シャドーハウスのアニメは原作と違う?違いは何でどっちが面白い?

シャドーハウス アニメ 原作 違うアニメ

今回の記事では、シャドーハウスのアニメと原作の違いについてまとめていきたいと思います。

先日アニメ2期の制作が決定したシャドーハウスですが、アニメ1期が放送していた時に、原作との違いが大きく話題になっていましたね。

アニメ化によって原作シーンがカットされてしまうことは多々ありますが、カットのされ方によっては原作ファンとしてはあまり良い印象を持てないこともあります。

そこで今回はシャドーハウスのアニメと原作の違いや、どちらが面白いのかについて解説していきたいと思います。

アニメは原作と違う?

シャドーハウスは、アニメ4話にて原作に登場するローブ様というキャラクターが登場しなかったことで原作との違いが大きく話題になりました。

こちらに関してはあまりに騒がれてしまったため作者がコメントする事態となり、アニメの尺の都合上編集する必要があったことや、今後もし2期などが作られる場合はしっかり辻褄を合わせられるようにすると発表されています。

ですが、シャドーハウスを制作しているcloverworksは約束のネバーランド2期を制作した会社でもあり、最近では原作シーンのカットがひどいことで有名になってきているため、2期の制作にはかなり不安が残りますね。

作者がコメントをしてくれたことで、手放しの脚本でないことはわかりますが1期終盤がオリジナルストーリーだったことを見ると、あまり期待はできなそうです。

では次にアニメと原作では具体的にどのような点が違ったのかについても見ていきましょう。

違いは何か解説

  • 原作に登場したキャラクターがカットされている
  • 原作シーンと違ったシーンがいくつかある
  • アニメオリジナルの内容がある

アニメと原作では大きく分けるとこのような違いがありました。

アニメでよくある改変がしっかり行われていますね。

先ほど名前の挙がったローブ様や、作中のとあるシーンで手紙を渡すキャラクターが違うといったシーンの改変等、原作ファンとしてはあまりよく思えないような変更が多くありました。

ですが悪い変更ばかりだったというわけでもなく、原作ではわかりにくかった部分を補填するようなシーンが追加されていたり、作品の本筋を大きく変えてしまうほどの改変が無かったこと、作者が改変に関してコメントしていたこともあり、ローブ様の件以降はあまり悪い取り上げられ方はされなかったようです。

アニメと原作はどっちが面白い?

では、アニメを見るのと原作を読むのとではどちらが面白いのでしょうか?

こちらに関してですが、シャドーハウスという作品を楽しみたいのであれば圧倒的に原作をおすすめさせていただきます。

やはり魅力的なキャラクターが削除されている点や、シーンの改変等を考えると原作を読む方が良いかと思います。

ですが、アニメの方がまるっきりおすすめできないというわけではなく1期の中ではしっかりとまとまっていたためアニメでも楽しむことはできるでしょう。

しかし、2期の制作も決まり1期終盤のオリジナルストーリーなどを考えると今後原作の内容から大きく変わっていく可能性もあり、そうなった場合原作とは別作品になってしまいシャドーハウスという作品をしっかり楽しむことができなくなってしまうかもしれません。

なので、もしアニメを視聴する場合は原作を読んでから視聴することをおすすめします。

特にアニメ冒頭のオリジナルシーンは原作ファンも楽しめる内容となっているため、原作を読んだ方はアニメの視聴もおすすめです。

シャドーハウスのアニメは原作と違う?のまとめ

今回の記事では、シャドーハウスのアニメと原作の違いについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか?

今回の要点をまとめると3つです。

・アニメ版のシャドーハウスは原作からの改変が多くある

・アニメ版には原作ファンが楽しめる要素もある

・原作を読んでからアニメを視聴するのがおすすめ

2期の制作も決まり、今後どのようにアニメ版が展開されていくのか気になりますね。

アニメ化された際の改変によって駄作扱いされてしまう作品も多くありますが、シャドーハウスの場合は作者の方がしっかりと脚本に関われていることがわかっているため、もし仮に原作と違ったストーリー展開になったとしてもアニメとして楽しめるのではないでしょうか。

2期の放送時期などは未定ですが今後も楽しみにしていきたいですね。

コメント