モンハンサンブレイクの大剣で流斬り連携は弱い?溜め切りと比較

モンハンサンブレイクの大剣で流れ切り連携は弱い? ゲーム

モンハンサンブレイクの大剣で流斬り連携は弱いのでしょうか?

流斬り連携は新しく追加された大剣の入れ替え技です。

新しい技は使ってみたくなると思いますが、技を変更すると戦い方も変える必要があるので手間が掛かるでしょう。

そのため、流斬り連携が弱いのか気になる方も多くいらっしゃると思います。

弱いのであれば、今まで通り溜め切り連携を使用したいですよね?

この記事ではモンハンサンブレイクの大剣で流斬り連携は弱いのかについて解説していきます。

大剣の流斬り連携は弱い?

モンハンサンブレイクの大剣で流斬り連携の説明

モンハンサンブレイクの大剣で流斬り連携は弱いのでしょうか?

結論から言うと筆者は入れ替え技の選択肢には入る強い技だと思います。

その理由を含めてメリット、デメリットを紹介していきます。

細かく攻撃できる

一番のメリットは細かく攻撃できることだと思っています。

今までの大剣はタイミングを見計らって大きな一撃を当てる武器でした。

当たれば大きなダメージを与えることができますが、溜めている途中で攻撃を受けたり、避けられたりするとダメージはゼロになってしまいます。

しかし、流れ切り連携では1、2発当てて逃げるという戦い方が可能です。

少ないリスクでダメージを出すことができるため、大剣にまだ慣れていない方には特におすすめします。

では、細かい攻撃以外にもメリットはあるのでしょうか?

集中の優先度が下がる

次のメリットは集中スキルの優先度が下がることです。

流斬り連携中は溜め行動がないため集中の影響を受けません。

そのため、集中を付けていた枠を他のスキルに回すことができます。

ただし、強溜め斬りや真溜め斬りには影響するので、完全に不要なわけではありません。

優先度が下がるだけなので余裕があれば集中も付けましょう。

強溜め斬りに繋げるまで手順が多い

ここまでメリットを紹介しましたが、デメリットについても見ていきましょう。

流斬り連携のデメリットは強溜め斬りまでの手順が多いことです。

溜め斬り連携では溜め斬り1回で強溜め斬りに繋げることができますが、流斬り連携では3回攻撃をする必要があります。

大きな差はないですがモンスターの隙を付いて強溜め斬りをすることが難しくなりますね。

また、攻撃回数が多い分切れ味の消費が多くなってしまいます。

大剣は切れ味をあまり消費しない武器でしたが、流斬り連携を使用する場合は切れ味に関係するスキルを付ける必要がありそうです。

溜め斬り連携と比べてどっちが強い?

モンハンサンブレイクの大剣で溜めぎり連携の説明

流斬り連携の特徴は分かりましたが、溜め斬り連携と比べてどちらが強いのでしょうか?

理論上は溜め斬り連携の方がダメージ効率が良く強いです。

しかし、最大溜めを外さずに弱点部位へ当て続ける必要があるため、難易度は高くなってしまいます。

大剣の大振りな攻撃になれない内は流斬り連携を使った方が攻撃を当てやすくなるでしょう。

また、ダメージが劣っていると言っても少しの差しかありません。

自分のプレイスタイルに合っている方を使用して、タイムアタックなどで効率を優先する場合は溜め斬り連携を使いましょう。

ユーザーの声

ユーザーの意見を調べて見ると、流斬り連携を好んで使用しているユーザーは多くいました。

溜め斬りを当てる難しさと比べて、攻撃がとりあえず当たる点が好まれているようです。

しかし、使いこなせば溜め斬り連携の方が強いと言われています。

両方試してみてストレスなく使える方を選ぶと良いかもしれませんね。

筆者は溜め斬りを外すことが多いため、流斬り連携を好んでいます。

モンハンサンブレイクの大剣で流れ切り連携は弱い?のまとめ

この記事ではモンハンサンブレイクの大剣で流斬り連携は弱いのかについて解説してきましたがいかがでしたか?

内容をまとめると以下のようになります。

・流斬り連携は溜めがなく手数が多いので攻撃を当てやすい
・強溜めまでの手順が多く切れ味を消費する

・ダメージ効率は溜め斬り連携の方が良い
・好んで使用するユーザーは多くいる

大剣は隙が大きく難易度の高い武器でしたが、流斬り連携によって使いやすくなりました。

溜め斬りが苦手な方は是非とも流斬り連携を使ってみてください。

そして、一発ごとに大きなダメージが出る大剣ならではの爽快感を味わってみましょう。

コメント