幾田りらの生い立ちは?名前の由来や幼少期について分かりやすく解説

幾田りら,生い立ちミュージシャン

幾田りら生い立ちについてご存知でしょうか?

現在は有名となった音楽ユニット「YOASOBI」のボーカルとして主に活躍している幾田りらさんですが、その生い立ちに関わる情報を知りたいと思いますよね。

幼少期はどのように過ごしていたのかや現在はどのように成長したのか非常に気になる点ではあります。

では幾田りらさんの生い立ちに関して少しずつ見ていこうと思うのですが、名前が特徴的だと思っている方も多いのではないでしょうか?

「りら」という名前が一体どのような由来なのかというところから順番に見ていきましょう。

幾田りらの名前の由来は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

幾田りら(@lilasikuta)がシェアした投稿

幾田りらさんの「りら」という名前はかなり特徴的かと思うのですが、その由来はライラックの花のようです。

ライラックの花というのはどのようなものかというと、フランス語で「Lilas」と書きヨーロッパ原産の花となっており花言葉は「思い出」「友情」だそうです。

なぜその花が由来ではないかと思った最初の理由は、幾田りらさんのInstagramとTwitterのアカウント名がそれぞれ「lilasikuta」@ikutalilas」になっており途中に「lilas」が入っていることです。

さらにInstagramでは実家の庭にライラックの花が咲いたという投稿も上げているため、関係性があるのは明白になってきますよね。

どうやらライラックの花はお母さんが植えたようなので、お母さんが昔からライラックの花が好きという理由で命名したのではないかと予想できます。

またボーカル名が「ikura」となっているようなのですがその由来についても確認してみましょう。

なぜ「ikura」というボーカル名なのか?

音楽ユニット「YOASOBI」では「ikura」という名前で活動しているようなのですが、それは「いくたり」という名前から最初と最後の文字を取って「いくら」→「ikura」と命名した説が一番可能性高そうですね。

ちなみに海産物のイクラはあまり好きではないらしいのでそことの関連性はなさそうです。

では幾田りらさんの幼少期はどのような感じだったのかも見ていきましょう。

幼少期はどんな感じだった?

幾田りらさんですが、幼少期はアメリカで過ごしていたようです。

理由としてはお父さんの仕事の都合ということであり、家族といっしょに3歳までアメリカのシカゴにいたようですね。

幾田りらさんのお父さんは昔からギターを弾いていたようで、幾田りらさん本人もそれを間近で見ていたというのもあって小さい頃から歌手を目指したいという気持ちになっていたようです。

そして現在はその夢を叶えて歌手デビューした幾田りらさんなのですが、そのプロフィールも見ていきましょう。

幾田りらのプロフィールは?

幾田りら,路上ライブ,場所

現在も歌手活動を行なっている幾田りらさんですが、そのプロフィールは下記のようになっております。

  • 名前:幾田りら(ボーカル名:ikura)
  • 生年月日:2000年9月25日(年齢:20歳)
  • 所属事務所:AFTER SCHOOL
  • 所属ユニット:ぷらそにか、YOASOBI

年齢はまだ20歳という若さで所属事務所はシンガーソングライターを志している方の集まっている「AFTER SCHOOL」となっており所属しているユニットはアコースティックセッションユニットの「ぷらそにか」と小説を音楽にするユニット「YOASOBI」の2つになっております。

楽器を演奏したりボーカルをやったり等、様々な才能に恵まれていて若い頃から路上ライブもやっていた実績もあるので本当に音楽が好きなんだということがよく伝わってきますよね。

では幾田りらさんの生い立ちに関してネットでの口コミを見ていきましょう。

幾田りらの生い立ちについてのネットでの口コミ

幾田りらさんが小さい頃にアメリカのシカゴにいたということはテレビ番組で公表されていたようなのですが、口コミでは歌い方からアメリカに住んでいたとは思えないようなイメージもあるようです。

逆にアメリカにいたことで英語の発音もしっかりしているようなイメージもあるようで、その辺は生い立ちがかなり影響しているのは間違いなさそうですよね。

そういった様々な面を持つというのも幾田りらさんの大きな魅力の1つではないかと思われます。

幾田りらの生い立ちは?についてのまとめ

幾田りら生い立ちは?についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

記事全体をまとめてみますと・・・

  • 幾田りらの名前の由来はライラックの花
  • 幾田りらは幼少期にアメリカで過ごしていた
  • 幾田りらは現在、音楽を中心に活動している

ライラックの花は非常に可愛らしいとされていて香りも良く、世界中でも愛されている植物であります。

幾田りらさん自身も可憐なイメージがあると言われているためライラックのイメージとぴったりですごく良い印象を受けますよね。

また幼少期にアメリカで過ごすというのは日本人としては希少な経験かと思いますので、その経験が今の音楽に活かされているというのは大変素晴らしいことだと思います。

現在も人気の幾田りらさんではありますが、今後も今までの生い立ちを活かして様々な場所でのご活躍を祈りましょう。

コメント