有馬記念2022の指定席の予約はいつから?倍率や値段を調査

競馬

この記事は、有馬記念2022の指定席の予約はいつからなのかについて解説します。

有馬記念はファン投票で選ばれた馬を中心に行われる、競馬界1年の総決算のレースです。

2022年は12月25日(日曜日)15時25分の発走予定で、中山競馬場芝コース2500mで争われます。

有馬記念2022の指定席の予約はいつから出来るのか、とても気になりますよね。

また毎年指定席の抽選倍率がとても高いようなのですが、2022年はどの位になるのでしょうか。

有馬記念2022の指定席の予約はいつからなのかを徹底調査しました。

有馬記念2022の指定席の予約はいつから?

有馬記念2022の指定席の予約は、いつから出来るのでしょうか?

記事作成時点ではっきりした情報は分かっていませんが、有馬記念指定席の予約は、2022年12月9日(金)12時00分から可能と推測できます。

これは「指定席予約サイト」で指定席予約スケジュールを公表していて、それに当てはめると上記の日程となるのです。

指定席予約はJRAカード会員と一般会員で日程が異なり、まとめると次のようになります。

  • JRAカード会員 12月9日(金)12時00分から12月11日(日)23時00分まで
  • 一般会員 12月13日(火)17時00分から12月15日(木)18時00分まで
このようにJRAカード会員は先行抽選に応募できるため、一般会員より有利になりますね!
またどちらも応募期間が短いので、逃さないように注意しましょう。

次に当選倍率について解説していきます。

指定席の当選倍率は?

当たらないと噂の有馬記念の指定席ですが、倍率は一体どれ位なのでしょうか?

有馬記念の指定席最終倍率は毎年発表がありませんが、直前の応募状況からおよそ50倍前後と推測できます。

なんとも凄い倍率で、これに当たるとは到底思えませんねww

最終倍率は非公表ですが、JRAはGⅠレースに限り締め切り1.5日ほど前の応募状況を公表しています。

2021年の各指定席の応募状況は以下の通りです。

指定席名 発売席数 公表倍率 推測応募数
G-Seat 228 28.9 6589
A-Seat 508 53.0 26924
V-Seat 428 28.1 11971
K-Seat 212 29.0 6148
UMACAシート 95 25.2 2394
B-Seat 136 54.7 7847
ボックスシート 96 84.9 8150
車椅子席 4 23.0 92
合計 1705 41.1 70115

抽選応募締め切り1.5日前で41.1倍です。

締め切りまでの追い込み応募を考慮すると、最終倍率は50倍前後になると考えられます。

ここで少しだけ良い情報なのですが、2022年の各競馬場の指定席発売数を確認してみると、若干増えているようです。

例えば2022年6月開催の東京競馬場では、全指定席数の約75%が販売されています。

これを有馬記念に当てはめると、約2400席が販売されると推測できるのです。

2021年の1705席からは少しだけ増えますが、でもやはり焼け石に水と言えますよね。

そんなにも当たりにくい指定席ですが、次に指定席の値段も確認してみましょう。

指定席の値段はいくら?

有馬記念2022の指定席の値段はまだ発表がありませんが、2021年とほぼ同額になることが予想されます。

有馬記念当日の指定席料金は他の開催日と異なり、特別料金が設定されています。

2021年の有馬記念当日の指定席料金は以下の通りです。

  • G-Seat  7200円
  • A,V,K-Seat 6200円
  • UMAKAシート 6700円
  • B-Seat 4200円
  • ボックスシート(4名)14800円
  • 車椅子席 6200円
通常開催日の2倍以上の料金ですが、1年の総決算レースということを考えると、妥当な価格といえるのではないでしょうか。

また上記指定席とは別に、一般観覧席のスマートシートを指定席として500円で販売すると考えられます。

また2022年5月の東京競馬場日本ダービーでは、立ち見席として約60000席を販売し、指定席と合わせ約70000人が来場しました。

それを考えると有馬記念も同様の人数の来場が予想され、久しぶりに盛り上がった有馬記念になるのではないでしょうか。

大きな歓声はレースを一層盛り上げてくれるので、楽しみですね。

有馬記念2022の指定席の予約はいつからのまとめ

この記事は有馬記念2022の指定席の予約はいつからかについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると次のようになります。

  • 有馬記念2022の指定席予約は、12月9日(金)12時00分からと推測できる
  • 一般会員は、12月13日(火)17時00分から
  • 指定席の当選倍率は約50倍と推測される
  • 有馬記念の指定席は、通常開催の2倍以上の値段

繰り返しますが、指定席の倍率50倍では馬券を当てるよりも難しいですw

先行抽選に申し込めるJRAカード会員になって、少しでも確率を高めた方が良さそうです。

それでもダメな場合は、立ち見席を申し込んでみましょうか。

または最初から潔く諦めて、指定席料金分を馬券につぎ込むというのもいいかもしれませんね!

いずれにしても2022年の有馬記念、どんな馬が選ばれるのか今からワクワクしますね。

コメント