【PR】このサイトは広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品やサービス等の購入・申込することで、売上の一部が運営者へ還元されることがあります。

【第56話】壁穴開いてますのネタバレまとめ!待望の壁穴再開へ

漫画

この記事では、壁穴開いてますの第56話ネタバレについてまとめました。

果樹園で鉢合わせた紫江先生でしたが、相変わらずの羞恥心0の暴挙が笑えましたね!

そんな55話の振り返りも含めつつ、今回は第56話のネタバレについて解説していきます。

第55話の振り返り

果樹園で紫江先生とばったり会った主人公は、下着を見せてくる紫江先生を制止。

洋子との一夜について突っ込まれ、そのお詫びとしてキスを要求する。

主人公は仕方がなくキスならと思い唇を近づけるとそこに伯母が現れ・・

この記事
第55話 第56話 第57話

>「壁穴開いてます」全話一覧

第56話ネタバレ

紫江先生「やっぱりいいですね。なんだかあったかくてつながった感じ

主人公とキスをした紫江先生は、ぬくもりを感じ安堵の表情を見せる。

主人公は学校の行事の最中であることを心配し、紫江先生へ児童の元へ戻る様に気を遣う。

紫江先生「仕事中に失礼しました。次はお店で会いましょう。その時は下着の中もお見せしますね

スカートを自分でまくり下着を見せながらそう伝えると、主人公は冷や汗をかきながら「いつでもお待ちしております」と言い笑顔で返す。

主人公と紫江先生のキスを目撃してしまった伯母は、自分のスカートを強く握り締め2人を見守る。

翌日、商店に顔を出した主人公は昨日の出来事について気疲れをして様子。

ふと壁穴の事を思い出した主人公は、電話で村長へ連絡をする。

村長「もしもし?

主「あっ、もしもし?お変わりないですか?

村長「あら剛輝さん、どうしたんですか?こんな朝から電話だなんて

主「村長さん今日時間ありますか?

村長を商店へ呼び出し主人公は壁穴をリニューアルすることに。

「壁穴開いてます」

張り紙をしながら主人公は、村長へ壁穴の協力についてお礼を伝えた。

村長「でも本当にいいんですか?

主「はい。壁でするか目隠しでするかはお好みに合わせて選べるようにするつもりです。

主人公は自分が決めた新しい壁穴のスタイルに後悔はない様子。

村長「では、早速試してみてもいいですか?実は陰気が溜まってるんです

丁度壁穴も開いたと言う事で、断る理由が無いことから二人は店の奥の壁穴の部屋へ。

村長「ああっ!はぁはぁ・・

主(すごい・・・壁に響いてる

村長自慢の大きなお尻が壁を打ち付ける度に伝わる振動の大きさに、主人公は圧倒される。

畑仕事の賜物で筋力の強い村長は、力を入れられる度に主人公のムスコはギュッと締め付けられ搾り取られるような感覚を覚えた。

壁穴を終え、村長にたんまり搾り取られた主人公は疲労困憊の様子。

村長はすっきりした様子で主人公へしっかりと仕事が板についてきた事を褒めたたえる。

以前食事をふるまえなかった事を気にしていた村長は、今度自分家へ遊びに来て欲しいと主人公へ伝える。

2人はそのまま別れ、主人公は空を見上げながら(今日は誰が来るかなぁ?)と壁穴の悩みが解決し心が晴れたようだった。

チリン

昼過ぎに洋子が現れ、以前朝ごはんをごちそうになった事のお礼を伝える主人公。

洋子は家でキスをしたことなど、調子に乗ってやりたい放題していたことを思い出し急に恥ずかしくなり目を逸らしてしまう。

洋子「ちゃんと壁穴開いてるじゃん

洋子は誰よりもここではキスを欲する。

木製の格子越しにキスをしてくる洋子は、仕事中もずっとアソコがうずいて大変だったと言いながら主人公のムスコをむさぼる。

洋子「思ったより濃いね

洋子の口の中で頂点に達した主人公は大量に出してしまうのだった。

洋子が帰ってから今度は紫江先生が店にやって来た。

紫江先生は、いざ壁穴に行こうと思っていると仕事をしながらそのことばかり考えてしまった様子。

紫江先生「今日は予告した通り・・・ヤりに来ましたよ

紫江先生は細いのに弾力のあるカラダをしていて、肌ツヤもよくてよく管理されていることが分かる。

紫江先生(感じる・・壁に遮られていてもその向こうの剛輝さんを感じる・・

壁越しで主人公と一つになっている事を感じる紫江先生は、「これは愛よ」とお互いが好意を持って行われるプラトニックな行為に悦びを感じるのだった。

日が暮れた頃、今度は春奈が店に来た。

春奈「剛輝さん!久しぶりに壁穴開いたんですね。

主「結構長く休んじゃったよハハ・・

すると春奈は主人公の匂いを嗅ぎ、「今日は3人位来ましたね?」と話す。

主(どうして分かったんだ?

驚きを隠せない主人公へ、春奈はまだ壁穴はできるかと聞かれ、2人はそのまま店の奥へ行き、壁穴を始める。

主人公は春奈の事を妹の様に思っていてとても可愛いと思ってはいるが、とても凶悪な胸の持ち主で、壁穴の中では人一倍熱心にお尻を打ち付けることを知っていた。

春奈(私のモノよ・・・!他の誰にも渡さないんだから!

春奈は他の女性に対し対抗心を剝き出しにしつつ、そのまま壁穴は終了となった。

主(も・・もう片付けて帰ろう・・・

ゲッソリとした表情で店じまいを始めようとした主人公。

そして店が暗くなると最後に伯母が店にやって来たが、果たしてその目的とは?

この記事
第55話 第56話 第57話

>「壁穴開いてます」全話一覧

コメント