葉加瀬太郎音楽祭の東京2023年で飲食の販売はある?
【PR】このサイトは広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品やサービス等の購入・申込することで、売上の一部が運営者へ還元されることがあります。

葉加瀬太郎音楽祭の東京2023年で飲食の販売はある?

葉加瀬太郎音楽祭東京2023で飲食の販売はある? イベント

葉加瀬太郎音楽祭2023の開催が決定しました!

葉加瀬太郎音楽祭とは老若男女楽しめる野外音楽イベントで、2023年は東京と京都で行われます。

有名バイオリン奏者である葉加瀬太郎さんの演奏を聴けるチャンスですが、飲食も一緒楽しめたらもっと楽しいですよね?

今回は、葉加瀬太郎音楽祭2023東京会場では飲食の販売はあるのかについてまとめました。

さらに、過去の販売状況やメニューについても調査したので、この記事を読めば葉加瀬太郎音楽祭がより一層楽しめるはずです!

葉加瀬太郎音楽祭の東京2023年で飲食の販売はある?

早速本題ですが、葉加瀬太郎音楽祭2023年の東京会場では飲食の販売はあるのでしょうか?

公式サイトを調査したところ、記事作成時点で飲食販売があるかについては公表はされていませんでした。

大々的に飲食販売の発表が無いという事は、こだわりの料理を提供するというよりは、軽食やドリンク数種類の販売だと予想出来ます。

コロナの感染対策の規制も緩くなってきた為、飲食禁止の可能性は低いのではないでしょうか。

葉加瀬太郎音楽祭東京2023のフードメニュー

葉加瀬太郎音楽祭東京2023の飲食に関して公式サイトで公開されました。

内容は以下の通りです。

  • あごだし唐揚げ
  • あごだし炊き込みご飯
  • あごだしもつ煮
  • つば九郎のくずもっちりアイス
  • フレッシュトマトとズワイ化にの冷製カッペリーニ

どれもおいしそうなので複数買って友達や家族とシェアして堪能したい所ですね。

キッチンカーが数多く来るようなのでこれらのメニューはほんの一部と思いますが、当日は豪華なメニューが来場者を楽しませてくれそうなので期待大です!

飲食はエリア内のみと決まりがあるそうなので指定エリアで済ませるようにしましょう。

過去の販売状況

過去の葉加瀬太郎音楽祭では飲食を販売していたのか見ていきます。

結論から言うと、2022年の開催には飲食の販売がありました。

しかし、黙食というルールがあった為か、飲食している方が少なく実際に行った方は飲食をしていいのかわからなかったという人がいたようです。

周りの観客が飲食していないと、食べたり飲んだりしづらいですよね・・・。

また、コロナ前の2019年の開催時はフードの販売もあり、フードスペースも用意されていたようです。

次は、どんなフードメニューが販売されていたのかまとめました。

メニューについて

実際、過去の葉加瀬太郎音楽祭に行った方の投稿を調べたので見ていきましょう。

この投稿のように、2022年の開催時はカレーや大学芋、ドリンクが販売されていました。

販売しているフードから考えて、フードエリアの規模はそこまで大きくないと言えます。

また、2022年の京都会場でも飲食店は出店していて、飲食の持ち込みが可能だった為、恐らく2023年の東京会場でも飲食の持ち込みが可能になるでしょう。

6月の開催で熱中症の危険もある為、ドリンクを事前に購入して会場に持ち込んだ方が良さそうです。

葉加瀬太郎音楽祭の東京2023で飲食の販売はあるのかのまとめ

今回は、葉加瀬太郎音楽祭の2023年東京会場では飲食の販売はあるのかについてまとめました。

記事の内容は以下になります。

・記事作成時点では葉加瀬太郎音楽祭2023の東京会場で飲食の販売はある
・過去にはフードやドリンクの販売をしていて飲食OKだった
・2022年の開催時はカレーや大学芋の軽食も販売していた

過去にはカレーや大学芋が販売されていたという事なので、文化祭で販売されるようなフードのイメージがありましたが、2023年はキッチンカーを入れるなど力が入っていることが分かりますね。

他にも発表されていないメニューなどがあるかと思いますので、どんなグルメが販売されているか是非ご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか!

 

コメント