・鳥羽先生が初日の出を見た後にダイヤモンド富士を見に行ったものの、見逃してしまった場所です。

アニメ2期と映画がこういった形で繋がっているというのは面白いですね。

映画ゆるキャン△では、今度こそこの場所でダイヤモンド富士を見るというエピソードがあるのかもしれません。

聖地となる場所を考察

映画ゆるキャン△はまだティザービジュアルしか公開されておらず、内容もオリジナルストーリーである可能性が非常に高いです。

そのため聖地となる場所はまだわかりませんが、ティザービジュアルの場所は判明したため、そこから予想してみようと思います。

ティザービジュアルの場所は、山梨県南巨摩郡富士川町高下なので富士川町周辺を野クルメンバーたちが散策する可能性が高いと思います。

富士川町周辺の観光スポットを調べて、特に可能性が高いと感じた場所を3つ紹介します。

・大柳川渓谷 (住所:山梨県南巨摩郡富士川町十谷)

・まほらの湯 (住所:山梨県南巨摩郡富士川町長沢1757-2)

・増穂ふるさと自然塾 (住所:山梨県南巨摩郡富士川町平林3337−11)

上記の3つを挙げた理由を簡単に説明します。

大柳川渓谷は、大小の吊り橋が10個ある人気のトレッキングスポットです。

体力を持て余しているなでしこならすぐに食いつくような場所だと思います。

まほらの湯は、名前の通り温泉です。

ゆるキャン△を語るには温泉は外せませんよね。

増穂ふるさと自然塾は、様々な自然体験ができる施設なのですが、こちらには野営をできるゾーンがあり、テントサイトもあります

この場所で野クルメンバーがテント泊をするのではないでしょうか。

他にも富士川町には色々な観光スポットがあるので、ゆるキャン△の聖地となりそうな場所を探してみるのも面白いかもしれません。

ゆるキャン△で映画のティザービジュアルの場所はどこかのまとめ

この記事はゆるキャン△で映画のティザービジュアルの場所はどこなのかを解説しましたが、いかがでしたか?

まとめると、

  • ゆるキャン△で映画のティザービジュアルの場所は山梨県南巨摩郡富士川町高下。
  • 映画の舞台は、アニメゆるキャン△2期の2話で訪れた場所。
  • 聖地となる場所は、富士川町周辺のスポットである大柳川渓谷・まほらの湯・増穂ふるさと自然塾と予想。

以上になります。

映画ゆるキャン△のティザービジュアルの場所はどのようなエピソードで登場するのでしょうか。

先述しましたが、ゆるキャン△は聖地の再現度が高さが魅力の一つです。

それに加えて、志摩リン・各務原なでしこの両主人公をはじめとしたゆるキャン△の登場人物がその場所で楽しそうにしている姿を見ると、自分も行ってみたくなる気持ちになりますよね。

映画でもそういった気持ちにさせてくれると思います。

そして、映画が上映されたならば聖地となる場所が増え、山梨県のゆるキャン△色がより一層強くなることを期待しています。

コメント