有馬記念2021の指定席の予約はいつから?倍率や値段を調査

指定席競馬

この記事は、有馬記念2021の指定席の予約はいつから?倍率や値段を調査したものをまとめてみました。

有馬記念は、ファン投票で選ばれた馬を中心に行われる、競馬界1年の総決算のレースです。

今年は12月26日(日曜日)15時25分の発走が予定されていて、中山競馬場の内回り芝コース2500mで争われます。

有馬記念2021の指定席の予約はいつからなのか、とても気になる情報ですね。

さらに当選の倍率はどのくらいで、値段はいくらなのかをみていきましょう!

有馬記念2021の指定席の予約はいつから?

有馬記念2021の指定席の予約は、いつからできるのでしょうか?

記事作成時点では、はっきりした情報はわかっていません。

そこで、昨年の有馬記念2020で実施された日程をもとに推測してみたいと思います。

今年も予約は全て、指定席ネット予約サイトで行われると思います。会員登録が必要で、未成年者は会員登録できません。

指定席ネット予約サイトの会員は、JRAカード会員と、一般会員があり、予約できる日程が違うので注意が必要です。

指定席予約日程推測①JRAカード会員

JRAカード会員の抽選の申し込みは、JRAによると「利用日の3回前金曜12時30分から2回前火曜18時00分まで」となっています。

これを今年に当てはめると次のようになります。

有馬記念2021JRAカード会員予約日程は、12月10日(金曜日)12時30分から12月14日(火曜日)18時00分までとなります。

指定席予約日程推測②一般会員

一般会員の抽選の申し込みは「利用日の2回前木曜16時00分から1回前水曜12時00分まで」となっています。

これを今年に当てはめると次のようになります。

有馬記念2021一般会員予約日程は、12月16日(木曜日)16時00分から12月22日(水曜日)12時00分までとなります。

このようにJRAカード会員は先行抽選が行われるので、一般会員に比べて圧倒的な優位性があることがわかりますね。

指定席の当選倍率は?

有馬記念2021の指定席の当選倍率はどのくらいなのでしょうか?

コロナ禍で行われる今年の有馬記念は、入場者を大幅に縮小して開催されると考えられます。

昨年は指定席を事前購入した人だけが入場でき、当日競馬場での入場券発売はありませんでした。

そこで中山競馬場の昨年の有馬記念指定席発売数、今年開催の指定席発売数をまとめてみました。

中山競馬場に入場できるのは指定席チケットを持っている人だけなので、指定席発売数=最大入場者数と考えられますね。

  • 2020有馬記念 2542人
  • 2021第1回中山競馬 2542人
  • 2021第2回中山競馬 0人(無観客開催)
  • 2021第3回中山競馬 2542人
  • 2021第4回中山競馬 3810人

指定席発売数は、新型コロナウイルスの感染状況に合わせて推移しているのがわかります。

記事作成時点では、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いてきているので、有馬記念2021の指定席発売数(最大入場者数)は、約5000人くらいではないでしょうか。

続いて、コロナ以前の有馬記念入場者数を調べてみました。

  • 2018年12月23日 第63回有馬記念 100,189人
  • 2019年12月22日 第64回有馬記念 90,374人

以上のような資料から、当選倍率を推定してみますね。

毎年10万人前後の人が有馬記念を競馬場で観戦していますが、今年がコロナ禍ということもあり、競馬場で観戦したいと考えている人を8万人と推定します。

しかし入場できる推定人数は5000人ですので、有馬記念2021の当選倍率は16倍(16人に1人)と推察することができます。

JRAカード会員なら当選の可能性があがりますが、それでもプラチナチケットになりそうですね。

指定席のキャンセル待ちについては別記事で解説しておりますので、どうしても指定席を確保したい方は参照下さい^^

合わせて馬券が買えるのはいつからいつまでなのかもチェックしておくとスケジュールが立てやすくて安心できますね!

指定席の値段はいくら?

有馬記念2021の指定席の値段はいくらなのでしょうか?

値段についてはJRAからすでに発表されていて、有馬記念当日の指定席料金は他の開催日と異なり、高い金額が設定されています。

  • G-Seat  7200円
  • A,V,K-Seat 6200円
  • UMAKAシート 6700円
  • B-Seat 4200円
  • ボックスシート(4名)14800円
  • 車椅子席 6200円
通常開催日の2倍以上の料金ですが、1年の総決算レースということを考えると、妥当な価格といえるのではないでしょうか。
また上記指定席とは別に、一般観覧席のスマートシートを指定席として500円で販売する可能性が高いです。

有馬記念2021の指定席の予約はいつからのまとめ

有馬記念2021の指定席の予約はいつから?倍率や値段を調査してきましたが、いかがでしたでしょうか?

記事をまとめますと次のようになります。

  • 予約方法は指定席予約サイトのみで行われる可能性が高い
  • JRAカード会員の予約は、12月10日(金曜日)12時30分からと考えられる
  • 一般会員の予約は、12月16日(木曜日)16時00分からと考えられる
  • 指定席の当選倍率は16倍と推測される
  • 指定席の値段は、通常開催の2倍以上で販売される

正式な情報は、JRAより11月20日前後に発表になると思いますので、チェックしてみてくださいね。

今回の調査では、JRAカード会員の優位性が大きいということがわかったので、筆者もJRAカード会員に登録してみようと考えています。

当選倍率が推定16倍ということで指定席(入場券)の確保は難しいかと思いますが、あきらめずにチャレンジしましょう!

コメント