葉加瀬太郎音楽祭2023東京のタイムテーブルは?公式の発表はいつ?
【PR】このサイトは広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品やサービス等の購入・申込することで、売上の一部が運営者へ還元されることがあります。

葉加瀬太郎音楽祭2023東京のタイムテーブルは?公式の発表はいつ?

季節イベント

世代を問わず楽しめる野外フェスティバル、『葉加瀬太郎音楽祭2023』が今年も開催されます。

今年の音楽祭は、6月3日・4日に上賀茂神社(京都)、6月10日に明治神宮(東京)の3日間にわたって開催されます。

『どんなアーティストが出演するの?』『タイムテーブルはどうなるの?』など、気になることがありますよね?

今回は、6月10日に東京で開催される『葉加瀬太郎音楽祭2023』について過去の情報を参考にまとめてみました。

この記事を読めば、葉加瀬太郎音楽祭に行ったことない人でも“行ってみたい!”と思うこと間違いありません!

葉加瀬太郎音楽祭2023東京のタイムテーブルは?

まずはタイムテーブルから見ていきます。

6月10日に東京で行われる葉加瀬太郎音楽祭2023ですが、今年はどんなタイムテーブルになっているんでしょうか。

記事作成時点で公式サイトを確認すると、まだタイムテーブルが掲載されていません。

しかし、今年の葉加瀬太郎音楽祭は昨年よりも豪華なタイムテーブルになると思われます。

なぜなら、今回の音楽祭は、初参加のアーティストが昨年に増して豪華だからです。


ちなみに出演が決定しているアーティストの中で、今回初参加となるアーティストは以下の2名です。

・今井美樹さん
・EXILE TAKAHIROさん
今井美樹さんは柔らかくしっとりとした歌声が特徴です。
TAKAHIROさんは音域が広いこと、そして、バラードからアップテンポな曲まで歌い上げれるのが特徴です。
また、この音楽祭の見どころは『葉加瀬太郎さんのバイオリンとのコラボ』です!
もしかすると、二度と見られない特別なコラボレーションが見れるかもしれません。
次は2022年に開催された時のタイムテーブルを紹介していきます。

2022年のタイムテーブル

では、昨年明治神宮(東京)開催された、『葉加瀬太郎音楽祭2022』はどんなタイムテーブルだったのか紹介していきます!

葉加瀬太郎音楽祭2023東京のタイムテーブルは?公式の発表はいつ?

昨年は6月3日・4日の2日間にわたって、明治神宮(東京)で開催されました。

6月3日のタイムテーブルを見てみよう!

まずは6月3日の出演者とタイムテーブルを紹介します。

主な出演者は以下の皆さんでした。

・清水ミチコ
・森山良子
・羽毛田丈史
・藤井フミヤ
・さだまさし
・近藤真彦
・葉加瀬太郎

セットリストはこのようになっていました。

清水ミチコ
・替え歌メドレー
・100万本のバラ(替え歌)
・森山良子共演のCMソング

森山良子
・涙そうそう
・さとうきび畑
・聖者の行進

羽毛田丈史
・地球に乾杯
(その他、葉加瀬太郎バンドメンバーとして参加)

藤井フミヤ
・鎮守の里
・水色と空色
・TRUE LOVE
・白い雲のように
・ジュリアに傷心
・夜明けのブレス

さだまさし
・案山子
・関白宣言
・柊の花

近藤真彦
・ギンギラギンにさりげなく
・ハイティーンブギ
・Made in Japan
・夕焼けの歌
・夢絆
・愚か者
・Baby Rose

葉加瀬太郎
・悠久の一乗谷
・風の向こうに
・ひまわり
・博士ちゃん
・情熱大陸

清水ミチコさんの替え歌はとても面白いですよね。
それをメドレーで聴けるのはとても贅沢です!
森山良子さんのしっとりとした歌声、近藤真彦さんの力強くも哀愁ある歌声が続いて、最後は葉加瀬太郎さんのバイオリンで締める、このセットリストを見ただけでも十分楽しめます!

6月4日の出演者とセットリスト

続いては、6月4日の出演者とタイムテーブルを紹介します。

主な出演者は以下の皆さんでした。

・佐藤竹善
・Vaundy
・CHEMISTRY
・東儀秀樹
・ナオト・インティライミ
・德永英明
・ASKA
・葉加瀬太郎
セットリストはこのようになっていました。

佐藤竹善
・Rise
・サヨナラ
・Longing~雨のRegret~
・Spirit Of Love

Vaundy
・恋風邪にのせて
・踊り子
・しわあわせ
・花うらない

CHEMISTRY
・You Go Your Way
・BACK TOGETHER AGAIN
・君をさがしてた
・PIECES OF A DREAM

東儀秀樹
・New ASIA
・クイーンメドレー
・リベルタンゴ

ナオト・インティライミ
・タカラモノ~この声がなくなるまで~
・恋する季節
・いつかきっと
・The World is ours!
・カーニバる?

德永英明
・壊れかけのRadio
・夢を信じて
・永遠の果てに
・上を向いて歩こう
・最後の言い訳
・レイニーブルー

ASKA
・パラダイス銀河
・百花繚乱
・はじまりはいつも雨
・笑って歩こうよ
・歌になりたい
・PRIDE

葉加瀬太郎
・ひまわり
・風の向こうに
・博士ちゃん
・情熱大陸

前日のセットリストに負けないくらい4日のセットリストも豪華でしたね。

CHEMISTRYさんのきれいなハーモニーを聴けるのは、何とも贅沢です。

德永英明さんの名曲の数々も聴けたんですね!

こうやって見ていくと、出演するアーティストの皆さんは、皆さんが知っている曲を中心に、バラードからアップテンポな曲までバランスよく歌っているのが分かります。

そして最後は葉加瀬太郎さんのバイオリンで会場を1つにさせて、最高潮に盛り上げて音楽祭を終えています。

一般的に音楽フェスのセットリストは当日発表となることがほとんどです。

よって、セットリストを前もって知ることはできませんが、タイムテーブルは前もって知ることができます。

公式での発表はいつになるのか、見てみましょう!

公式の発表はいつ?

葉加瀬太郎音楽祭2023 東京公演のタイムテーブルはいつ発表されるのでしょうか。

公式サイトを調べた結果、記事作成時点では、まだ発表はされていませんでした。

しかし、開催日が近づくにつれ、少しずつ情報が公開されていくかと思われます。

他の音楽フェスでは開催の2週間前にはタイムテーブルが発表されるのが一般的となっています。

恐らく、葉加瀬太郎音楽祭2023のタイムテーブルも同じように、開催の2週間前にタイムテーブルが発表されると思われます。

葉加瀬太郎音楽祭2023東京のタイムテーブルのまとめ

今回は『葉加瀬太郎音楽祭2023 東京公演』についてまとめてみました。

記事作成時点での情報をまとめると以下のようになります。

・東京公演は初参加のアーティストが参加するので、昨年よりより豪華になる可能性あり!

・記事作成時点では、タイムテーブル・セットリストの情報はないが、開催2週間前にはタイムテーブルが発表される可能性がある。

ちなみに『葉加瀬太郎音楽祭2023』は有料となっており、記事作成時点でチケット発売中となっています。

有名アーティストが一堂に集まり、『葉加瀬太郎音楽祭2023』で聴けない音楽を聴けると思うと、ワクワクしませんか?

まだ野外フェスを楽しんだことない人、どんなライブなのか一度見てみたい!という方は、ぜひこの機会に行ってみてはどうでしょうか☆

コメント