トリプル馬単とWIN5はどっちが当たる?当てるのが難しいのは?

競馬

この記事は、トリプル馬単とWIN5はどっちが当たるのかについて解説します。

トリプル馬単は地方競馬(大井、川崎、船橋、浦和、門別)のみで発売され、WIN5はJRAのレースでのみ実施されています。

トリプル馬単は、南関東4競馬が運営するインターネット投票のSPAT4で購入が可能です。

一方のWIN5は、JRAの即PATなどのインターネットシステムやUMACAカードによるキャッシュレス投票で購入できます。

どちらもキャリーオーバーがいくら出たなど、ネット上で話題になることが多いですね。

それだけ当てるのが難しい投票方法なのだと推察できます。

トリプル馬単とWIN5はどっちが当たるのかを徹底調査しました。

トリプル馬単とWIN5はどっちが当たる?

トリプル馬単とWIN5はどっちが当たるのでしょうか?

同じ条件で検証した結果、WIN5の方が当たりやすいことが分かりました。

では早速、全てのレースが12頭立てとして検証してみましょう!

トリプル馬単は、指定された3レースの馬単を全て当てる投票方法です。

12頭が発走するとすると、1レースあたりの買い目は全部で132通りあります。

つまり1レースあたりの当たる確率は、1/132ということですね。

それが3レース全てを当てる必要があるので、1/132×1/132×1/132となり3レース合計は1/2,299,968となります。

一方WIN5は、指定された5レースの単勝を全て当てる投票方法です。

12頭が発走すると、1レースあたりの買い目は12通りとなり当たる確率は1/12となりますね。

それが5レース全てを当てるのですから、1/12の5乗となり合計は1/248,832となります。

以上のようなことから、WIN5の方が当たりやすくトリプル馬単は桁違いに難しいという結果になりました。

トリプル馬単を当てるのは、不可能に近いのではないかと思ってしまいますね。

またWIN5の方が当たりやすいとはいえ、それでもすごい確率ですよね。

次にそれぞれの特徴を確認してみましょう。

トリプル馬単の特徴

トリプル馬単の特徴はどのようなものでしょうか?

名称が示すように、馬券の種類を馬単に設定したということが最大の特徴です。

馬連ではなく、馬単にしたのが心憎い設定ですね。

例えば、4番人気が1着で1番人気が2着で決まった場合の配当を想定してみましょう。

馬連ではそれほどでもありませんが、馬単では思わぬ高配当になることがあるのです。

また馬単でも1番人気が1着の場合より、4番人気が1着の方がかなりの高額になります。

俗に言う「裏の目は高配当」というやつですね。

このように高配当を得ることが可能なため、馬単という馬券の種類は人気があるのです。

そしてそれを3レース分を掛け合わせた配当金は一気に高額となり、ファンはなんとか当ててやろうと必死になります。

「射幸心をあおる」とよく言われますが、トリプル馬単は正にそんな馬券なのです。

どこまで馬を絞り込めるかがポイントになりますね。

次にWIN5の特徴を見てみましょう。

WIN5の特徴

WIN5の特徴は何でしょうか?

筆者が考えるWIN5の大きな特徴は「なんか当たるかもしれない」です。

人気のある馬の単勝馬券を当てることは、ある程度競馬をしている方ならそんなに難しくはありません。

それを5個当てることは、もしかしたら出来るのではと考えてしまいます。

しかしここに落とし穴があるのです。

WIN5の投票締め切り時間は最初のレースの発走5分前なので、それまでに全5レースの予想を出さないといけません。

すると最初のレース以外はパドックも返し馬も見る事ができず、中途半端な予想のまま購入することになります。

すると予想の精度が下がり、当たるものも当たらなくなってしまうのです。

しかしその状況も含めての馬券なのですから、承知の上で予想を組み立てていきましょう。

次にトリプル馬単とWIN5は一口いくらなのかを解説します。

1口いくら?

1口いくらで買えるのでしょうか?

トリプル馬単が50円から、WIN5は100円から購入可能です。

競馬は100円からということが染み付いているオールドファンにとって、トリプル馬単の50円で馬券が買えるという事実は衝撃的なものでした。

しかも50円以上は10円単位でOKなので、60円、70円という半端な金額も可能なのです。

これは前述のようにトリプル馬単はあまりにも当たる確率が低いので、買い目を多くできるよう50円からの設定にしたのではないでしょうか。

馬券を当てるためにはある程度の買い目がないと難しいですが、そうすると掛け金はいくらあっても足りなくなります。

なんとももどかしいですね。

WIN5は100円からですが、5レース分全ての1着を選んで100円となります。

なんかお得な気分になりますが、5頭選んで1つの馬券なので惑わされないでくださいね。

どちらも馬を1頭増やすごとにびっくりするくらい掛け金があがっていくので、熱くなりすぎず冷静な状態で投票することをおすすめします。

トリプル馬単とWIN5はどっちが当たる?のまとめ

この記事はトリプル馬単とWIN5はどっちが当たるのかを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をまとめると次のようになります。

  • 同条件下ではトリプル馬単よりWIN5の方が当たりやすい
  • 確率は1桁違うほどの差がある
  • トリプル馬単は馬券の種類を馬単に設定したのが特徴
  • WIN5は単勝で当たりやすそうなのが特徴
  • トリプル馬単は50円からWIN5は100円から購入可能

トリプル馬単、WIN5共に当たりにくいのですが、競馬を勉強すれば少しは確率が高くなります。

この記事では12頭立てで設定しましたが、予想をたてる段階で1レースを4頭に絞り込めば一気に当たる確率は上がりますね。

仮に4頭まで絞り込んだ場合の確率は、トリプル馬単で1/1728、WIN5で1/1024です。

これなら可能性も出てくるので、やはり競馬を真摯に研究することは大事なのだと思います。

億万長者を夢見て、これからも頑張っていきましょう!

コメント