一口馬主の募集時期2024年はいつ?クラブ別で違いはある?
【PR】このサイトは広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品やサービス等の購入・申込することで、売上の一部が運営者へ還元されることがあります。

一口馬主の募集時期2024年はいつ?クラブ別で違いはある?

一口馬主防臭時期2023 競馬

この記事は、一口馬主の募集時期2024年はいつなのかを解説します。

馬主は競馬ファンなら誰でも一度は憧れるものですが、豊富な資金が必要なためほとんどの人は夢が叶いません。

しかし一口馬主なら比較的少額で投資することができ、馬主気分を味わうことができます。

一口馬主になるにはクラブの馬の募集に申し込む必要がありますが、募集時期がいつなのかは初心者には分かりづらいのが現状です。

また、クラブによって募集時期に違いはあるのかも気になるところですね。

一口馬主の募集期間2024年はいつなのかを徹底調査しました。

一口馬主の募集時期2024年はいつ?

一口馬主って聞いたことはあるし興味もあるけど、実際どうしたらいいのかよく分かりませんよね!

そこで一口馬主について調べてみた所、概ね2024年6月~9月位から始まることが分かりました。

募集される馬は、デビューを翌年に控えた1歳馬になりますので、まだヨチヨチ歩きで可愛らしい馬達が対象となるでしょう。

次にクラブ別で募集時期は異なるのかを見てみましょう。

一口馬主クラブ別の募集時期一覧

一口馬主のクラブのクラブ別での募集時期の一覧は以下の通りです。

クラブ名 募集開始月 口数
社台サラブレッドクラブ 6月 40口
サンデーサラブレッドクラブ 6月 40口
広尾サラブレッド倶楽部 6月 2,000口~4,000口
東京サラブレッドクラブ 6月 400口
GⅠサラブレッドクラブ 6月 40口
ユニオンオーナーズクラブ 7月 200口~500口
ラフィアンターフマンクラブ 7月 100口
シルクホースクラブ 8月 500口
ウインレーシングクラブ 8月 400口
DMMバヌーシー 8月 2000口
大樹レーシングクラブ 8月 400口
ターファイトクラブ 8月 200口~1,000口
YGGオーナーズクラブ 8月 500口~1,000口
グリーンファーム愛馬会 9月 200口
ワラウカド 9月 500口~1,000口
ローレルクラブ 9月 200口~500口
キャロットクラブ 9月 400口
サラブレッドクラブライオン 10月 400口~1,000口
インゼルサラブレッドクラブ 10月 500口
ロードサラブレッドオーナーズ 10月 500口
京都サラブレッドクラブ 10月 500口
ノルマンディーオーナーズクラブ 11月 400口
友駿ホースクラブ愛馬会 12月 500口

このように夏から秋にかけて集中していて、冬はわずかしかないことが分かるかと思います。

まだ1歳の馬なので、翌年以降どれだけ競走馬として走るのかは未知数です。

一口馬主は血統や馬体等から判断して馬に投資するので、かなりの「馬を見る眼」が必要とされますね。

また多くの一口馬主が2~3のクラブを掛け持ちしていて、そのためこの時期はとても忙しいようですよ。

満口時期について

満口となる時期についての傾向は以下になります。(あくまで目安なので参考程度で)

クラブ名 募集開始 満口時期
社台サラブレッドクラブ 6月頃 8月頃
東京サラブレッドクラブ 6月頃 7月~8月(人気馬は満口が早い)
サンデーサラブレッドクラブ 6月頃 7月頃
シルクホースクラブ 7月頃 ファンクラブへの入会を推奨
YGGオーナーズクラブ 8月頃 9月(人気馬は満口が早い)
ウインレーシングクラブ 8月頃 9月(人気馬は満口が早い)
キャロットクラブ 9月頃 9月(先行募集でほぼ満口になりやすい)
インゼルサラブレッドクラブ 10月頃 10月(先行募集でほぼ満口になりやすい)
ノルマンディーオーナーズクラブ 11月頃 11月(人気馬は満口が早い)

人気のある馬はすぐに満口になり、そうでもない馬はずっと残った状態になるようです。

人気の馬に申し込むためにも、常にクラブからの情報を確認しておく必要がありますね。

では次にキャンセル待ちについて見ていきましょう。

キャンセル待ちはある?

どうしても投資したかった馬がすでに満口になっている場合、他の馬を探すしかないのでしょうか?

調べてみたところ、各クラブ共にキャンセル募集はあることが分かりました。

だいたい翌年の2月か3月頃に、各クラブから発表になっているようです。

2023年の1歳馬ならば、2024年の2月か3月ということになりますね。

しかしながら、基本的に一口馬主は個別に馬をキャンセルすることができません。

それでもキャンセル募集があるのはなぜか、その理由は次の2点です。

  • 新規の一口馬主が当選したけど、入金しなかった場合
  • 既存会員で当選したけど、退会してしまった場合

ここで分かることは、キャンセルされた馬は何か問題があったからではないということです。

馬に問題があるのではなく、一口馬主側に事情があるのだと推察できます。

キャンセル馬でも良く走る可能性があるので、各クラブのキャンセル情報のチェックも欠かせません。

2022年2月10日にキャロットクラブが発表したキャンセル募集は、なんと57頭169口もありました。

キャロットクラブと言えばGⅠ馬も出している有名なところで、そこでもこんなにキャンセルがあるのは正直びっくりですね。

そんなことから、どうしてもこの馬にしたいという人はキャンセル待ちしてみましょう。

一口馬主の募集時期2024年のまとめ

この記事は一口馬主の募集時期2024年はいつかについて解説してきました。

この記事をまとめると次のようになります。

  • 一口馬主の募集時期2024年は6月から9月に開始
  • クラブ別に募集時期が異なる
  • 満口にならない馬は入厩時(2024年6月頃)まで募集が続く
  • キャンセル待ちはある
  • 2月3月でキャンセル募集するクラブが多い

400口のクラブなら、馬の価格の約400分の1で投資できるということになります。

これなら自分もと思ってしまいますが、募集時期は馬が1歳の夏から秋にかけてです。

まだどれだけ走れるかも分からない段階ですので、リスクもかなりあります。

最初は一口馬主を経験している人に、しっかりレクチャーを受けてから始めた方が良さそうですね。

夢は大きくGⅠ制覇として、募集時期までにいろいろ資料を集めていきましょう。

コメント