みたままつり2024の屋台はある?何時から営業されるか調査
【PR】このサイトは広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品やサービス等の購入・申込することで、売上の一部が運営者へ還元されることがあります。

みたままつり2024の屋台はある?何時から営業されるか調査

季節イベント

この記事は、みたままつり2024は屋台があるのか、何時から営業されるのかを解説します。

3万個もの献灯が掲げられ、美しく彩られる靖国神社のみたままつり。

2024年は7月13日(土)から16日(火)までの4日間に渡って開催されることが発表されました。

今回は気になるみたままつり2024に屋台はあるのかや、営業時間、過去の屋台情報について調べてみましたので参考にしてください。

ではさっそく、みたままつり2024に屋台はあるのか見てみましょう。

みたままつり2024の屋台はある?

みたたまつり2024では、屋台は出店されるのか気になりますよね。

2024年は屋台が出店されるのか調べてみたところ、記事作成時点ではまだ、公式サイトに詳細情報は公開されていませんでした。

そこで過去の情報をもとに、2024年に屋台が出店されるのか予想してみました。

筆者は、2024年は屋台ではなく、キッチンカーが出店されると予想します。

昨年2023年は屋台ではなく、代わりにキッチンカーが出店されていたようです。

屋台のメニューとはひと味違った、おしゃれフードやドリンクが販売されていたみたいですよ。

昔ながらの屋台が出なくなり、お祭りムードに欠けるのは少し寂しい気もしますが、みたままつりでフードが食べられないのは寂しいので、キッチンカーが出るだけでもうれしいですね。

次に、屋台やキッチンカーが出店される場合の営業時間について見てみましょう。

営業時間について

みたたまつり期間中の屋台やキッチンカーの営業は、何時までなのか気になりますよね。

先ほどもお伝えしましたが、公式サイトではまだみたままつりでフードが楽しめるのかは分かりませんでした。

せっかくみたままつりに行くなら、フードも楽しみたい筆者は、屋台やキッチンカーが出店された場合の営業時間を予想してみました。

みたままつり2024の屋台やキッチンカーの営業時間は、お昼ごろから20時ごろと予想します。

みたままつりの祭儀は例年17時からですが、奉納行事は早いもので11時30分から行われます。

また、みたままつり期間中の点灯時間は21時30分までです。

当日の売れ行きなど在庫状況にも左右されると思いますので、屋台やキッチンカーを利用したい場合は早めにお出掛けする方が良さそうですね。

続いて、どんな屋台が出店されていたのか、過去の状況を見てみましょう。

過去の屋台について

過去の屋台の出店状況はどうだったのでしょうか。

みたままつりの2023年公式サイトによると、「キッチンカーの出店あり(露店は出店しません)」と明記されています。

調べていると、屋台の出店が中止されている時期があったことが分かりました。

筆者が調べることができた屋台が出店された年は以下の通りです。

  • 2014年以前
  • 2018年
  • 2019年
  • 2023年 (キッチンカーのみ)

ご紹介したポストでも分かるように、2014年まではたくさん屋台が出店され、大いに盛り上がっていました。

しかし、2015年から2017年は未成年飲酒や喫煙、外国人観光客とのトラブルなどが増えたことで、残念ながら屋台の出店は中止されてしまったようです。

2018年と2019年では屋台が復活し喜びの声が多数上がったものの、2021年と2022年はまた中止されています。

中止の原因は明確には分かりませんが、コロナ禍で屋台の出店を自粛したのかもしれませんね。

その後、昨年2023年は先述の通りキッチンカーの出店のみとなったようです。

みたままつりでは、これからもずっとフードを楽しみたいですね。

みたままつり2024の屋台はあるかのまとめ

今回は、みたままつり2024は屋台があるのか、何時から営業されるのかについて調べてみました。

この記事をまとめると次のようになります。

  • みたままつり2024の屋台情報はまだ発表されていない
  • 屋台が出店されたら営業時間はお昼ごろから20時ごろと予想
  • 屋台は近年出店されておらず、昨年2023年はキッチンカーが出店していたことから2024年も同様と予想

過去の事例を鑑み、屋台ではなくキッチンカーでフードやドリンクを出店することで、トラブル防止の声と飲食の販売復活を期待する声の両方を汲み取る形にしたのかもしれません。

お祭りでは屋台が雰囲気を盛り上げているなと思うので、出店されないのはとても寂しく感じます。

お祭りの趣旨を改めて尊重し、歴史あるみたままつりがずっと続くように法律やマナーを守っていきたいですね。

コメント